ゴミ屋敷の片付け方を徹底解説! ゴミ屋敷になる原因やプロに依頼するコツも


なぜゴミ屋敷になってしまうのか、どうすれば片付けることができるのか……など、ゴミ屋敷の片付けで悩んでいる方は多いでしょう。きれいにしても再びゴチャゴチャになってしまうのは、原因をきちんと理解していないからです。つまり、ゴミ屋敷になる原因をしっかり把握しておけば、スピーディーに片付けることができます。

本記事では、ゴミ屋敷になってしまう原因や片付けのコツなどを解説しましょう。

  1. ゴミ屋敷とは?
  2. ゴミ屋敷になってしまう原因は?
  3. ゴミ屋敷の片付け方
  4. プロに依頼するという選択肢も
  5. ゴミ屋敷に関してよくある質問

この記事を読むことで、ゴミ屋敷の片付け方や元に戻らないためのポイントなどが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.ゴミ屋敷とは?

まずは、ゴミ屋敷はどのような状況を指しているのか、放置するとどのような問題が起きるのかチェックしておきましょう。

1-1.家の中や外がゴミで埋まってしまっている状態

簡単に説明すると、家の中や家の外がゴミで埋まってしまっている状態のことをゴミ屋敷といいます。住民が生活する限りゴミは発生するものですが、ゴミの集積所に持っていかず、集めていると建物からゴミがあふれ出てしまいかねません。そんな敷地内全体がゴミでいっぱいになっている住宅がゴミ屋敷です。ゴミ屋敷を放置するとさまざまな問題が発生してしまうので、なるべく早めに対処しなければなりません。

1-2.地域や親戚と疎遠な人ほどゴミ屋敷になりやすい!?

ゴミ屋敷の住民にはいくつか共通点があることをご存じでしょうか。その1つが、1人暮らしをしている高齢者です。高齢者の多くはもったいない精神を強く持っているため、なかなかゴミを捨てることができません。「いつか使うかもしれない」「必要になるときがやってくるかもしれない」という気持ちも大きく関係しています。また、地域や親戚とも疎遠な人という点も共通点の1つです。日々の孤独感や寂しさからゴミをため込んでしまいます。

1-3.害虫と悪臭の発生・近隣トラブルも

ゴミ屋敷を放置すると、害虫や悪臭が発生することになります。大量のゴミを長期間放置しているわけですから、ハエやゴキブリといった害虫の住みかになりやすいのは間違いありません。生ゴミも混じっているので、強烈な悪臭が発生しては近隣トラブルの原因にもなります。自分の生活や健康面に悪影響をおよぼすだけでなく、周辺住民からの苦情もどんどん増えることになるでしょう。

2.ゴミ屋敷になってしまう原因は?

ここでは、ゴミ屋敷になってしまう主な原因をいくつか紹介します。

2-1.ゴミを片付ける時間がない・捨てられない

ゴミ屋敷になってしまう原因は人によってさまざまですが、そもそも片付ける時間がない・ゴミが捨てられない点があります。部屋を片付ける時間がないほど忙しい人は、すぐゴミ屋敷になってしまいがちです。仕事からの帰宅時間が遅くなったり、ゴミ収集日に自宅にいられなかったりすると、どんどんゴミがたまってしまいます。特に、ゴミを捨てるという基本的な作業ができず、習慣がない人ほどゴミ屋敷化になりやすい傾向があるのです。

2-2.ものへの執着が強い

ゴミ屋敷の住民が、ものに対する執着が強いのもゴミ屋敷になってしまう原因の1つです。ものへの執着が強い人ほど、ものを捨てることができません。特に、年配の人は「もったいない」という気持ちから要らないものまでため込んでしまうケースがみられます。「もしかしたらいつか使うかもしれない」という思いが心の中にあり、ありとあらゆるものを保存してしまうのです。どんどん家にものがたまっていき、いつの間にかゴミ屋敷になってしまいます。

2-3.ストレスが原因になることも

ゴミ屋敷になってしまう原因は、心理的ストレスが関係していることもあります。仕事の忙しさや家事・育児に対するストレス、家庭内不和など、さまざまなストレスからゴミ屋敷が生まれてしまいやすいのです。常にストレスを感じている状態では何もやる気が起きませんし、普通に行っていることも億劫(おっくう)に感じてしまうでしょう。その結果、片付けを後まわしにしてしまい、どんどんゴミがたまってしまうというわけです。

2-4.病気が関係していることも

ゴミ屋敷になってしまう原因として、病気が関係しているケースもあります。たとえば、認知症・うつ病・統合失調症などの精神的な病気です。これらの病気はいつの間にか進行してしまい、気づいたころには重い症状へと進んでいる可能性があるので注意しなければなりません。何度片付けでもすぐにゴミ屋敷になってしまう方や、やる気が起きず自己嫌悪に陥っている方は病気が関係している可能性があるでしょう。

3.ゴミ屋敷の片付け方

それでは、ゴミ屋敷の片付け方について詳しく説明します。

3-1.必要な道具を準備する

最初に、ゴミ屋敷の片付けに必要な道具を準備しましょう。ゴミ屋敷の片付けに必要な道具は、以下のとおりです。

  • マスク
  • 軍手
  • エプロン
  • ゴキブリ駆除剤など害虫駆除に必要なもの
  • ゴミ袋
  • ダンボール
  • ガムテープ・ひもなどのこん包資材
  • 掃除道具(モップ・ぞうきん・ほうき・掃除機・洗剤など)

ゴミ屋敷はゴミが大量にあると思うので、ゴミ袋は多めに準備しておくといいでしょう。また、粗大ゴミや不用品をゴミ集積所またはゴミ処理センターに運ぶために、軽トラックやライトバンといった車両も必要になります。

3-2.片付ける前に通路を確保する

ゴミ屋敷は床がみえないほどのゴミであふれている状態なので、まずは安定した踏み場を作るためにも通路を確保するところから始まります。足の踏み場を作ることで、要らないものを外にすぐ出すことができますし、移動がしやすくなるので片付けやすくなるでしょう。最初に、玄関から片付けて、部屋までの通路を確保してください。きちんと通路を確保してから部屋の清掃へと移ります。

3-3.要らないものを捨てることが大事

ゴミ屋敷の片付けでは、とにかく要らないものを捨てることが大切なポイントです。ここで「もったいないから」「いつか使うかもしれない」とものを残してしまっては片付けの意味がありません。生活必需品以外は捨てる覚悟で片付けに取り組んでください。また、必要なものだけはダンボールに分別し、そのほかのものはどんどんゴミ袋に入れていきましょう。「いつか使うかもしれない」と思うものは今必要ないものなので処分します。

3-4.普段からゴミへの意識を高める

再びゴミ屋敷に戻らないようにするために、普段の生活からゴミに対する意識を高めていかなければなりません。たとえば、こまめにゴミを出すこともゴミ屋敷にしないためのコツです。また、ものを出したらしまうということを心がけてください。ものの置き場所が決まっていないからこそあちこちに置いてしまい、ゴチャゴチャになってしまいます。床や机にものを出したままにせず、使った後はすぐに片付けることが大切です。日々の意識が、ゴミ屋敷を未然に防ぐポイントとなります。

4.プロに依頼するという選択肢も

ここでは、ゴミ屋敷の片付けをプロに依頼する方法を解説します。

4-1.自分たちで片付けられない場合はプロに依頼する

ゴミ屋敷はすでに手に負えない状況になっているケースがほとんどなので、最近ではプロに片付けを依頼するケースが増えてきています。自分たちで片付けられないゴミの量だったり、手伝ってくれる人が少なかったりする場合は、迷わずにプロへ依頼しましょう。ゴミ屋敷の片付けに慣れているスタッフが対応してくれるため、スピーディーかつ適切に処分してくれます。大量の不用品が発生しても、まとめて処分してくれるので安心です。手間と時間をかけることなく片付けられる方法といえるでしょう。

4-2.依頼前に見積書の内容を確認する

ゴミ屋敷の片付けや不用品を処分してくれる業者に依頼することになりますが、依頼前に必ずチェックしておかなければならないのが見積書の内容です。業者に依頼することになると、自分で片付けるよりも費用がかかってしまいます。ゴミの量・部屋の広さ・運搬距離などによって費用が異なるため、事前にどのような作業にいくらかかるのかチェックしておかなければなりません。ゴミ屋敷の片付けは不用品の量が多くなるので、定額パックプランがおすすめです。

4-3.業者選びのポイントも要チェック!

不用品の処分やゴミ屋敷の片付けを行っている業者の中には、不正を働く悪徳業者が存在しています。「回収してもらったゴミが不法投棄されていた」「トラックに積み込んだ後に追加費用を請求された」など、さまざまなトラブルが相次いでいるので注意しなければなりません。安心して作業を進めるためにも、業者選びのポイントもしっかりとチェックしておきましょう。どの業者に依頼すればいいか悩んだときは、以下のポイントを参考にしてください。

  • 不用品の回収実績やサービス内容が豊富か
  • 不用品の回収だけでなく買取も行っているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 無料相談や無料見積もりを受け付けているか
  • 実際に利用した人の口コミや評判がいいか
  • 古物商や産業廃棄物収集運搬の許可を取得しているか

上記のポイントを踏まえた上で、複数の業者を比較すると悪徳業者が見極めやすくなります。なお、不用品の格安片付けと高価買取を行っているエコアースでは無料相談が可能です。ゴミ屋敷の片付けでお悩みの方は、一度ご相談ください。

5.ゴミ屋敷に関してよくある質問

ゴミ屋敷に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.ゴミ屋敷を片付ける前にチェックしておくべきことは?
A.ゴミの回収日とゴミ処理センターの受付時間です。自分たちでゴミ屋敷を片付ける場合、不用品の処分も自分たちで済ませなければなりません。片付けたゴミを放置しないためには、事前にゴミ回収日とゴミ処理センターの受付時間をチェックしておきましょう。特に、粗大ゴミは回収日が月に1~2回程度と決められています。すぐに処分したくてもタイミングが合わなければすぐに処分できないので要注意です。

Q.思い出の品が捨てられないときの対処法は?
A.アルバム・手紙・親族の形見など捨てられないものは残す量をあらかじめ決めておくといいでしょう。目安としては、ダンボール1~2箱分に入りきる程度にしてください。その量を超える場合は、アルバムといった写真類をデータ化する方法があります。データとして残しておけば、量を気にする必要はありません。

Q.プロに依頼するといくらぐらい費用がかかるのか?
A.専門業者に依頼するとお金がかかると思うかもしれませんが、お得に処分できる定額パックもあります。不用品の量や部屋の広さなどによって費用は異なるため、具体的な費用が知りたい方は無料見積もりを依頼しましょう。あくまで目安となりますが、だいたいの費用は以下のとおりです。

  • 1R・1K:約3万~8万
  • 1DK:約5万~12万円
  • 1LDK:約7万~20万円
  • 2DK:約9万~25万円

Q.プロの業者は清掃もしてくれるのか?
A.業者によって異なるので要確認です。ゴミ屋敷の片付けや不用品の処分だけというところもあれば、ハウスクリーニングまでしてくれるところもあります。けれども、だいたいの業者は簡易的な清掃までです。クリーニングハウスもお願いするとなると、別途費用がかかる可能性があります。後でトラブルにならないためにも、事前に確認しておきましょう。

Q.不用品処分の費用を安く抑えるコツは?
A.買取サービスを行っている業者に依頼することです。ゴミ屋敷にあるゴミのほとんどは処分せざるを得ないものですが、中には買取が可能なものも出てくるかもしれません。たとえば、テーブルやソファーといった大型家具、テレビ・電子レンジなどの家電製品などです。ブランドものや着物類なども高く売れるので、買い取ってもらえるものは買取に出すことをおすすめします。

まとめ

ゴミ屋敷は放置すればするほど、どんどん状況が悪化し、近隣トラブルに発展するなど周囲にも悪影響をおよぼすリスクが高くなります。トラブルを未然に防ぐためにも、早めの対処が必要です。自分たちで片付けることもできますが、ゴミの量が多く、対処しきれないときはプロの業者に依頼しましょう。手慣れている人に依頼したほうがスピーディーにゴミ屋敷を片付けることができます。中には、不用品の買取サービスを行っているところもあるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。