輸入家具の買取先や高額買取のコツを徹底解説! 処分方法もチェック!


まだ使える輸入家具を処分するのはもったいないことです。買取に出したいけれど本当に売れるのか、どんな輸入家具が買取対象になるのか……悩んでいる方は多いでしょう。輸入家具の買取ポイントを押さえておけば、納得できる値段で買い取ってもらえます。

本記事では、輸入家具の主な買取先や高額買取のコツなどを解説しましょう。

  1. 買取対象になる輸入家具は?
  2. 輸入家具の高額買取のコツ
  3. 買取業者選びのポイント
  4. 買取対象にならない輸入家具の処分方法
  5. 輸入家具の買取に関してよくある質問

この記事を読むことで、買取対象になる輸入家具の特徴や処分方法などが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.買取対象になる輸入家具は?

まずは、買取対象になる輸入家具がどのようなものなのか、チェックしておきましょう。

1-1.外国の家具を日本に輸入したもの

そもそも輸入家具とは、どのような家具を指すのでしょうか。簡単に説明すると、外国の家具を日本に輸入してきたものを指しています。外国の家具が大切なポイントであり、海外で製作された日本企業の家具を輸入したとしても輸入家具にはなりません。なお、輸入家具の中でも、人気を誇っているのは北欧地方の家具です。スウェーデン発祥のブランドや人気チェーン店などの輸入家具は、中古でも需要があります。

1-2.問題なく使える状態か

輸入家具の査定で最も重要視されるのは、問題なく使える状態かどうかです。たとえば、ソファーの脚がグラグラしていたり、テーブルに激しい傷がついたりしている輸入家具は、人気ブランドのものでも買取不可になる可能性があります。不具合で使えなくなったり、再利用できなかったりする輸入家具は買い取ってもらえません。査定を依頼する前に、自分で輸入家具の状態をチェックしておくといいでしょう。気になるところがあれば、査定スタッフにきちんと説明しておくことをおすすめします。

1-3.人気ブランドの輸入家具ほど売れる

輸入家具といってもさまざまな種類がありますが、国内で人気のブランド・メーカーほど高く売れる傾向があります。たとえば、キンデル・キッティンガー・センチュリー・ズマーニア・ドッツァウアーなどです。引っ越しなどで輸入家具を手放したいと思っている方は、処分するのではなく、一度査定を依頼してみることをおすすめします。

2.輸入家具の高額買取のコツ

ここでは、輸入家具の高額買取のコツを解説します。

2-1.購入時の状態を維持する

輸入家具はデザイン性が高く、日本ではなかなか購入できない形がたくさんあります。買取業者の中には、少しでも手を加えると買取不可になったり、傷がついたものは買取NGにしたりしているところもあるので注意しておかなければなりません。そのため、少しでも輸入家具を高く売りたい場合は、購入時の状態を維持し続けることが大切です。購入時に、ついてきた保証書があれば、それも査定時に提示してください。保証書はそのブランドの家具であることが保証される大切な証(あか)しです。購入時の状態のまま売却したほうが、高額買取が期待できるでしょう。

2-2.きれいに掃除する

査定を依頼する前に、輸入家具をきれいに掃除することも大切なポイントです。ホコリがかぶっていたり、汚れがついていたりしているのではないでしょうか。汚い状態のまま査定を依頼すると買取額が下がる恐れがあるため、簡単に掃除してから依頼してください。かわいたきれいなタオルで軽くホコリを拭き取るだけでもOKです。頑固な汚れを取り除こうと強力な洗剤を使ったり、ゴシゴシこすったりしてしまうと、逆に輸入家具が傷ついてしまう恐れがあります。無理のない程度にきれいにすることが大切なポイントです。

2-3.買取相場をチェックする

輸入家具を高く売るためには、あらかじめ買取相場をチェックしておく必要があります。売却したい輸入家具が、一体どのくらいで買い取ってもらえるのか、複数の買取業者をチェックしておくといいでしょう。輸入家具の買取実績がある業者では、ホームページにどんな家具がいくらで買い取っているのか詳しく記載されています。そこで、自分が売却を考えている輸入家具がいくらで買い取られているのかチェックしてみてください。ある程度、買取相場を把握しておけば、納得いく値段で売ることができるでしょう。

3.買取業者選びのポイント

ここでは、買取業者選びのポイントを解説します。

3-1.輸入家具の買取実績があるか

最初にチェックしてほしいポイントは、輸入家具の買取実績があるかどうかです。前述したように、輸入家具を中心に買取を行っている業者では、ホームページにこれまでの買取実績が掲載されています。どのようなものが買取対象になるのか、サービス内容についてもホームページに詳しく記載されている買取業者は安心して依頼できるでしょう。輸入家具の買取実績があるところほど、適切な価格で買い取ってもらえます。業者選びの際は、なるべくホームページをチェックしてください。

3-2.査定時に詳しく説明してくれるか

買取実績に長(た)けている業者ほど、査定時に詳しく説明してくれるでしょう。どのようなところが高額買取の要素になるのか、なぜ買取額が下がってしまうのかなど、詳しく説明してくれるかチェックしてください。買取を行っている業者の中には、相場よりも安価で買い取る悪質業者が存在しています。実際、悪徳業者とのトラブルに発展した人もいるので十分に注意しなければなりません。

3-3.スタッフの対応が丁寧でスピーディーか

買取業者選びの際は、スタッフの対応にも注目してください。スタッフの対応が悪く、すぐに返事をしてくれない買取業者は悪徳業者の可能性があります。分かりやすいのは電話対応でしょう。電話対応が悪いところは悪徳業者の可能性が高いので依頼しないようにしてください。スタッフの対応が丁寧でスピーディーな買取業者は、どのような質問でも分かりやすく答えてくれるでしょう。

3-4.複数の業者に査定を依頼しよう!

納得できる値段で買い取ってもらうために、複数の業者に依頼することも大切です。複数の業者を比較することで、高値で買い取ってもらえる業者へ依頼できるでしょう。また、悪徳業者を見極めることができるため、必ず複数の業者を比較してください。なお、ほとんどの買取業者では無料査定を行っています。無料査定で査定額が出てもキャンセルはできるので安心してください。念のため、査定を依頼する前にキャンセル料がかからないかどうか確認しておきましょう。

4.買取対象にならない輸入家具の処分方法

ここでは、買取対象にならない輸入家具の処分方法を解説します。

4-1.自治体回収で処分する

買取対象にならない輸入家具は、自治体回収で処分する方法があります。自治体のルールや処分方法などによって異なりますが、多くの自治体では一辺30cm以上の輸入家具は粗大ゴミです。粗大ゴミとして処分する場合は、事前の申し込みが必要になったり、粗大ゴミ処理シールを購入したりする必要があります。また、指定回収場所が決まっているケースがほとんどですので、そこまで運ばなければなりません。大型の輸入家具は運搬が困難なため、その際は自治体に相談することをおすすめします。

4-2.不用品回収業者に依頼する

自分で運び出すことができない・輸入家具をまとめて処分したいと思っている方は、不用品回収業者に依頼することをおすすめします。ほとんどの不用品回収業者は、さまざまなジャンルの回収が可能です。輸入家具以外にも処分したいものがあれば、まとめて処分できるのも大きなメリットといえるでしょう。出張回収を利用することで、スタッフが家にやってきて搬出・運搬をしてくれます。自治体回収で処分するよりも手間と時間が省ける処分方法といえるでしょう。

4-3.友人や知人に譲る

要らなくなった輸入家具を処分する前に、まわりに欲しがっている人がいないか確認するのも方法の1つです。友人や知人の中には、輸入家具を欲しがっている人がいる可能性もあります。買取不可になったとしても、問題なく使えるのであれば譲り受けてくれる人がいるでしょう。知人や友人に譲ることができれば処分費用はかかりませんし、再利用してもらえるので一石二鳥です。周囲に輸入家具を欲しがっている人がいないか、ぜひ尋ねてみてください。

4-4.買取サービスを行っている不用品回収業者も

不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところがあります。買取と回収が同時に利用できるため、買取不可になったとしてもそのまま回収依頼ができるでしょう。わざわざほかの回収業者を探したり、依頼したりする手間と時間が省けます。どの回収業者に依頼すればいいのか分からない方は、不用品の格安回収と高価買取を行っているエコアースにご相談ください。無料相談や無料見積もりも受け付けています。

5.輸入家具の買取に関してよくある質問

輸入家具の買取に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.輸入家具の買取相場は?
A.カッシーナ・イーセンアーレン・ドリアデ・ヴィトラ・カールハンセンなど、海外のブランドによって輸入家具の買取相場は大きく異なります。ブランドやメーカーの違いはもちろんのこと、輸入家具の状態なども査定額に考慮されるでしょう。だいたい元値の約3~5%が買取額の傾向があります。ただし、あくまで目安ですので、具体的な買取額が知りたい方は無料査定を複数の業者に依頼しましょう。3~4社の買取業者に無料査定を依頼すれば、大まかな買取相場が分かります。

Q.輸入家具の主な買取先は?
A.主な買取先としては、買取専門店またはリサイクルショップがあります。輸入家具の買取を行っている専門業者は、中古市場の状況を把握しているので高値で売れる可能性があるでしょう。特に、中古市場で需要のある輸入家具ほど、高額買取が期待できます。ただし、デザインが古かったり人気がないブランドだったりすると買取不可になることもあるでしょう。逆に、リサイクルショップでは、買取専門店で買い取ってもらえなかった輸入家具に買値がつく可能性もあります。

Q.ネットオークションやフリマアプリでも売れるのか?
A.ネットオークションやフリマアプリでも輸入家具の売却は可能です。インターネットを通して全国から買い手を見つけることができるため、買取専門店で売れなかった輸入家具でも落札される可能性があります。また、自分で出品額が決められるのも大きなメリットといえるでしょう。ただし、落札されると自分で輸入家具をこん包し相手に送らなければなりません。輸入家具のサイズが大きくなるほど送料がかかってしまうので注意が必要です。また、輸送時に輸入家具が壊れてしまうなどトラブルが起きる可能性もあります。それらのデメリットを踏まえた上で利用しましょう。

Q.買取・回収業者選びのポイントは?
A.どの買取・回収業者を選べばいいのか分からない方は、以下のポイントを参考にしてください。

  • 買取・回収実績があるか
  • 無料相談や無料査定を行っているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 口コミや評判がいいか
  • 見積書の内容が具体的に記載されてるか
  • サービス内容がホームページ等に詳しく記載されているか

上記のポイントを踏まえた上で、複数の業者を比較してください。

Q.悪徳業者の特徴は?
A.スタッフの対応が悪かったり、口コミや評判がよくなかったりする傾向があります。また、無料で回収を行っている業者がありますが、無料回収業者はトラブルになりやすいので注意が必要です。回収後に追加で高額な費用を請求したり、回収したものを不法投棄したりする恐れがあります。無料回収業者に依頼するよりも、適切な費用で回収してくれる業者に依頼するのが安心です。

まとめ

まだ正常に使うことのできる輸入家具は、多くの買取業者で買い取ってもらえるでしょう。特に、国内で人気があるブランドの輸入家具は、高価買取が期待できます。査定を依頼する前に、どのような輸入家具が買い取られているのか、いくらぐらいの買値がつくのか、買取業者のホームページをチェックしてください。なお、不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところもあります。ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。