化粧品の捨て方は? 種類別の処理手順と容器の分別について徹底解説


使用済みの化粧品は、処分のタイミングで迷うことがあります。種類によって容器の形状や素材も異なるため、捨て方も分かりにくいものでしょう。捨て方だけでなく、捨てる前の処理手順などを知っておくと安心です。本記事では、処分の判断基準や捨て方などをご紹介します。

  1. 化粧品を処分する判断基準
  2. 化粧品の捨て方
  3. 化粧品容器の捨て方
  4. 化粧品は買取に出すことができるのか?
  5. 化粧品の捨て方でよくある質問

古い化粧品は劣化している可能性があります。正しい捨て方を覚えておき、必要な化粧品だけ手元に残して処分しましょう。

1.化粧品を処分する判断基準

まず、化粧品を処分する際の判断基準についてご紹介します。

1-1.長期間使用していない

長期間使用していないものは、劣化が進んでいる可能性が高いため、処分したほうが安心です。化粧品は使用期限が記載されていません。製造から3年経過しても安定した品質を維持できるものは、使用期限の記載が必要ないためです。とはいえ、製造年月日を知ることは難しいので、保管期間が長いものは捨てたほうがいいでしょう。

1-2.品質の劣化が明らかなもの

濁り・変色・悪臭などがあるものは、品質の劣化が明らかであるため、処分対象としましょう。内容物が分離しているものも、劣化が進んでいることが考えられます。劣化したものを使用すると、肌トラブルなどを起こす可能性が高いでしょう。

1-3.ざらつきやベタつきを感じるもの

ざらつきやベタつきを感じるものは、品質が変わっている恐れがあります。開封済みのものは空気や手に触れることで、劣化が進みやすいものです。少しでも違和感を抱いたら、処分を考えましょう。

2.化粧品の捨て方

化粧品は、中身と容器を分別して捨てることが大切です。捨て方について考えていきましょう。

2-1.アイシャドウ

アイシャドウは、爪楊枝(つまようじ)や竹串などを使って固形部分を砕きます。砕いたものはビニール袋に入れ、可燃ゴミとして処分してください。容器は、自治体のルールに従い、プラスチックゴミや不燃ゴミとして処分します。

2-2.リップクリーム

リップクリームは、回転すると中身を出すことができます。中身を出し、ティッシュなどで包んでから折ってください。また、スティック内部に中身が残っている場合は、綿棒などでかき出すときれいにすることができます。中身と容器は、それぞれ分別ルールを守って捨てましょう。

2-3.マスカラ

マスカラは、中身を新聞紙やキッチンペーパーなどで吸い取り、ビニール袋に入れて処分します。容器も可燃ゴミとして処分できる場合がありますが、自治体によって分別が異なるので注意してください。

2-4.マニキュア

マニキュアは、中身を新聞紙などに取り出します。ただし、マニキュアは固まりやすいものです。固まったマニキュアを取り出す場合は、除光液を入れて溶かしましょう。除光液をボトルに加えたら、軽く振ってから新聞紙などで吸い取ってください。

2-5.化粧水

化粧水などが液状のものが残っている場合、中身をトイレに流して捨てる方法があります。油分が強くなければ問題ありません。化粧水以外に、ローションタイプのクレンジングも同じ捨て方ができます。容器は素材に合う捨て方をしてください。化粧水の場合、保湿効果が高いため、入浴剤代わりにバスタブに入れて使いきる方法もあります。ただし、使用期限が過ぎていないものだけにしてください。

2-6.乳液・クリーム

乳液やクリームなど油分が強いものは、トイレに流すと排水管のサビを誘発するため、中身を新聞紙などに包んで捨てましょう。使用期限に余裕がある場合は、顔ではなく、体に塗ってボディークリームとして活用する方法もあります。

3.化粧品容器の捨て方

化粧品の容器は、素材がそれぞれ異なるのが特徴です。素材によって分別方法が変わるため、自治体のルールを確認しておきましょう。

3-1.分別表示を確認する

化粧品の容器には、分別表示が記載されている場合があります。プラスチックや紙などの識別ができるマークです。マークに従い、それぞれ分別して捨てましょう。

3-2.プラスチックケースや透明フィルム

プラスチックケースや透明フィルムは、プラスチックゴミとして捨てる自治体が多くなっています。可燃ゴミとして出すことができる自治体もあるため、分別ルールを確認することが大切です。アルミなどと組み合わせているパッケージでも、プラスチックの識別マークがあれば、プラスチックゴミとして処分できます。ただし、中身をきちんと取り出し、きれいな状態にしてからゴミとして出してください。

3-3.チューブ状の化粧品容器

チューブ状の化粧品容器も、プラスチック識別マークが表示されているものが多くなっています。中身を取り出して洗い、プラスチックゴミとして出してください。ただし、チューブ状の化粧品容器は内部まできれいにするのが難しいため、自治体によっては可燃ゴミとして処分できる場合があります。

3-4.ガラスボトル

化粧水などが入っていたガラスボトルは、内部を洗浄してから不燃ゴミや資源ゴミとして出します。仕分けについては、自治体のゴミ区分を確認してください。内部の汚れが落ちないものは、不燃ゴミとして回収している自治体もあります。

3-5.ペンシル状のもの

アイブロウやアイライナーなどペンシル状のものは、中身を使いきるか、中身を取り出し、容器だけの状態にします。ほとんどのものは、プラスチックゴミとして回収可能です。

4.化粧品は買取に出すことができるのか?

不要になった化粧品は、買取に出すことができるのでしょうか? 買取対象となるものの特徴や買取先などをご紹介します。

4-1.買取対象となるもの

買取対象となる化粧品は、ハイブランドのもの・廃盤となった製品・限定商品などです。未開封のものは、高額買取になる可能性が高いでしょう。使いかけの化粧品でも、劣化などがなければ、買取してもらえる場合があります。

4-2.化粧品の買取実績が豊富なところが安心

買取先は、化粧品の買取実績が豊富なところが安心です。ブランド価値などを見極めてもらいやすく、適正価格での買取をしてくれます。買取業者の取り扱いメーカーなども下調べしておきましょう。

4-3.専門業者

化粧品の買取は、専門業者が安心です。使いかけのものでも買取してもらえる場合があり、ハイブランドのものは高額買取になる可能性があります。化粧品の買取専門業者は、宅配買取を中心に行っており、店舗での買取にも対応しているのが特徴です。宅配買取は、専用ボックスに入れて発送するだけで、簡単に手配が完了するため、忙しい方にも適しています。

4-4.不用品回収業者

不用品回収業者の中には、化粧品の買取に応じてくれるところがあります。無料見積もりを依頼する際、化粧品の買取を希望する旨を伝えてください。未開封のものなどは、高値で買取となる場合があります。ただし、買取不可となった場合、処分費用がかかるケースもあるため、見積時にきちんと確認しておくことが大切です。

4-5.個人売買

ネットオークションやフリマアプリを使い、個人売買で化粧品をリセールする方法もあります。ハイブランドのものは購入希望者が見つかりやすく、希望価格で出品できるのも魅力です。サンプル品なども出品できます。ただし、売れる時期を読むことができないため、すぐに手放したい方は専門業者などを利用しましょう。

5.化粧品の捨て方でよくある質問

化粧品の捨て方に関する質問を集めました。

Q.容器から取り出した中身を捨てるときに注意すべきことは?
A.中身がビニール袋から漏(も)れ出さないようにすることです。ビニール袋は、粘着テープなどで口を閉じましょう。液体を入れた場合は、ビニールを二重にしておくと安心です。

Q.化粧品の中身は、トイレに流してもいいのか?
A.トイレに流してはいけません。水質汚染の原因となります。使いきるか、新聞紙などで吸い取って中身を取り出すなど、正しく処理してください。

Q.プラスチック製の容器に鏡が貼り付けてある場合はどうすべきか?
A.プラスチックの識別マークがあれば、分別する必要はありません。プラスチックゴミとして捨てましょう。識別マークがない場合は、自治体に問い合わせて分別ルールを確認してください。

Q.スプレー缶の化粧品がある場合は?
A.スプレー缶の化粧品は、火気のない場所で中身とガスを出しきってから捨ててください。残量が多い場合は、新聞紙などに向けて吹き付けるといいでしょう。中身が残った状態で捨てた場合、ゴミ処理場で爆発などが起こる恐れがあるので注意してください。

Q.化粧品はいくらぐらいで買取してもらえるのか?
A.メーカーや状態などによって異なります。業者によっても査定基準が違うため、複数の業者で査定してもらい、比較することが大切です。化粧品は、なるべくまとめて買取に出したほうが、値段が付きやすいでしょう。

まとめ

化粧品は、処分のタイミングや捨て方で迷うことがあります。種類によって処理の仕方が異なるため、捨てる際の手順を覚えておくことが大切です。捨てるだけでなく、買取についても覚えておきましょう。ハイブランドの化粧品などは、高額買取になる可能性があります。専門業者などで査定を受けてみてください。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス