引っ越しの荷造りを楽にしたいなら、必ず押さえておくべき3箇条


荷造り新しい部屋に移り住むことが決まったとき、たいていの人は、期待と不安でドキドキすることでしょう。そして、今よりもっと住み心地が良さそうな部屋に引越すとなると、期待の方が大きいはずです。どんな新しい生活が待っているだろうと考えてウキウキしますよね。でも、新しい生活の前に、待っているのは、「引っ越し」という大仕事。引越しの荷造りとは、すごく面倒な作業だといえるでしょう。しかし、コツを押さえれば、案外スムーズにいくものだと知っていましたか。これからそのコツについて紹介します。

  1. 段ボールの使い方が荷造り作業の上手・下手を決める
  2. 引越しをスムーズにする荷造りの手順とは?
  3. 引越しで出た不用品は、こうしてお得に処分しよう

以上3つのコツを押さえて引越しの荷造りに挑むことで、計画的に、しかも楽に作業を終えることができます。ぜひ試してみてください。

1.段ボールの使い方が荷造り作業の上手・下手を決める

引っ越しの荷造りに欠かせないのが「段ボール」。これの正しい使い方を知っているか・いないかで、荷造り作業が上手にできるかどうかが決まることを知っていましたか。これからその使い方のポイントを紹介します。

1-1.段ボールは、多めにそろえておくこと

段ボールは、思ったよりも多く枚数がいります。大きな段ボールから小さな箱まで、多数用意しておきましょう。引越しの見積もりに来た業者さんが、だいたいの枚数を予想しておいてくれると思いますが、それよりも少し余分に用意しておいた方が無難です。引越しの前日などぎりぎりになってから「足りない!」とあわてないためにも、段ボールの数には注意しておきましょう。業者さんが事前に持ってきてくれる分で足りなければ、スーパーやドラッグストアで、店員さんに聞いてもらっておいてください。こうしたお店には、大きいものから小さいものまでそろっているでしょう。

1-2.重いものは小さな箱に、軽いものは大きな箱に

基本的なことですが、本や食器などの重いものは小さい箱に入れることが重要。なぜなら、大きいと業者さんが運べない重さになってしまうからです。段ボールの底が抜けてしまうことも考えられるでしょう。また、自分で持ってみて持てない重さであれば、中身を減らすことも大切です。あいたスペースには、新聞紙を丸めたものなど緩衝材を入れておくのを忘れずに。洋服などの軽いものは、大きな箱に入れて運ぶ手間を少しでも減らしましょう。

1-3.中に入っているものは段ボールの上と横に書いておく

段ボールは、フタを全部ガムテープで閉じてしまうので、そのままだと、何が入っているのか分からなくなります。そうすると、新しい部屋に運ぶ際、どの部屋のどこに置いたらいいのか、業者さんにお願いできません。そこで、こんぽうが済んだ段ボールには、マジックで、中に入っているものを書いておくのが賢明でしょう。場所については、書きやすいので、つい上だけに書いてしまいますが、横の部分にも書くのがコツ。なぜなら、箱が上下に積まれている場合、上だけに書いていると見えないからです。

2.引越しをスムーズにする荷造りの手順とは?

荷造りに欠かせない「段ボール」の使い方を述べてきましたが、もう一つ大事なことがあります。それは、荷造りの順番。ポイントを紹介します。

2-1.押し入れの奥と貴重品からまず手をつける

引越しの作業を1週間で行う場合、まず使わないものから箱に詰めるのが基本です。そのためには、押し入れの奥から手をつけるのが一番簡単な方法でしょう。押し入れには季節外れの洋服や思い出の品物などが入っている人も多いはず。こうしたものから詰めていくことで、荷造りを好調に始められるでしょう。
そして、忘れてはいけないのが、「貴重品」です。通帳やパスポート、宝石や現金などの貴重品は、まとめて袋か箱に入れておき、引っ越しのトラックではなく自分の手で運ぶようにします。分かるところに置いておき、引っ越しの荷物と決して混ざらないようにしましょう。

2-2.3日間の旅行にいくつもりで「すぐいる箱」を作る

荷造りしている途中で、「これ今詰めて大丈夫かな?」と考えながらやっていると、作業はなかなかはかどりません。そうならないために、「すぐいる箱」を作ることをおすすめします。この箱には、3日分の洋服・洗面用具・タオル・普段飲んでいる薬などを、旅行カバンに入れるつもりで、ポイポイと入れておいてください。そして、ほかの段ボールと決して混ざらないようにしておきます。ほかの箱とは明らかに違うという目印をつけるのも良いでしょう。そうすることで、引越しの前日も引っ越しの当日も、あわてることなく身の回りの準備ができます。それに、「すぐいる箱」があるということは、「この箱の中身以外はすべて荷造りしてOK」ということなので、荷造りが格段にしやすくなることでしょう。

3.引越しで出た不用品は、こうしてお得に処分しよう

段ボールの使い方や、詰める順番について述べてきましたが、それ以前に大事なことがあります。それは不用品を「捨てる」こと。特に、しばらく「捨てる」という作業をしてない場合、何でもかんでも新居に持っていってしまうと、新しい部屋がゴミ屋敷のようになってしまうことも考えられます。

3-1.捨てるときのコツは、「とっておきたいもの」を選ぶこと

コツは、「捨てるもの」を選ぶのではなく、「とっておきたいもの」を選び、それ以外はすべて捨てること。そうすると、捨てるという作業を、割とスムーズに行うことができます。「捨てるもの」を選んでいるときよりも、多くの不用品が出てくることでしょう。

3-2.オークションやリサイクルショップ、不用品回収業者を利用しよう

山のように出てきた不用品。まず、引越しの日まで余裕がある場合は、ネットオークションに出すのも良い方法です。本やCD、まだ使える家具・家電などを売りましょう。引っ越しまで日にちがないときには、まとめてリサイクルショップに売るのも一案です。しかし、もう使えない家具や家電などを含めて、不用品が山のようにある場合、「不用品回収業者」を使うという奥の手があることをご存じでしょうか。彼らは、かご車やトラックなどを利用して不用品をごっそりと持っていってくれます。料金は業者によって、また量によっても違いますが、不用品を自分でより分けてしかるべきところに捨てる手間を考えると、かなりお得。検討してみてください。

まとめ

いかがでしたか。この記事では、引越しの荷造りのコツを紹介しました。

  1. 段ボールの使い方が荷造り作業の上手・下手を決める
  2. 引越しをスムーズにする荷造りの手順とは?
  3. 引越しで出た不用品は、こうしてお得に処分しよう

以上の3点を押さえておくことで、気が重い荷造りという作業が楽になり、新生活をスムーズに始められるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス