布団の入れ替え・古い布団の捨て方、3つのポイント


布団布団を新しいものに交換したり、引越しのときなどに、古い布団を捨てる機会もあると思います。
ですが、頻繁に捨てるようなものではないので、捨て方が分からないという人も多いのではないでしょうか。
古い布団の処分に困っていて、捨てられないまま押入れに仕舞い込まれているという布団も多いのです。
では、古い布団の正しい捨て方について、紹介したいと思います。

1.小さく切って燃えるゴミへ

古い布団の捨て方として、一番簡単でお金がかからない方法としては、小さく切って燃えるゴミに出すことです。
布団というのは、布と綿で出来ているものなので、そのままではなく、小さくきってしまえば燃えるゴミに出すことも出来るのです。
市町村指定のゴミ袋などに入れて、燃えるゴミの日に一緒に捨てることが出来ます。
布団をそのままゴミに出してしまうと、大きすぎてしまうので持っていってもらえないこともあります。
放置されてしまったゴミは、放火の原因となってしまうこともあるので、放置されないような工夫が必要なのです。
そこで、小さく切ってゴミ袋に入れて捨てることで、確実に回収していってもらうことができます。

2.粗大ゴミとして回収してもらう

古い布団を小さく切るのには手間がかかるので、そのまま捨てる場合には、粗大ゴミとしての捨て方があります。
粗大ゴミとして布団を捨てる場合には、粗大ゴミ券を貼り付けて、指定された場所に運ぶことが必要になります。
布団というのは大きなものなので、そのまま捨てる場合には粗大ゴミになるのです。
粗大ゴミ券は、指定された店舗で購入することになりますが、それを貼り付けておけば無料で回収してもらうことができます。
自分で持っていかなければいけないという手間などはありますが、そのまま捨てる場合には、粗大ゴミとして扱いましょう。

3.リサイクル業者に依頼する

古い布団の捨て方として、リサイクル業者を利用する方法もあります。
自分で持っていくのもいいのですが、自宅まで引き取りに着てくれるようなリサイクル業者であれば、もって行く手間も省けるのでとても便利です。
業者にもよりますが、買値が付かなかったものであっても、引き取ってくれる業者はあります。
ですから、いらなくなった古い布団であれば、リサイクル業者に引き取ってもらうことも考えてみてください。
買値が付いたのであれば、現金を貰うことも出来るので、お得と感じる人もいると思います。
古い布団の捨て方に迷ったときには、まず、自宅近くのリサイクル業者に連絡をしてみてください。

まとめ

  1. 小さく切って燃えるゴミへ
  2. 粗大ゴミとして回収してもらう
  3. リサイクル業者に依頼する

古い布団は、そのまま捨ててしまってはいけません。
正しい捨て方を知っておくことで、他人の迷惑にならずに処分することが出来ます。
布団の入れ替えなどで古い布団を捨てるときには捨て方に注意して、しっかり処分するようにしましょう。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス