エンディングノートの書き方を解説! 書く際の注意点やポイントは?


「エンディングノートにどんなことを書けばいいのか?」など、エンディングノートの書き方について悩んでいる方は多いでしょう。終活の一環としてエンディングノートを書く方が増えていますが、その目的やメリットをしっかり把握しておけなければなりません。上手に書くためにも、エンディングノートを書く際の注意点やポイントを把握しておきましょう。

本記事では、エンディングノートの書き方などについて解説します。

  1. エンディングノートの意味やメリットは?
  2. エンディングノートの選び方は?
  3. エンディングノートに書いておきたいこと
  4. エンディングノートを書く際の注意点
  5. エンディングノートの書き方に関してよくある質問

この記事を読むことで、エンディングノートのあり方やポイントが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.エンディングノートの意味やメリットは?

まずは、エンディングノートの意味や書くことで得られるメリットをチェックしておきましょう。

1-1.エンディングノートは自分の最後へ向けたメッセージ

名前のとおり、エンディングノートは人生の終末を記したノートのことです。終末と聞くと悪いイメージばかりが浮かんでくるかもしれませんが、自分の最後へ向けたメッセージなどを記します。終活という言葉があるように、いつ自分がいなくなったとしてもエンディングノートがあれば、家族や友人に自分の意思を伝えることができるのです。今までの自分を振り返りながらも、これから何をすべきなのか、最後はどうあるべきなのかなど考えることになります。

1-2.法的効力がない人生の記録

エンディングノートは遺言書と同じもののように捉えがちですが、まったく違うものです。遺言書は法的効力を持っており、死後の財産分与を家族に伝えるものでもあります。しかし、エンディングノートには法的効力はありません。死に特化した内容である必要がない点が大きな特徴となります。そのため、エンディングノートは自由に書いてOKです。

1-3.いざというとき家族に自分の思いを託すことができる

エンディングノートの大きなメリットは、自分がいなくなったときに自分の思いを家族に託すことができる点です。将来のことを考えると少し暗い気持ちになるかもしれませんが、病気になったり意識が戻らなかったりしたときには、エンディングノートで気持ちが伝えられます。どのように葬儀を行ってほしいのか、どんな治療を受けたいのかなど、家族に対する感謝の気持ちもつづることができるのです。

1-4.今までの人生を振り返ることができる

エンディングノートは今までの自分自身を振り返るという大きな意味があります。悲しいこと・うれしかったこと・楽しかったこと・つらかったことなど、さまざまな思い出を記録するノートでもあるからです。エンディングノートで今までの人生を振り返ることで、自分と向き合えます。また、見過ごしていた幸せにも気づけるのです。これまでの人生を振り返ると、これからどう生きていきたいのか、考えるきっかけにもなるでしょう。

2.エンディングノートの選び方は?

では、エンディングノートはどのように選べばいいのでしょうか。

2-1.決まった形式はない

遺言や遺言書とは異なり、エンディングノートに決まった形式はありません。基本的に、自分の好きなことを自由に書くノートなので、どのようなノートでもOKです。市販のノートに書き記す方がほとんどですが、パソコンでWordやExcelを使ってデジタル管理をするのもいいでしょう。最近は、スマホが広く普及されていることから、エンディングノート専用のアプリも登場しています。スマホならいつどこでも書くことができるので気軽に始められるかもしれません。ただし、アプリなどデジタルで管理する際は、そのパスワードも家族へ伝える必要があります。

2-2.市販のおすすめエンディングノート

ここでは、文房具店や書店などで手に入るおすすめの市販エンディングノートを紹介します。

2-2-1.コクヨ「もしものときに役立つノート」

大手通販サイトでも売り上げNo.1を誇るエンディングノートです。文房具大手メーカーのコクヨが販売しているもしものときに役立つノートには、必要かつ詳細な情報を書き込むことができます。あらかじめ決められた項目に沿って書くだけなので、初心者でも簡単に始められるでしょう。

2-2-2.終活ノート「マイウェイ」

一般社団法人終活カウンセラー協会が制作したエンディングノートで、書きやすさが好評となっています。高齢者の方でも簡単に記載できる内容はもちろん、文字の大きさや記入スペースなど、細部までこだわりがつまっているのが特徴です。

3.エンディングノートに書いておきたいこと

それでは、エンディングノートに書いておきたい内容をいくつか紹介します。

3-1.最初は自分自身について書こう

まず書いておきたい内容は、自分自身についてです。名前・生年月日・住所・本籍地・血液型は必ず記載しておきましょう。あとは、趣味・特技・好きな食べ物など自分自身の内面的な部分も書いておくと、新しい自分の発見につながります。また、携帯電話やスマホ・PCなど自分が契約しているものや、パスポート・運転免許証などに記載されている個人情報も分かる範囲でいいので書いてください。さらに、資産や預金通帳・保険証書など身のまわりの個人情報も書いておくといざというときに安心です。

3-2.医療・介護に関すること

ほとんどの人が病院で死を迎えるからこそ、末期の状態になったり認知症になったりする際に、どの程度まで延命治療をするのか希望を書いてください。そうすれば、自分で意思を伝えられない状態になっても、家族に意思を伝えることができます。延命治療の有無・希望する施設・介護の方法など、具体的に自分の希望を書くことが大切です。

3-3.死後の葬儀・納骨に関すること

死後の話になると気分が落ちてしまいがちですが、死後の葬儀や納骨に関する希望を書くことも大切なポイントです。現在、葬儀や納骨に関しては、本人の意思を尊重するケースがほとんどなので、どのような葬儀をしてほしいのか書きましょう。宗教の形態・葬儀と納骨の方法・遺影に使う写真や喪主など書いておけば、家族の負担も減ります。

3-4.遺品・相続に関すること

遺産に関しては遺言書のほうが法的効力を持っているので安心ですが、家族がスムーズに相続できるようにエンディングノートにも遺品と相続に関する内容を書いておきます。誰に何を残すのか書くことで、家族も安心して相続できるからです。特に、ペットを飼っている場合は、誰に引き取ってもらうか決めておかなければなりません。持病や好きな食べ物・散歩の仕方などを記載しておけば、引き取る人にとっても分かりやすくなります。

3-5.親族・親しい友人・知人の連絡先

生きている間に、誰と親交があったのか、どのような人とつながっていたのかは本人しか分かりません。そのため、親族・親しい友人・知人の連絡先をまとめてエンディングノートに記しておきます。施設に入ったり、葬儀の連絡をしたりする際には、その連絡先で家族が伝えてくれるでしょう。

3-6.家族に伝えたいメッセージ

家族や友人に伝えたいメッセージがあれば、その思いを記すのもエンディングノートの役割です。感謝の気持ちや思い出の話など、共に過ごせて楽しかったことなどありのままの思いを伝えてください。エンディングノートだからと、変にかしこまる必要はありません。普段どおりの言葉づかいで書くようにすると気持ちが伝わりやすくなります。

4.エンディングノートを書く際の注意点

最後に、エンディングノートを書く際の注意点をいくつか紹介します。

4-1.分からない項目は書かなくても大丈夫

エンディングノートを書くにあたり、分からない項目が出てきますが無理に書こうとしなくても大丈夫です。決して、すべての項目を書かなければならないというわけではありません。エンディングノートは自分の意思を自由に書くものなので、分からない項目や書きたくない項目があれば無理をせず、空白にしてもOKです。今は書けなくても、時間が経過すれば書けるようになる項目もあるので、書けるときに書くスタンスで気軽に記しましょう。

4-2.エンディングノートに年齢制限はない

エンディングノート=終活を考え始める60~70代のイメージが強いですが、年齢制限や書き始めるべき年齢などは決まっていません。20~30代と若いうちから書き始めてもOKです。むしろ、エンディングノートは自分の人生について振り返る意味もあるため、さまざまな出来事が起きたときに忘れないよう若いときから記したほうがいいでしょう。20~30代からゆっくり書き始めて、少しずつ書き足している方もいます。

4-3.エンディングノートは書き直し・作り直しが可能

基本的に、エンディングノートは書き直しや作り直しができるものです。何度でも自分の好きなように書き足したり、直したりできるからこそ、素直な気持ちを記す必要があります。人に見られるからと、嘘(うそ)の内容を書いたり、変によく書いたりしないようにしましょう。また、書いたままにするのではなく、時折見直すことも必要な作業です。

4-4.保管場所に気をつける

エンディングノートで最も気をつけておきたいことは、保管場所です。外部に流出すると困るような内容や個人情報を書いているので、誰にでも見つかるような場所には保管しないようにしてください。ただし、見られたくないからと家族が死後に見つけられないような場所でもNGです。そのため、ある程度の年齢になったときに、周囲や家族にエンディングノートを書いていることや保管場所を伝えてください。

5.エンディングノートの書き方に関してよくある質問

エンディングノートの書き方に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.エンディングノートを始める前の心構えは?
A.やる気があるのは十分にいいことですが、すべてをまとめて書こうとしないことです。最初からすべての項目をまとめて書こうとすると大変な作業になってしまいます。途中で書けなくなってしまうこともあるので、そのときは休みましょう。取りかかりやすい項目から始めるのがポイントです。

Q.ちゃんとした書き方が学べるところはあるのか?
A.企業や自治体の中には、エンディングノートの書き方講座を行っているところがあります。セミナー形式の講座になると、終活カウンセラー協会などの団体が主催しているのでチェックしてみてはいかがでしょうか。また、近くでセミナーが開催されていない場合は、オンライン上での講座もあります。

Q.エンディングノートをまとめるコツは?
A.書く内容を、自分の過去・現在・未来と大きく3項目に分けることです。過去では自分がこれまでどのような人生を歩んできたのか、どのような出会いがあったのか、何を目指してきたのか人生を振り返ります。そして、現在では自分の家族や好きなことを記しましょう。未来では、これからやって見たいこと・自分の身に何か起きたときは「こうしてほしい」という希望も記します。

Q.つい忘れがちな項目は?
A.SNSなどのデジタル情報です。FacebookやTwitterなどSNSを楽しんでいる方は、その情報についても書いておかなければなりません。SNSは退会の手続きを取らなければ、永久にそのままの状態になってしまうからです。登録したアドレスやパスワード・退会手続きの方法などをエンディングノートに記しておけば、家族も安心して手続きができます。

Q.身のまわりを整理する際のポイントは?
A.エンディングノートは身のまわりを整理するという役割も担っています。ノートに記入しながら、要らないものを処分してください。就活の一環として、要らないものをまとめて処分することが大切です。不用品の量が多い場合は、不用品回収業者に依頼するといいでしょう。エコアースでは、不用品の回収だけでなく買取も行っているので、ぜひチェックしてください。

まとめ

エンディングノートは自らの思いや意思を家族に伝える唯一の手段です。自分がいなくなったときのことを考えてエンディングノートに必要なことを記載しておけば、安心して余生を送ることができるでしょう。エンディングノートには、主に、自分自身に関する基本的な情報や資産・医療や介護に関すること・死後の葬儀や納骨など、自分の意思を記します。死後のことを考えると後ろ向きな考えになりがちですが、エンディングノートは自分の人生を振り返る意味も持っているのです。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス