エンディングノートの書き方を知りたい! 安心して終活できるコツは?


「エンディングノートの書き方を知りたい」とお考えではありませんか。安心して人生の終わりを迎えるためにも、エンディングノートを書くことは大きなメリットがあります。しかし、どんな形式で・何を書くべきかなど、よく分からないこともあるでしょう。そこで今回は、エンディングノートの書き方について詳しく解説します。

  1. エンディングノートはなぜ必要?
  2. エンディングノートの書き方
  3. エンディングノートを書くときのポイント
  4. エンディングノートの書き方に関するよくある質問

この記事を読むことで、エンディングノートの書き方のコツや注意点がよく分かり、安心して終活を始めることができます。まずは、記事を読んでみてください。

1.エンディングノートはなぜ必要?

最初に、エンディングノートの必要性や形式・内容について見ていきましょう。

1-1.人生を振り返り万が一のときに必要なことを書き残す

エンディングノートを書く目的は、自分の人生を振り返って整理することや、病気になったり亡くなったりしたときにしてほしい内容を伝えることです。普段から周囲とコミュニケーションを盛んにしていても、伝えきれないことは山ほどあるでしょう。そこで、エンディングノートを作成し、細かく記載しておくことが重要なのです。エンディングノートがあれば、万が一のことがあったときに家族の負担を減らすこともできます。

1-2.特別なノートは不要で形式も自由

エンディングノートは、特別なノートが必要なわけではありません。自分が好きなノートを選ぶことができ、形式も自由です。市販のエンディングノートを使用しても、完全にオリジナルなノートを製作しても構いません。自分が書きやすいことを一番に考えて選んでください。書きづらい・もの足りないと感じるのなら、ほかのノートでやり直してもいいでしょう。

1-3.書くべき項目を確認しよう

エンディングノートに書くべきものには、以下のようなものがあります。

  • 自分の生い立ち
  • 資産
  • 各種契約関連
  • 終末期医療や介護のこと
  • 親族や知人の連絡先
  • 葬儀や納骨について
  • デジタル遺品について
  • 遺族へのメッセージ

上記それぞれの内容については、次項で詳しく解説します。

2.エンディングノートの書き方

エンディングノートの書き方で押さえるべきポイントをそれぞれ解説します。

2-1.自分の生い立ちを振り返る

エンディングノートを書くときは、自分の生い立ちを振り返って整理することから始めましょう。気持ちが落ち着き、人生の終わりを平穏な気持ちで迎えることができます。もちろん、すべてのことを細かく記す必要はありません。これまでの人生の中で、特に印象的だったこと・ターニングポイントとなったことなどを書き出してみるといいでしょう。

2-2.資産状況を明らかにする

自分の資産状況を明らかにしておきましょう。家族でも、それぞれの資産がどこにいくらあるのか知らないものです。何かあったときに家族が困ることがないように、以下の資産を整理して記載しておきましょう。

  • 預貯金(預け先の銀行名と口座番号・記入時点の金額)
  • 年金(振込先の銀行名と口座番号・記入時点で受領している金額)
  • 不動産(家・土地・投資用物件など)
  • そのほかの資産(株・債券など)
  • ローンの有無(ローンが残っている場合はローン残高および毎月の返済額と返済期日)
  • クレジットカードの種類(年会費の有無も記載)
  • そのほか金銭価値が高いものについて(宝石・貴金属・絵画・骨とう品など)

2-3.契約関連も忘れずに記入する

契約関連の情報を整理し、記入することも重要です。たとえば、以下のような内容があります。

  • 任意保険(種類・保険証書の保管先など)
  • 携帯電話
  • NHKなどの有料放送契約
  • そのほか継続契約しているもの(定期購読・定期便契約など)
  • ガス・水道・電気・電話などの契約情報(世帯主などで契約者となっている場合)

各種サービスの契約時には、パスワードを設定してあることがあります。パスワードは悪用されないよう、信頼できる人だけに知らせるようにしましょう。

2-4.終末期医療や介護の希望を伝える

終末期医療や介護の希望もきちんと伝えておきましょう。人生の終わりが近づくと、終末期医療や介護が必要になる場合があります。容体や状況によっては、自分の意思を正確に伝えられるとも限りません。延命治療の有無・自宅介護か施設介護かなど、いざというときの自分の希望をできるだけ細かく記入しておくことをおすすめします。

2-5.連絡するべき親族や知人をリストアップする

エンディングノートでは、亡くなった際に連絡してほしい人・通夜や葬儀に参列してほしい人の名前と連絡先を、リストアップしておきましょう。今は、親族の付き合いが薄くなっているだけでなく、個人の交友関係も見えづらいため、誰と親しく交際しているのか・誰に連絡するべきか分かりにくいからです。リストアップした人たちにだけ知らせるようにしてもらえば、遺族の手間を大幅に省くことができます。

2-6.葬儀・納骨の方法を伝える

通夜や葬儀・納骨の方法や希望を伝えることも忘れてはいけません。具体的には、以下のような内容を記しておくといいでしょう。

  • 通夜・葬儀の形式
  • 寺社の連絡先
  • 通夜・葬儀に参列してほしい人の一覧
  • 予算
  • お返しの品物について
  • 参列者に伝えてほしいこと
  • 納骨先・納骨方法

なお、葬儀会社の互助会に入会している場合は、加入証書の保管先と証書番号も忘れずに記入しておきましょう。

2-7.パソコンやスマホの扱いについて

最近、大きな問題になっているのがパソコンやスマホなどのデジタル遺品です。パソコンやスマホには、多くの個人情報が記録されています。中には、家族にも知られたくないものもあるでしょう。エンディングノートの作成をいい機会と考え、パソコンやスマホのデータ整理も同時に行うことをおすすめします。

2-8.遺族へのメッセージ

エンディングノートには、遺族にメッセージを残しておくことをおすすめします。自分の死期が分からない以上、遺族へ伝えたいことも書き残しておくのがベストです。まずは、簡単に書いておき、随時見直して訂正・加筆していけばいいでしょう。

3.エンディングノートを書くときのポイント

エンディングノートを書くときのポイントを詳しく解説しましょう。

3-1.書き直しや空欄があっても構わない

エンディングノートは、書き直しや空欄があっても構いません。後日訂正したり加筆したりするのも自由です。まずは、書くことができるところから埋めていきましょう。できるだけキレイな状態で残したいのなら、ほかのノートに下書きしておき、清書する方法もあります。

3-2.遺言状と違い法的な拘束力がない

エンディングノートは、あくまでも個人的な記録となるため、遺言状と違い法的な拘束力はありません。たとえば、亡くなった後で、エンディングノートと遺言状の両方がある場合、遺言状の記載が優先されます。遺産相続などで遺族がもめることが予想されるときは、遺言状も残しておくべきでしょう。

3-3.エンディングノートは安全なところに保管する

エンディングノートは、盗難に遭ったり紛失したりすることもあります。亡くなった後、無事にエンディングノートが遺族の手に渡るとは限らないのです。たとえば、空き巣に入られて盗まれる可能性もあります。また、遺品整理の際に、遺族がそのほかの不用品と共に廃棄してしまうこともあるでしょう。確実に遺族の手に渡すためには、信頼できる人に保管場所を知らせておく・銀行の貸金庫に入れておくなどの方法がおすすめです。

3-4.定期的な見直しや家族との話し合いも大切

エンディングノートを書き終えた後も、定期的な見直しが必要です。時間が経過すれば、状況や気持ちが変わります。常に見直しをして内容を訂正しておくことが大切なのです。また、エンディングノートについて、家族と話し合いの場を持つこともおすすめします。特に資産関係はもめやすいので、家族の希望も考慮しておくといいでしょう。

3-5.消せない筆記用具で書くこと

エンディングノートは、万年筆やボールペンなどの消せない筆記用具で記入しましょう。最近は、摩擦熱によって消えるペンが人気ですが、エンディングノートの記入には向きません。せっかく書いたのに、何らかの理由で消えてしまったり誰かに書き直されてしまったりすることがあります。訂正する必要があるときは、二重線で消してから空欄に書き直すなどして対応しましょう。

4.エンディングノートの書き方に関するよくある質問

最後に、エンディングノートの書き方に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.エンディングノートにはどんなノートがおすすめ?
A.市販のエンディングノート専用ノートを利用するのがおすすめです。フォーマットに沿って記入することで、簡単に記入できます。また、自由記入欄が多いものであれば、必要に応じて追記することもできて便利です。

Q.パソコンでエンディングノートを作成してもいい?
A.構いません。東京都狛江市のようにパソコンで作成できるフォーマットを用意している自治体もあるので、ダウンロードして使ってみてください。ただし、パソコンの故障やパスワード忘れなどにより、肝心なときに読み取れないことがあります。完成後には印刷し、バックアップを取っておくといいでしょう。

Q.エンディングノートを書くときの相談先は?
A.自治体や葬儀会社・司法書士事務所などで相談可能です。また、それぞれエンディングノートの書き方セミナーを行うことがあるので、機会があったら利用してみるといいでしょう。

Q.エンディングノートの作成と同時にするといいことは?
A.生前整理です。身の回りのものを整理し、不用品を処分しましょう。長く暮らしていると想像以上にものがたくさんあります。生前整理をすれば、必要なものだけになりスッキリと暮らすことが可能です。また、亡くなった後、家族が遺品整理で大変な思いをしなくて済みます。なお、不用品の処分は当エコアースでもお受けしているのでお気軽にご相談ください。

Q.エンディングノートにペットのことを書くのはダメ?
A.問題ありません。自分が亡くなった後にペットの世話は誰に依頼するか・かかりつけの動物病院や持病のことなど書いておくといいでしょう。

まとめ

今回は、エンディングノートの書き方について詳しく解説しました。人生の終わりに向けて今までのことを振り返り、身の回りを整理することは、とても大切なことです。エンディングノートを作成すれば、いざというときに自分の希望を伝えることができ、家族の負担も大幅に減ります。エンディングノートは、何度でも書き直しや訂正ができるので、気負わず手をつけてみるといいでしょう。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス