遺品整理でエアコンを処分するには? 遺品整理業者がおすすめの理由


「遺品整理で出たエアコンの処分方法が分からない」とお困りではありませんか? エアコンは家電リサイクル法の対象品目なので、処分する際には注意が必要です。正しく処分して適切にリサイクルする必要があるため、しっかり理解して遺品整理をスムーズにすすめてください。

この記事では、エアコンを処分する前に確認すべきことや、遺品整理でエアコンを処分する方法・処分にかかる費用などを詳しくご紹介しましょう。

  1. エアコンを処分する前に確認すべきことは?
  2. 遺品整理でエアコンを処分する方法
  3. 遺品整理で出たエアコンの処分費用を紹介
  4. エアコンの処分に遺品整理業者を利用するメリット3つ
  5. 遺品整理におけるエアコン処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、手間をかけずにエアコンを処分する方法や、費用を抑えて処分するコツなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.エアコンを処分する前に確認すべきことは?

まずは、エアコンを処分する前に確認しておくべきポイントをご紹介しましょう。

1-1.家電リサイクル法について知っておく

エアコンを処分するにあたって、まず家電リサイクル法について知っておく必要があります。家電リサイクル法は2001年に施行された法律で、廃家電に含まれる有用資源のリサイクルを目的としたものです。この法律により、エアコン・テレビ・洗濯機・冷蔵庫の4品目は、自治体が回収することはできなくなりました。家電リサイクル法にのっとり、適切な方法で処分しなければなりません。

1-2.取り外しは自分でできるのか

エアコンを処分する際、どのようにして取り外すのかも考えておかなければなりません。知識がある人や作業に慣れている人であれば、自分で取り外すこともできるでしょう。しかし、失敗する可能性もあります。取り外しを業者に依頼するのか、そのためにはどのような業者に依頼すればよいのかなど、調べておくとよいでしょう。

1-3.買取に出すことは可能か

エアコンの状態によっては、買取に出すことも考えるべきです。状態がきれいで動作に不具合がなく、発売から5年以内のものであれば、買取対象になる可能性は十分にあります。有名メーカーのものや高性能モデルのエアコンは高価買取も期待できるため、買取に出してお得に処分するとよいでしょう。

2.遺品整理でエアコンを処分する方法

遺品整理で出たエアコンを処分する方法には、以下のようなものがあります。

2-1.家電量販店に引き取ってもらう

家電リサイクル法では、小売店にエアコンの回収を義務づけています。そのため、エアコンを購入した販売店に依頼すれば引き取ってもらうことが可能です。その際、リサイクル料金のほかに、収集運搬料金と取り外し作業にかかる費用を支払う必要があります。小売店によってはエアコンの取り外しを行っていないところもあるため、事前に確認しておきましょう。

2-2.指定引取場所へ持ち込む

自分で各自治体の指定引取場所へ持ち込む方法もあります。この場合は自分でエアコンを運搬することになるため、運搬料金はかかりません。事前に郵便局の窓口でリサイクル料金を支払い、最寄りの指定引取場所へ直接持っていきましょう。全国の指定引取場所は、こちらから検索可能です。

2-3.業者に依頼する

遺品整理業者や不用品回収業者に依頼する方法もおすすめです。「処分したい遺品が大量にある」「自分で遺品整理や不用品処分をするのが難しい」という場合は、利用してみるとよいでしょう。エアコンの取り外しも同時に依頼できる業者が多くなっているため、効率的に遺品整理をすすめることができます。

3.遺品整理で出たエアコンの処分費用を紹介

遺品整理で出たエアコンを処分する際の費用についてご紹介します。

3-1.リサイクル料金は1,000円前後

エアコンのリサイクル料金は、メーカーや機種によって若干の違いがあります。900~1,000円前後の場合が多いため、事前に確認しておきましょう。詳しくは家電リサイクル券センターのホームページを参照してください。

3-2.運搬費用と取り外し費用は販売店に確認を

エアコンの回収を販売店に依頼した場合の運搬費用と取り外し費用は、販売店ごとに異なります。出張費用と運搬費用・取り外し費用を合計して6,000~10,000円前後の場合が多いでしょう。必ず事前に確認することをおすすめします。

3-3.業者に依頼する場合は無料見積もりを

遺品整理業者や不用品回収業者に依頼する場合は、事前に無料見積もりを依頼しましょう。複数の業者に無料見積もりを依頼して比較することで、大まかな相場を把握できるはずです。遺品整理業者に依頼した場合の一般的な相場は、以下のようになっています。

  • 1DK:70,000~200,000円
  • 2LDK:120,000~300,000円
  • 3DK:150,000~400,000円

4.エアコンの処分に遺品整理業者を利用するメリット3つ

エアコンの処分を遺品整理業者に依頼するメリットには、以下のようなものがあります。

4-1.時間と労力を省くことができる

遺品整理業者を利用することで、遺品整理にかかる時間と労力を省くことができます。遺品整理は時間と手間がかかり、体力も必要です。「家の明け渡しまで時間がないので早く遺品整理をしなければならない」「手伝ってくれる親族がいない」など、大変な思いをする人も多いでしょう。そういった悩みを解消できるのは、大きなメリットです。

4-2.精神的な負担を軽減できる

精神的な負担を軽減できるのも、遺品整理業者を利用するメリットでしょう。遺品整理をするに故人との思い出がよみがえり、つらい思いをする人も少なくありません。大切な人の死と向き合うことが、大きな精神的負担になってしまうこともあるでしょう。そうした意味でも、遺品整理業者に依頼するという選択が必要な場合もあります。

4-3.買取を依頼できる場合もある

遺品整理業者の中には、遺品の買取を行っているところもあります。状態のよい遺品や価値の高い遺品は買取してもらえるため、お得に遺品整理ができるでしょう。新たに買取先を探す手間も省けます。また、高価な遺品を間違えて処分してしまう心配もありません。

5.遺品整理におけるエアコン処分に関するよくある質問

「遺品整理でエアコンを処分したい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.エアコンにはどのような資源が含まれているのでしょうか?
A.鉄や銅・アルミニウム・プラスチック・石油製品・レアメタルなどの資源が含まれています。

Q.エアコンの取り外しはどのような業者に依頼できるのでしょうか?
A.エアコンの専門業者や電気屋などに依頼可能です。遺品整理業者や不用品回収業者の中にもエアコンの取り外しを受け付けているところが多いため、確認してみるとよいでしょう。

Q.エアコンを高く買取してもらうためのポイントを教えてください。
A.きれいに掃除をし、付属品をすべてそろえておきましょう。また、正常に動作するか確認することも忘れないでください。

Q.遺品整理業者を選ぶ際のポイントは何ですか?
A.豊富な実績があるか・料金体系が分かりやすいか・無料見積もりを受け付けているかなどをチェックするとよいでしょう。

Q.悪質な遺品整理業者に依頼すると、どのようなトラブルに巻き込まれる可能性がありますか?
A.「回収した遺品を不法投棄された」「見積もりとは違う高額な料金を請求された」などのトラブル例が報告されているため、注意してください。

まとめ

遺品整理で出たエアコンを処分する方法や処分費用・遺品整理業者を利用するメリットなどを詳しくご紹介しました。エアコンは粗大ゴミとして捨てることができないため、遺品整理で処分する場合は遺品整理業者に依頼するのがおすすめです。ぜひこの記事を参考にエアコンを処分し、スムーズに遺品整理を終えてください。