ガスコンロを処分したい? 一番簡単でお得な方法を詳しく解説します!


不要になったガスコンロの処分方法をお探しではありませんか? 買い替えなどで不要になったガスコンロを処分したくても、どこにどんな方法で依頼すればいいのか、分かりにくいですよね。それに、なるべく簡単で安く済む方法を選びたいことでしょう。

そこで今回は、ガスコンロの処分について詳しく解説します。

  1. ガスコンロは何ゴミになる?
  2. ガスコンロの処分を自治体に依頼する方法
  3. ガスコンロの処分を自治体以外に依頼する方法
  4. ガスコンロを買取に出す方法
  5. ガスコンロの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、ガスコンロを処分する方法やコツが分かります。ガスコンロの処分でお悩みの方は、記事を読んでみてください。

1.ガスコンロは何ゴミになる?

最初に、ガスコンロは何ゴミになるか見ていきましょう。

1-1.多くの自治体で粗大ゴミとして扱われる

ガスコンロは、多くの自治体で粗大ゴミとして扱われます。大きさや重さがあることや、着火装置が付いているためです。粗大ゴミとして出す場合は、自治体に事前連絡し、回収日時や場所などの指示を受けるケースが多いでしょう。また、ガスコンロ1台に付き数百円程度の回収費用がかかります。より詳しいことは、自治体ごとの回収ルールを確認してください。

1-2.卓上タイプなら不燃ゴミで出せる場合もある

自治体によっては、卓上タイプのガスコンロを不燃ゴミに区分していることがあります。不燃ゴミとして出す場合は、自治体の指定曜日・時間に集荷場所に出しておけば無料で回収してもらうことが可能です。ただし、卓上タイプのガスコンロであっても、粗大ゴミに区分する自治体もあるので注意しましょう。

1-3.ガスホースやガスボンベはどうする?

不要になったガスホースは、可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミなどで自治体回収に出すことができます。ゴミの区分や回収ルールは、自治体に確認してください。長いものは、指定の長さ以下に切断する必要がある場合もあります。ガスボンベは、カセットコンロ用のものなら回収可能で、据え置き型のものは回収不可となることが多いでしょう。ガスボンベの処分を考えている場合は、手間などを考えても不用品回収業者もしくは販売店での引き取り処分がおすすめです。

2.ガスコンロの処分を自治体に依頼する方法

ガスコンロは、自治体回収に出す方法を詳しく見ていきましょう。

2-1.ガスコンロを粗大ゴミとして出す方法

ガスコンロを粗大ゴミとして出すには、以下の手順を参考にしてください。以下は、一般的な流れです。

  1. 自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡し、回収日時・場所・料金などの指示を受ける
  2. コンビニなどで料金分の粗大ゴミ回収券を購入する
  3. ガスコンロの取り外しや粗大ゴミ回収券を貼り付けなど、粗大ゴミに出す準備を整える
  4. 指定日時・場所にガスコンロを出す
  5. 自治体がガスコンロを回収する

自治体によっては、自宅前で回収してもらえるケースもあります。また、高齢などでガスコンロを集荷場所まで運ぶのが難しい場合は、自治体のサポートを受けられることもあるので確認してみましょう。

2-2.ガスコンロを取り外す際の注意点は?

ガスコンロを粗大ゴミとして出す場合、自分で取り外す作業が必要です。ガスコンロはガスを使用していることから、取り外しの際は以下のことを守ってください。

  • 窓を開けたり換気扇を回したりして換気をよくする
  • 取り外し作業の前にガスの元栓を必ず閉める
  • ガスホースが抜けないときは無理に引っ張らず、カッターなどで切り外す
  • ガスホースの中のガスもしっかり抜く

3.ガスコンロの処分を自治体以外に依頼する方法

ガスコンロの処分は、自治体回収以外の方法で行うこともできます。

3-1.販売店に引き取ってもらう

ガスコンロを買い替える場合は、販売店に引き取ってもらうことができます。通常、新規購入品の設置と同時に取り外し・回収となるでしょう。

メリット

  • 買い替えと同時に処分できる
  • 自分で取り外したり運んだりする手間がかからない
  • 処分費用はサービスになることが多い

デメリット

  • 引き取りだけでは依頼できないことがある
  • 引き取りだけで依頼可能な場合は回収費用が数千円程度かかる

3-2.不用品回収業者に処分してもらう

不要になったガスコンロは、不用品回収業者に処分してもらうのもおすすめです。ガスコンロのほかにも処分したい不用品があったら、同時に依頼するといいでしょう。

メリット

  • 都合のいい日時・場所を指定できる
  • 集荷場所まで運ぶ手間や労力を省ける
  • ガスコンロ以外の不用品も同時に処分してもらえる
  • 条件によっては買取になることもある

デメリット

  • 回収費用が1回に付き数千円程度~かかる

3-3.信頼できる業者の選び方

ガスコンロの処分は、以下のポイントを参考にして信頼で着る業者に依頼しましょう。

  • ガスコンロの処分で豊富な実績がある
  • 状態のいいものは買取もしている
  • 回収後は再資源化を積極的に行っている
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルかつ明確な料金システム
  • 希望の日時・場所で回収してもらえる
  • スタッフが親切で丁寧な受け応えをしている
  • 顧客からの評判がいい
  • 古物商許可を取得済み

なお、当不用品片付け埼玉・千葉オンラインでも、不要になったガスコンロの処分をお受けしています。まずは、お気軽にご相談ください。

4.ガスコンロを買取に出す方法

有名メーカー品やほぼ新品など、条件によってはガスコンロを買取に出せる場合があります。

4-1.有名メーカー品やほぼ新品のものなどが買取対象

不要になったガスコンロでも、以下の条件を満たすものは買取してもらえることがあります。

  • 有名メーカー品(リンナイ・パロマ・ノーリツなど)
  • ほぼ新品で使用感が少ない
  • 不具合や故障がない
  • 年式が新しい
  • 購入時の付属品・説明書などがそろっている

4-2.査定前にクリーニングしておく

ガスコンロを査定に出す前に、以下のことに気を付けると高額査定が期待できます。

  • 汚れをキレイにクリーニングしておく
  • 購入時の付属品や使用説明書をそろえておく

なお、不要になった時点でなるべく早く買取に出しましょう。ガスコンロも年式が古くなるほど、買取価格が安くなります。

4-3.ネットオークションやフリマサイトでは業者の出品が多い

ガスコンロをネットオークションやフリマサイトに出品して売ることもできます。普段から取り引きに慣れている人なら、出品を考えてみてもいいでしょう。ただし、実際には業者が出品しているケースも多く見られます。また、個人出品のものが落札される場合、ほぼ新品など条件が厳しいことも事実です。こん包や配送が大変なこと、商品クレームや支払い遅延などのトラブルが多いことを考えると、積極的にはおすすめしません。

5.ガスコンロの処分に関するよくある質問

最後に、ガスコンロの処分に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.ガスコンロの寿命は何年?
A.約10年です。寿命を迎えたガスコンロは以下のような症状が見られます。寿命を迎えたガスコンロを使い続けると思わぬ事故の原因になるので、早めに交換してください。

  • 点火しにくい
  • 使用中に火が消える
  • 異音・異臭がする
  • 炎の色が赤い
  • 部分的に炎が出ない

Q.古いガスコンロでも特に問題なければそのまま使っていい?
A.見えない部分で劣化が進んでいる可能性があるので、早めに交換を検討してください。特に、購入後10年を経過したガスコンロは、いつ不具合や故障が出るか分かりません。安全に使用するためにも、買い替えをおすすめします。

Q.ガスコンロを処分する前に掃除する必要はある?
A.特に必要ありません。ただし、油汚れなどが付着したままだと運搬時に手や洋服を汚す可能性があるので、簡単にでも汚れを掃除しておくことをおすすめします。

Q.ガスコンロの処分を不用品回収業者に依頼する場合は取り外しが必要?
A.業者に確認してください。安全のために依頼者側で取り外しを行うことになる場合と、業者が取り外してくれる場合に分かれます。業者によっては、取り外し作業でオプション料金が必要になることもあるでしょう。

Q.ガスコンロの査定金額に納得できない場合はどうする?
A.業者に査定理由を説明してもらいましょう。説明を聞いても納得できない場合は取り引きを中止し、改めてほかの業者に依頼しても構いません。

まとめ

今回は、ガスコンロの処分について詳しく解説しました。不要になったガスコンロは、自治体回収に粗大ゴミなどで出すことができます。取り外しの際は、換気をよくしたり元栓を閉めたりして、安全を確保してから作業しましょう。なお、ガスコンロの処分は、販売店や不用品回収業者に依頼することもできます。自分で運ぶ必要もなく、時間や労力の節約になるなど、メリットが大きいので検討してみてください。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス