エアコンを処分したい!最もお得で簡単な方法とコツを詳しく解説!


「エアコンを処分したいが、良い処分方法はないか」とお考えですか? 引っ越しや買い替えなどで不要になったエアコンの処分は、家電リサイクル法の対象品目なので、自治体の粗大ゴミとしては処分できません。リサイクル料金以外にも、できるならお金や手間をかけずに処分したいものです。

そこで今回は、エアコンの処分について詳しく解説します。

  1. エアコンを粗大ゴミで出せない理由は?
  2. エアコンの取り外し方法
  3. エアコンを処分する方法
  4. エアコンを買取してもらう方法
  5. エアコンの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、エアコンを簡単かつお得に処分するコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.エアコンを粗大ゴミで出せない理由は?

最初に、エアコンを粗大ゴミで出せない理由について見ていきましょう。

1-1.エアコンは家電リサイクル法の対象品目

前述したように、エアコンは、家電リサイクル法の対象品目のため、自治体回収でゴミとして出すことができません。家電リサイクル法とは、指定家電(エアコン・冷蔵庫・洗濯機・テレビ)に含まれる資源を有効活用することや、ゴミの量を削減することなどを目的とした法律です。排出者(消費者・使用者)・小売業者メーカーそれぞれに、リサイクル義務があります。

1-2.家庭用エアコンは本体・室外機とも対象

家電リサイクル法は、以下のようエアコンの本体・室外機を対象としています。

  • 壁掛けタイプ
  • 床置きタイプ
  • ウインドー設置タイプ

冷風機・冷風扇などは対象外です。また、業務用エアコンも対象外となります。業務用エアコンは、家庭で使用していたものでも産業廃棄物扱いとなるため、産業廃棄物収集運搬許可を取得した専門業者に処分を依頼してください。

1-3.家電リサイクル法に基づく処分費用

家電リサイクル法に基づいてメーカーに回収してもらう場合、メーカーによって1台につき972円・2,041円・9,720円のいずれかの処分費用がかかります。また、別途収集運搬費用として1,000~2,000円程度必要です。なお、より詳しい内容は、一般財団法人家電リサイクル券センターの家電リサイクル券システムリサイクル料金一覧表をご覧ください。

2.エアコンの取り外し方法

エアコンを自分で取り外す方法と業者に依頼する方法のそれぞれを、詳しく解説しましょう。

2-1.エアコンを自分で取り外すときに必要な道具と方法

エアコンを取り外すには、以下の道具を用意してください。

  • 六角レンチ
  • ニッパー
  • ドライバー
  • ペンチ
  • モンキースパナ
  • カッターナイフ
  • エアコンキャップ
  • エアコン配管用パテ
  • 軍手

一般的な壁掛けタイプのエアコンを取り外す方法は、以下を参考にしてください。

  1. ドライバーを使用してエアコン室外機のカバーを外す
  2. 六角ナットを六角レンチで回し、バルブのキャップを取り外す
  3. エアコンを冷房モードで強制運転し、室内機と配管パイプ内部のフロンガスを室外機に送る
  4. 室外機の送り側バルブを六角レンチで締め2~3分運転させる
  5. 室外機の送り側バルブを六角レンチで締める
  6. エアコンの運転を中止し、コンセントを抜く
  7. 室外機のバルブにバルブキャップを取り付ける
  8. モンキースパナで室外機の配管を取り外す
  9. 電源コードを切断する
  10. 台座の固定ボルトを取り外して室外機を除去する
  11. 室内機を上に持ち上げるようにして取り外す

2-2.専門業者にエアコンの取り外しを依頼すると安心

エアコンの取り外しは、専門業者に依頼すると安心です。配管・配線の専門知識を持った人が、確実に作業してくれます。エアコンの取り外しは、想像以上に大変な作業です。労力と時間の節約にもなるので、専門業者に依頼すると安心でしょう。エアコンを取り外す場合の費用目安は、6,000~12,000円程度となります。実際には、エアコンのタイプや設置条件によって異なるため、見積もりをもらって確認してください。

3.エアコンを処分する方法

エアコンを処分する主な方法を詳しく解説します。

3-1.自分で指定取引場所に運ぶ

自分でエアコンを取り外す場合、指定取引場所に運んで処分してもらうことができます。郵便局で「家電リサイクル券」を購入し、リサイクル費用を支払いましょう。その後、指定取引場所に運び入れることで処分できます。ただし、車両の手配が必要になり、ガソリン代も自己負担です。

メリット

  • 都合のいいタイミングで処分できる

デメリット

  • 自分でエアコンを取り外す必要がある
  • 指定取引場所まで運ぶ手間・時間・ガソリン代がかかる
  • 車両を手配する必要がある
  • リサイクル費用がかかる

3-2.販売店に回収を申し込む

エアコンは、家電リサイクル法に基づいて販売店に回収を申し込むことができます。販売店のリサイクル受付窓口に連絡し、型番・回収希望日時などを伝えて依頼してください。処分する際に、販売店にリサイクル費用と運搬費用を支払うことになります。。

メリット

  • 回収後に再資源化してもらえる
  • 自分で取り外す必要がない

デメリット

  • 依頼から回収まで2週間程度かかることがある
  • リサイクル費用・運搬費用がかかる

3-3.販売店の引き取りを利用する

エアコンの買い替えに伴う処分なら、販売店の引き取りを利用すると楽です。ただし、家電リサイクル法の指定品目であるため、リサイクル費用・運搬費用が別途かかります。エアコン1台につき、総額で1万円程度~が目安です。

メリット

  • 買い替えと同時に処分できる
  • 自分で取り外す必要がない

デメリット

  • 販売店の混雑状況によっては、希望日時に取り外しできないことがある
  • 処分時に総額1万円程度~の費用がかかる

3-4.不用品回収業者に依頼する

エアコンの処分は、不用品回収業者に依頼すると取り外しから回収まで一括で依頼できて便利です。まずは、業者に連絡し、見積もりをもらうといいでしょう。当不用品片付け埼玉・千葉オンラインでも、不要になったエアコンの処分やをお受けしていますので、ご検討ください。通常、エアコン1台の回収費用は数千円~となります。なお、そのほかにも処分したい不用品があれば、同時に依頼するといいでしょう。

メリット

  • 希望の日時・場所で回収してもらえる
  • エアコン以外の扶養品も同時に処分してもらえる
  • 自分で取り外す必要がない

デメリット

  • 設置条件によっては回収費用が高くなることがある

4.エアコンを買取してもらう方法

不要になったエアコンでも、中古品として買取してもらえることがあります。主な買取方法を詳しく解説しましょう。

4-1.年式が新しく故障していないものなどが対象

買取対象となるエアコンの条件は、以下をご覧ください。

  • 年式が新しい
  • 人気メーカー・機種
  • 故障・不具合がない
  • 購入時の付属品がそろっている
  • 目立つ汚れ・傷などがない

なお、業者によって買取基準が細かく異なります。詳しくは、業者に見積もりをもらって確認してください。

4-2.買取ならリサイクル料金はかからない

エアコンの買取は、以下のような業者に依頼できます。

  • リサイクルショップ
  • 家電買取専門店
  • 不用品回収業者

いずれの場合でも、買取後のエアコンはクリーニングと簡単な調整をした後、中古品として新たな持ち主の元で使われるのです。買取してもらう場合はリサイクル料金がかからない点でお得ですが、取り外し費用や運搬費がかかることが多いでしょう。

メリット

  • エアコン以外の不用品も同時に買取依頼できる
  • 希望日時・場所にて回収してもらえる
  • 業者によっては取り外し作業を依頼できる

デメリット

  • 個人店のリサイクルショップでは店頭持ち込みが基本
  • 買取不可の場合は回収費用がかかることがある

4-3.ネットオークションなどで売る

自分で取り外すことができれば、業者に依頼せずネットオークションやフリマサイトで売ることも可能です。ただし、実際の出品は多くが業者であり、個人の出品数は少なくなります。また、エアコンは大きさや重量があり配送が困難です。また、個人間取り引き特有のデメリットもあるため、積極的にはおすすめしません。

メリット

  • 業者で買取不可となったエアコンでも出品可能
  • 自分が売りたい価格を設定できる
  • エアコンを欲しがっている人と直接やり取りし、喜んでもらえる

デメリット

  • 自分で取り外しておくことが原則
  • なかなか落札されず、出品から代金回収まで長くかかることがある
  • 配送が大変
  • 商品クレーム・支払い遅延などのトラブルに遭いやすい
  • 取り引き中はこまめなチェック・返信が必要

4-4.信頼できる不用品回収業者に依頼すると便利

エアコンの買取は、信頼できる不用品回収業者に依頼するといいでしょう。たとえば、以下のポイントを参考に選ぶと安心です。

  • エアコンの買取実績が豊富
  • エアコンの買取を強化している
  • 査定は無料
  • 希望の日時に回収してくれる
  • 買取不可の場合でも再資源化目的で引き取り処分してもらえる
  • スタッフが親切
  • 顧客からの評判が良い
  • 古物商許可を取得済み

なお、当不用品片付け埼玉・千葉オンラインでも、不要になったエアコンの買取・引き取り処分をお受けしています。買取が可能なものはなるべく高額査定を、買取不可の場合でもリーズナブルな費用で引き取り処分していますので、お気軽にご相談ください。

5.エアコンの処分に関するよくある質問

最後に、エアコンの処分に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.引っ越しで新居に運んだ後に処分していい?
A.はい。ただし、新居に運ぶ手間を考えるとおすすめしません。たとえば、引っ越し業者に依頼すると、オプションで処分してもらえることもあるので確認してみてください。また、エアコン以外の不用品も処分したいのなら、不用品回収業者に依頼すると便利です。

Q.エアコンが寿命を迎える前のサインは?
A.以下のような症状が見られるときは、寿命が近づいています。早めの買い替えを検討してください。

  • 冷房・暖房能力が落ちている
  • 本体が異常に発熱している
  • 異音・異臭がする
  • スイッチを入れてから立ち上げまでに時間がかかる
  • 急に運転が止まる

Q.エアコンを処分する前に掃除する必要はある?
A.買取してもらう以外は、処分する前に掃除する必要はありません。ただし、自分でエアコンを取り外す際は、服や周辺の床・壁などが汚れないように注意してください。

Q.悪質業者にエアコンの処分を依頼するとどうなる?
A.法外に高い回収費用を請求されたり、回収後のエアコンを不法廃棄されたりする可能性があります。また、個人情報の管理がずさんな業者に依頼すると、思わぬところで情報が流出し、悪用されることがあるので注意してください。悪質業者とは、絶対に契約してはいけません。

Q.エアコンの買取価格に納得できないのですが?
A.業者に連絡し、査定理由を説明してもらいましょう。なお、買取価格が想定より低くなる主な理由には、以下のようなものがあります。

  • 中古市場で需要がなくなった・供給過剰
  • 不具合・汚れなど依頼者が見落としていた欠点が見つかった

査定理由を説明してもらっても納得できない場合は、業者からエアコンを返送してもらい、改めてほかの業者に依頼することもできます。ただし、返送費用や手数料がかかるでしょう。

まとめ

今回は、エアコンの処分について詳しく解説しました。エアコンは家電リサイクル法の対象品目となるため、自治体にゴミとして処分してもらえません。また、処分する際は、ほとんどの場合でリサイクル費用や運搬費がかかります。まずは、それぞれのメリット・デメリットを理解し、最も楽でお得に処分できる方法を選びましょう。なお、まだ新しくて中古品として再販可能なものは、買取してもらえることがあります。たとえば、不用品回収業者でもエアコンの買取を強化しているところに依頼するといいでしょう。万が一、買取不可となった場合でもそのまま引き取り処分を依頼できて便利です。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス