不用品を売る方法を解説! 高く売れる可能性があるものやコツも紹介


「不用品がたくさんあるが、まだ十分使えるので捨てるのはもったいない」というケースは多いと思います。その一方で「リサイクルショップで不用品を売却したいが、本当に売れるかどうか不安だ」と思っている人もいるでしょう。そこで今回は、不用品を売る方法や高く売るコツ、不用品を売ることができる場所などを紹介します。

  1. 不用品を売るメリットや必要性
  2. 不用品を売る方法
  3. 不用品を高く売るコツ
  4. 不用品の売却に関するよくある質問

この記事を読めば、買取か処分か迷っているときに利用すると便利な業者についても分かるでしょう。不用品を売りたいと考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.不用品を売るメリットや必要性

はじめに、不用品を売るメリットや売れる可能性が高い不用品、反対に売れる可能性が低いものなどを紹介します。

1-1.中古品には一定の需要がある

中古品には、以下のような理由で常に一定の需要があります。

  • 元値が高価なものをお買い得に手に入れたい
  • もう新品が生産されていないため、中古品でいいから手に入れたい
  • 使う頻度が少ないので、新品より中古品を買ったほうがお得

そのため、家具・家電・洋服・ホビー類などさまざまなものが中古品として買い取られ、また市場に流通しています。

1-2.不用品を売るのは資源の有効活用でもある

まだ使えるものを捨ててしまえば、処分費用がかかり資源もムダになります。まだ使える不用品を売ることで、限られた資源の有効活用にもなるでしょう。

1-3.元値が高く新しいものは中古でも需要が高い

中古でも需要が高く、売れやすいものには以下のような特徴があります。

  • 流行していて人気が高く、新品にプレミア価格がついているもの
  • 使用感が少なく、発売されてから年数がたっていないもの
  • 元値が高く、中古だとお得感のあるもの
  • すでに生産が終了しており、中古でないと手に入らないもの

特に、パソコンやIT機器は新しいものほど高値で売れやすいでしょう。

1-4.古くて安価なものは値段がつきにくい

以下のような特徴があるものは、値段がつきにくいでしょう。

  • 元値が安価で古いもの
  • 目立つ汚れや傷があるもの
  • 元値が高くても古いもの
  • 流行遅れのもの(主に服)

特に、古いものは生産が終了しても人気が高いもの以外値段がつきにくくなるので、不要になったらすぐに売却することが大切です。

2.不用品を売る方法

この項では、売れる不用品の選別方法や不用品を売る方法を紹介します。

2-1.元値が高く新しいものは査定に出してみよう

ものは、新しいほど中古でも需要が高くなります。電化製品ならば購入してから3年以内、服やバッグ類は1年以内のものならば売れる可能性が高いでしょう。本もベストセラーは発売から間もないほど高値がつきやすくなります。反対に、製造から5年以上たった家電は値段がつかないことが多いでしょう。また、服は元値が高いブランドものであっても、スタンダードで流行に左右されにくいデザイン以外は、販売から2年以上たったものは査定額が大幅に下がる可能性があります。

2-2.元値が安いものは新しくても値段がつきにくい

元値が数百円のものやファストファッション、ノンブランドの服は新しくても値段がつきにくいでしょう。ただし、子ども服は安価なものでも中古品の需要が高いので、値段がつきやすくなります。

2-3.リサイクルショップは買取しているものを確かめて売る

不用品の買取というと、真っ先に思い浮かぶのはリサイクルショップです。リサイクルショップには、さまざまなものを買取しているところと、家電・洋服・ホビー類・本・パソコンなどに特化したところがあります。今はサイトを開設しているショップも多く、買取強化しているものをアップしているところも多いでしょう。売りたいものを買取強化している店舗を探して査定してもらうと、高値がつきやすくなります。

2-4.買取方法は一長一短

リサイクルショップによる買取方法は以下のようなものがあります。それぞれ特徴があるのでメリット・デメリットをよく確認して選びましょう。

  • 店頭買取:店に売りたいものを持ち込む方法。査定額がすぐに出て値段の交渉も可能だが、大型家具や家電は持ち込みが難しい。また、近くにリサイクルショップがないと利用できない
  • 出張買取:店員が自宅に来て、売りたい品物を査定する方法。大型家具や家電を売りたいときに便利だが、実施している店舗が限られており、出張範囲も決まっている
  • 宅配買取:宅配便で査定希望の品をショップまで送り、査定してもらう。全国から利用可能だが、大型の家具や家電は利用できない。精密機器を送る際にも注意が必要。また、査定額が折り合わなかった場合は返送料が必要なこともある。

2-5.ヤフオクやメルカリは送料や配送方法を確認しておく

ヤフオクやメルカリを利用し、自分で買い手を見つける方法もあります。いろいろなものが出品されており、うまくいけばリサイクルショップより高値で売れることがあるでしょう。ただし、ヤフオクもメルカリも遠方に品物を送る必要があります。この際、送料が高くなることもあり、大型家具や家電は配送方法も限られるでしょう。出品する際は、必ず送料や配送方法を調べてください。大型家具や家電の場合は引き取りに来てくれる人に限って売却する、という方法もあります。

2-6.不用品回収業者を利用しても不用品は売却できる

不用品を売りたいが、値段がつかない場合は処分してほしいという場合は、不用品回収業者を利用するのがおすすめです。買取と回収、どちらも行っている業者ならば、値段がつかなくても有料で回収してくれます。エコアースでは、家具・家電からブランド品まで幅広い品物の買取を行っているので、ぜひ一度ご相談ください。会社備品の買取も歓迎です。

3.不用品を高く売るコツ

この項では、不用品を高く売るコツや注意点を紹介します。

3-1.季節商品はシーズン前に売る

使う季節が限られている品は、シーズン前に売却しましょう。たとえば、扇風機など、夏に使うものならば春に売却します。夏に需要が高くなるので、春に買取強化をしている店が多いでしょう。服も、シーズン前に売却すると高値がつきやすくなります。

3-2.価値を分かってもらえるところで売却する

ホビー類や書籍類、IT機器などは専門のリサイクルショップがあります。特に、ホビー類は価値が分かる人でないと、正確な査定ができません。また、本もベストセラーを扱う古書店、専門書を扱う古書店と細分化しているので、価値が分かってもらえそうなところで売りましょう。

3-3.複数のショップで査定してもらう

複数のショップで同じものを査定してもらうと、相場が分かりやすいでしょう。可能ならば、やってみてください。

3-4.査定に出すときは新品に近い状態にする

査定に出すときは、ホコリなどを取り、付属品をそろえて新品に近い状態にしましょう。そのほうが高値がつきやすくなります。また、ヤフオクやメルカリに出品するときは、写真と共にメーカー名、状態・使用年数などを記入して出品しましょう。

4.不用品の売却に関するよくある質問

この項では、不用品の売却に関する質問を紹介します。

Q.美術品や骨とう品なども専門のショップに売却したほうがいいですか?
A.はい。美術品や骨とう品は一般的なリサイクルショップではほぼ取り扱っていないので、専門ショップに査定を依頼しましょう。

Q.組み立て家具は売ることはできませんか?
A.いいえ。IKEAやニトリなど人気のある家具の一部は、新しければ一定の需要があります。

Q.ヤフオクとメルカリの違いはなんですか?
A.ヤフオクはオークション形式で、規定時間内で一番高い値段をつけた人が落札します。メルカリは、あらかじめ出品者が値段を提示しておき、買い手がそれに納得したら即交渉成立になるのです。なお、メルカリの場合、値引き交渉ができることもあります。

Q.発売から3年以上がたっても売れる電化製品はあるでしょうか?
A.iPhoneは、発売から3年以上がたっている5Sもまだ値段がつきます。スマホが不要になったら一度査定してもらいましょう。

Q.本や漫画はまとめて売ったほうがいいですか?
A.はい。まとめ売りすることで高値がつくものもあります。特に、コミックスは全巻セットのほうが売れやすいでしょう。

まとめ

今回は、不用品を売る方法を紹介しました。新しいものほど中古でも需要があります。不要になったら、迷わずすぐに売却してみましょう。そうすれば、不用品も減ってある程度お金も戻ってきます。また、大量の不用品があり時間をかけず一気に片付けたいときは、買取・回収を行っている不用品回収業者の利用がおすすめです。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス