ペット用品が不要になったときの処分方法! 状態のよいものは買取へ


「ペット用品を処分するにはどうしたらよいのか?」「買取してもらえるものもあるのか知りたい」とお考えではありませんか? 「ペットが大きくなってサイズアウトした」「ペットが亡くなってしまった」などの理由で不要になったペット用品を処分する方法はいくつかあります。ペット用品の中には中古需要が高いものもあるため、買取に出すことも検討してみましょう。

この記事では、ペット用品のゴミ分類や処分方法・買取に出す際のポイントなどを詳しくご紹介します。

  1. ペット用品は何ゴミになるのか?
  2. ペット用品の処分方法
  3. 需要の高いペット用品は買取に出そう
  4. ペット用品を買取に出すには?
  5. 業者を選ぶ際の注意点
  6. ペット用品の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、ペット用品を無料で処分する方法や、買取対象になる条件などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.ペット用品は何ゴミになるのか?

まずは、ペット用品のゴミ区分について解説しましょう。

1-1.何ゴミになるかは自治体によって異なる

ペット用品には、犬小屋やペットケージ・キャットタワー・キャリーバッグ・水槽・は虫類ケースなどさまざまなものがあります。自治体のゴミ回収で処分できるかどうかは、材質や大きさによるのです。基本的に、木製やプラスチック製・スチール製・ガラス製のものなどは自治体回収が可能になります。何ゴミに分類されるかは自治体によって違いがあるため、事前に確認しておきましょう。

1-2.一辺の長さが30cm以上のものは粗大ゴミになることが多い

大型のペット用品は粗大ゴミ扱いになります。何が粗大ゴミになるかは自治体によりますが、一辺の長さが30cm以上だと粗大ゴミに該当する自治体がほとんどです。ただし、素材によっては解体して指定のゴミ袋に入れれば、燃えるゴミや燃えないゴミとして回収してくれる自治体もあるため、確認してみるとよいでしょう。粗大ゴミとして捨てる場合は、事前の申し込みや粗大ゴミ処理券の購入が必要になります。料金分の粗大ゴミ処理券を購入してペット用品に貼り、指定された回収日の朝に回収場所へ持っていくと回収してもらえるという流れが一般的です。

2.ペット用品の処分方法

不要なペット用品は、自治体が回収するゴミとして捨てる以外にも、処分方法がいくつかあります。

2-1.不用品回収業者に依頼する

処分したいペット用品が大量にある場合や、ペット用品以外の不用品が多数ある場合などは、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。店頭持ち込みだけでなく、出張回収や宅配回収に対応している業者も多いため、自分の都合に合わせて回収方法を選択できます。ただし、悪質な業者も存在するので業者選びは慎重に行いましょう。

2-2.買取に出す

ペット用品の中には「きれいなので捨てるのはもったいない」というものもあるでしょう。比較的状態のよいものは、買取に出して処分する方法もおすすめです。不要なものを処分してお金に換えられるのは、大きなメリットでしょう。買取対象になるペット用品の条件や、買取先などは、次項以降でご紹介します。

3.需要の高いペット用品は買取に出そう

買取対象になりやすいペット用品について詳しく解説します。

3-1.未使用品だけを買取している業者が多い

衛生的な問題から、未使用のペット用品だけを買取対象にしている業者が多くなっています。特に、ペット用の洋服やトイレなどは、使用済みだと買取不可になる場合がほとんどでしょう。ただし、ルイヴィトンなど有名ブランドの首輪などは、使用済みでも買取対象になる可能性があります。

3-2.買取対象になりやすいペット用品は?

買取対象になりやすいペット用品には、以下のような特徴があります。

  • 未使用、または使用感が少ない
  • 目立つ汚れや傷がない
  • 人気ブランド品

4.ペット用品を買取に出すには?

ペット用品を買取に出す方法をご紹介しましょう。

4-1.リサイクルショップに持ち込む

最も手軽なのは、リサイクルショップに持ち込む方法でしょう。その場で査定してもらえるため、すぐ現金化したい人におすすめです。ただし、一般的なリサイクルショップだとペット用品の買取に特化しているわけではないため、買取金額はさほど期待できないでしょう。また、せっかく持ち込んでも、買取不可だった場合は再び持ち帰ることになり、無駄な手間になってしまいます。

4-2.買取業者に依頼する

少しでも高く買取してもらいたいなら、ペット用品の買取を強化している買取業者に依頼するのがおすすめです。ペット用品の買取実績が豊富な業者なら、価値や中古需要について詳しいスタッフが買取してくれます。買取価格相場も把握しているため、適切な金額で買取してもらえるでしょう。

4-3.ネットオークションやフリマアプリに出品する

ネットオークションやフリマアプリに出品して自分で売る方法もあります。出品価格を自分で設定できるため、うまくいけば高額で売れる可能性もあるでしょう。ただし、商品をネットにアップしたりこん包・発送の準備をしたりする必要があるため、手間はかかります。また、買い手が見つかるまでペット用品を手元に置いておく必要があるため、急いで処分したい人にはおすすめできません。 

5.業者を選ぶ際の注意点

買取業者を選ぶ際の注意点をご紹介しましょう。

5-1.古物商の許可を得ているか確認する

家庭から出た不用品の買取を行う業者は、古物商という許可を得て営業する必要があります。この許可を持たずに営業している業者は違法業者であり、悪質な行為をしていると判断できるでしょう。「相場よりはるかに安い金額で買取された」「頼んでいないのに貴金属を買取に出すように強要された」などのトラブルに巻き込まれた例も数多く報告されています。業者を選ぶ際は、古物商の許可を取得しているかどうか必ず確認しましょう。

5-2.悪質業者の特徴を知っておく

トラブルに巻き込まれないためにも、悪質な買取業者に多い特徴やよくある手口を知っておくことが大切です。以下のような業者は利用しないようにしましょう。

  • 業者のホームページがない
  • 所在地を明らかにしていない
  • 突然の訪問営業で不用品の買取をしつこく迫る
  • 依頼していないものも強引に買取しようとする

6.ペット用品の処分に関するよくある質問

「ペット用品を処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.ペット用品を買取に出す前にやるべきことは何ですか?
A.きれいに掃除をし、付属品をそろえておきましょう。できるだけ新品の状態に近づけることが、高価買取のポイントです。

Q.ペット用品の買取相場を調べるには、どうすればよいでしょうか?
A.複数の買取業者に無料見積もりを依頼し、比較することで、大まかな相場を把握できるはずです。

Q.  不用品回収業者を選ぶ際のポイントを教えてください。
A.豊富な実績があるか・無料見積もりを受け付けているか・一般廃棄物収集運搬業の許可を得ているかなどをチェックすることをおすすめします。

Q.  不要なペット用品を動物園に寄付することはできないのでしょうか?
A.寄付を受け付けている可能性はありますが、事前に確認が必要です。くれぐれも勝手に置いてくるようなことはせず、寄付を必要としていないか問い合わせてみましょう。

Q.悪質な不用品回収・買取業者とトラブルになったときは、どこに相談すればよいですか?
A.国民生活センターの窓口に相談するとよいでしょう。適切なアドバイスをもらえるはずです。

まとめ

不要になったペット用品の処分方法や、買取に出す際に知っておくべきことなどを詳しくご紹介しました。ペット用品は買取に出すのが難しいイメージがありますが、使用状況によっては高価買取が期待できる場合もあります。ぜひこの記事を参考に、ペット用品をお得に処分してください。