オーブンの処分方法を紹介! 買取に出すなら知っておきたい3項目も!


「不要になったオーブンはどう処分すればよいのか?」とお困りではありませんか? 寿命を迎えて使えなくなったオーブンや、買い替えで不要になったオーブンは、どう処分すればよいのでしょうか。そのままにしておくと邪魔になるので早めに処分したいところですよね。

この記事では、オーブンの処分方法や買取に出す方法などをまとめてご紹介しましょう。

  1. オーブンは何ゴミになるのか?
  2. オーブンを自治体のゴミ収集で処分する方法
  3. オーブンを自治体以外の方法で処分する場合
  4. オーブンを買取に出すには?
  5. オーブンの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、手間をかけずにオーブンを処分する方法や、買取先の選び方などが分かるはずです。

1.オーブンは何ゴミになるのか?

まずは、オーブンのゴミ分類について解説しましょう。

1-1.分別区分は自治体によって異なる

オーブンが何ゴミになるのか、どのように回収されるのかは、自治体によって違いがあるため、事前に確認が必要です。たとえば、埼玉県さいたま市では燃えないゴミに、千葉県浦安市では粗大ゴミに分類されています。燃えないゴミの場合は指定のゴミ袋に入れて燃えないゴミの日に出しておくだけで回収してもらえますが、粗大ゴミの場合は事前に申し込みや処理券の購入が必要です。詳しい手順は次項でご紹介しましょう。

1-2.小型家電として回収している自治体も多い

自治体によっては、オーブンを小型家電として回収しているところもあります。小型家電に含まれる有用資源を再利用するため、小型家電リサイクル法に従って処分するのです。回収方法は自治体によって異なるので事前に確認しておきましょう。

2.オーブンを自治体のゴミ収集で処分する方法

自治体によるゴミ収集を利用してオーブンを処分する際の手順をまとめました。

2-1.粗大ゴミとして回収してもらう場合

ーブンを粗大ゴミとして出す際の一般的な手順は、以下のとおりです。

  • 電話またはインターネットで回収の申し込みをする
  • 回収日時・回収場所・料金を確認する
  • 料金分の粗大ゴミ処理券を購入する
  • 粗大ゴミ処理券をオーブンの目立つ場所に貼る
  • 回収日の朝に、指定された回収場所へオーブンを持っていく

2-2.小型家電として回収してもらう場合

小型家電として回収している自治体では、家電量販店や公共施設などに回収ボックスを設置し、その中に投かんする形で無料回収しているところが多くなっています。回収ボックスの場所はこちらから検索することが可能です。ただし、オーブンのサイズによっては投かん口に入らないものもあるため、事前に確認しておきましょう。

3.オーブンを自治体以外の方法で処分する場合

自治体による収集を利用する以外にも、以下のような方法でオーブンを処分することができます。

3-1.販売業者に引き取り・下取りしてもらう

販売業者によっては、新しいオーブンの購入を条件に、古いオーブンを引き取り・下取りしてくれるところもあります。ただし、このようなサービスを行っていない販売店も多いため、事前に問い合わせてみるのがおすすめです。

3-2.不用品回収業者に依頼する

オーブン以外にも処分したい不用品が多数ある場合は、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。電話1本で自宅まで回収に来てもらえるため、自分で運ぶ必要はありません。中には、状態のよい不用品を買取してくれる業者もあるため、お得に処分できる可能性もあるでしょう。

3-3.買取に出す

まだ使えるオーブンで状態のよいものは、買取に出して処分するのがおすすめです。高機能モデルや人気メーカーのものであれば高価買取も期待できるでしょう。ただし、オーブンは調理器具なので衛生状態の悪いものは買取対象外になる可能性があります。買取に出す前にしっかり掃除してきれいな状態にしておきましょう。

4.オーブンを買取に出すには?

買取対象になるオーブンの条件や買取先の選び方・注意点などをまとめました。

4-1.買取対象になるのはこんなオーブン

買取対象になりやすいのは、以下のような条件のオーブンです。

  • シャープや象印・パナソニック・バルミューダなど人気メーカーのもの
  • 定価が高いもの
  • 使用年数が5年以内のもの
  • 汚れや傷が目立たないもの
  • 正常に動作するもの

4-2.リサイクルショップや買取業者に依頼できる

オーブンの買取先には、リサイクルショップや家電専門の買取業者などがあります。一般的なリサイクルショップはその場で査定してもらえるため手軽に利用できますが、家電の買取に特化しているわけではないので買取金額は期待できないでしょう。家電専門の買取業者であれば、オーブンの価値や中古需要に詳しいスタッフが査定してくれるため、適切な金額で買取してもらえるはずです。また、出張買取や宅配買取に対応している業者も多く、自分に合った買取方法を選べるのもメリットでしょう。

4-3.業者を比較して選ぶのがおすすめ

オーブンを少しでも高く買取してもらうためには、複数の業者に無料見積もりを依頼して比較することがおすすめです。査定基準は業者によって異なるため、同じ条件のオーブンでも業者によって買取価格に差が出ます。

5.オーブンの処分に関するよくある質問

「オーブンを処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.オーブンの寿命は何年ぐらいですか?
A.一般的には約10年といわれています。電源が入らない・途中で止まる・異音や異臭がするなどの症状が現れるようになったら、寿命が近づいている可能性が高いでしょう。

Q.オーブンを粗大ゴミとして捨てるデメリットは何ですか?
A.申し込みや粗大ゴミ処理券の購入などに手間がかかること・回収日時を自分で決められないことなどでしょう。

Q.不用品回収業者を選ぶ際のポイントを教えてください。
A.豊富な実績があるか・無料見積もりを受け付けているか・一般廃棄物収集運搬業の許可を得ているかなどをチェックするとよいでしょう。

Q.  オーブンを買取に出す際にやるべきことは何ですか?
A.きれいに掃除をし、正常に動作するか確認しておきましょう。また、付属品をすべてそろえておくことも高価買取のポイントになります。

Q.  悪質な不用品買取業者も存在するというのは本当でしょうか?
A.本当です。ホームページがない業者や所在地を明らかにしていない業者などには注意が必要でしょう。また、無料不用品回収業者を利用する場合は、なぜ無料で回収が可能なのか、きちんとした説明ができない業者は選ばないことをおすすめします。

まとめ

オーブンの処分方法や買取に出す際のポイントなどを詳しくご紹介しました。不要になったオーブンを処分する方法はいくつかあるため、自分の希望に合ったものを選ぶとよいでしょう。ぜひこの記事を参考に、スムーズにオーブンを処分してください。