部屋が散らかる原因とは?問題を解決してキレイな部屋を維持しよう!


feaf5598-f327-41b7-a9d5-30cbf458543b部屋をキレイにしても、時間の経過とともに散らかってしまうというのはよくあることです。普通に生活をしているだけでも、部屋が散らかってしまうというのは珍しいことではありません。部屋が散らかってしまうことの多くは、掃除や片付けの頻度や生活スタイルなどが大きな原因になります。掃除や片付けをしても、すぐに部屋が散らかるという悩みを抱えている人のために、キレイな部屋を維持する方法についてご紹介しましょう。

  1. 部屋は散らかるもの
  2. 部屋が散らかる理由とは?
  3. 上手な掃除方法
  4. キレイな部屋を維持するための方法!
  5. 散らからない部屋のポイント
  6. まとめ

1.部屋は散らかるもの

「モデルハウスのようなキレイな部屋を維持したい…」というように思うのは、だれにでもあるあこがれです。なぜ、キレイな部屋を維持できないのでしょうか?キレイな部屋を維持できない原因の一つが「生活」にあります。部屋は生活空間であるため、ゴミや不用品、衣類や生活雑貨などによって散らかってしまうのです。部屋が散らかるのは、仕方のないことと考えるのが非常に重要なポイントになります。“部屋は散らかるもの”であることから“部屋には定期的な片付けや掃除が必要”なのです。キレイな部屋を維持するためには、掃除や片付けが必要であるということを覚えておきましょう。

2.部屋が散らかる理由とは?

部屋が散らかるのは、仕方のないことなのですが“部屋が散らかるスピード”というのは人によって大きくことなります。1週間程度で部屋が散らかってしまう場合もあれば、1か月程度は部屋が散らからないなど、人によって部屋が散らかるスピードは大きくことなるのです。部屋が散らかってしまう原因について、部屋が散らかる共通点から考えてみましょう。

2-1.片付けない性格

“衣類をソファーやベッドなどに脱ぎ捨てる”“読んだ本をその場に置く”“食べ終わった食器を放置する”など「普段から片付けない性格」の方の場合、非常に早く部屋が散らかってしまいます。普段、片付けをしない性格の方のための対策についてご紹介しましょう。

2-1-1.衣類は脱いだら整理する

服は、最低でも1日に1度は着替えることがあるため1週間もすればソファーやベッドなどは“衣類の山”になってしまうのです。洗濯の必要な衣類は洗濯かごに入れ、洗濯頻度の少ないアウターなどはハンガーにかけて保管するように心がけましょう。

2-1-2.本や書類は整理する

本など生活雑貨や仕事・勉強などで使用する書類関係は部屋を散らかす大きな原因になります。必要のない本や書類は、できる限り早めに処分して書類や雑誌が山積みにならないようにしましょう。

2-1-3.食べ終わった食器・容器は片付ける

汚部屋やゴミ屋敷では“食べ終わった食器・容器の放置”が非常に大きな問題になります。食べ終わった食器・容器の放置は衛生面でも非常に問題があるため、食事が終わった後は必ず食器や容器を片付けるようにしましょう。

2-2.整理ができない性格

整理が苦手という性格は、“整理の方法を知らない”ということが原因の場合があります。整理の方法には少々コツが必要なので“整理のコツ”について知ることから初めてみましょう。

2-3.所有しているものが多い

部屋の収納よりも多くものを所有している場合、部屋が散らかってしまう原因になります。所有しているものが多い場合には、処分することも非常に大切な対策の一つといえるでしょう。

3.キレイな部屋を維持するための方法!

キレイな部屋を維持するためには、普段の生活で部屋を散らかさない工夫が必要です。部屋を維持するための生活のコツについてご紹介しましょう。

3-1.荷物・衣類は置き場所を決める

帰宅して心身ともに休みたい気持ちから、片付けが面倒になるのも当然です。帰った際の荷物・衣類を決まった場所に置くだけでも、キレイな部屋を維持できます。衣類は、ハンガーポールやハンガーラックなどを使用して保管するようにしましょう。普段使うバックも、壁や棚など所定の位置に置くことが大切です。

3-2.ものの置き場所を作る

整理で大切なことは、荷物や衣類などに所定の置き場所を作ることです。“使った後は決まった位置に戻す”ということを心がけることで、部屋が散らかってしまうのを防ぐ効果があります。ものが多くて置き場所がない場合には、整理・処分の検討をしましょう。

4.上手な掃除方法

部屋をキレイにするためには掃除の方法にも注意が必要です。

上手な掃除方法についてご紹介しましょう。

4-1.キレイな部屋を保つ心理

散らかった部屋を片付けようとしても「なんとなく、やる気が起きない」というのは、だれにでもあります。部屋が散らかってしまうと掃除をする気が起きないというのは、当然の心理です。心理的に部屋をキレイに保つためには、早い段階で掃除・整理をして掃除しやすい環境を整えるようにしましょう。

4-2.ゴミは早めに捨てる

生活でゴミが生じてしまうのは仕方のないことです。ゴミ袋が部屋に置いてあるというのは、あまり良い状況とはいえません。ゴミは早めに処分して、処分の負担を軽減するようにすることが大切です。

5.散らからない部屋のポイント

5-1.必要以上にものを置かない

部屋が散らかってしまうのは“部屋にものが多い”ということが大きな原因になります。必要以上に部屋にものを置かないようにすることは、部屋が散らかるのを防ぐ効果があるのです。“自分に必要か?”それとも“必要ないか?”という判断は非常に難しいといえるでしょう。しかし、ものを処分することで、部屋をキレイに保つことができます。ものを処分する、必要ないものは買わないという考えは部屋をキレイに保つための最大の方法なのです。大量の不用品を処分するのは、非常に労力が大きいため“不用品買い取り・回収サービス”に依頼するのも一つの方法といえるでしょう。

5-2.必要のない家具は処分する

家具というのは便利な収納スペースなのですが、収納があることで部屋が散らかってしまうというのも事実です。必要のない家具などは処分することで部屋をキレイに保つことができます。部屋を散らかさないためにも、部屋をシンプルにすることを心がけてみましょう!

5-3.どうしても部屋が散らかる場合には?

「部屋が散らかってしまい、自分だけではどうしても片付けることができない」という場合には、粗大ゴミの片付けサービスなどを利用してみましょう。粗大ゴミの片付けサービスは、短期間で部屋を片付けることができます。忙しく部屋を片付ける時間がないという方のための便利なサービスなので、自分だけでは掃除・整理ができない場合には業者への依頼を検討してみましょう!

6.まとめ

部屋が散らかる人の共通点に一つでも当てはまる場合には、生活を改善する必要があります。部屋の整理も大切ですが、部屋を汚しやすい生活スタイルを見直すことも大切な対策なのです。生活をすることは部屋を散らかすことと同じことです。部屋をキレイに保つためにも、最低でも1週間に1度は片付けの習慣を持つようにしましょう。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス