ワープロの処分方法や買取してもらえる条件は? コツや注意点も解説!


「古いワープロを持っているけど、どんな方法で処分すればいい?」と、お考えではないでしょうか。ワープロには、プラスチックや金属などのリサイクル資源が使われているため、ゴミとして処分する以外の方法がおすすめです。また、まだ使えるワープロは買取してもらえることもあるため、まずは状態をチェックしてみるといいでしょう。

今回は、ワープロの処分方法について、買取してもらえる条件を含め、コツや注意点など詳しく解説します。

  1. ワープロを処分する前に確認すること
  2. ワープロの主な処分方法
  3. 買取してもらえるワープロの条件は?
  4. ワープロを買取に出す方法
  5. ワープロの処分でよくある質問

この記事を読むことで、ワープロの処分や買取についてよく分かり、スムーズに依頼できるようになります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.ワープロを処分する前に確認すること

最初に、ワープロを処分する前に確認するべきことを見ていきましょう。

1-1.ワープロとは?

ワープロとは、正式名称をワードプロセッサと呼び、1台で文章作成・編集・印刷がすべて可能な機械のことです。ワープロには、CRTモニターを使用するデスクトップ型と液晶モニターを使用するラップトップ型があります。パソコンが普及するまでは、多くの企業や教育機関などで文書作成に活用され、業務の効率化に役立っていました。一般家庭でも、文章やチラシ作成のほか、年賀状作成に使用する例も多く見られたものです。そのため、ワープロは長年愛用している人も多く、中古市場では高値で取り引きされることもあります。

1-2.ワープロの処分前にチェックすること

ワープロを処分する前は、以下のポイントをチェックしておきましょう。

1-2-1.使用できるか

古いワープロでも、まだ十分に使用できる場合があります。特に問題なく使用できるものは、廃棄処分ではなく買取してもらえるか調べてみましょう。中古市場では、愛用者からの引き合いが多く、状態・機種によっては高値で買取してもらえる可能性があります。

1-2-2.ワープロ内のデータを消去しよう

ワープロ内にデータが残っているかチェックしてください。ワープロ内部には、文書・イラストデータ・住所録・そのほかの個人情報が記録されていることがあります。ワープロ内にデータが残っているときは必要に応じてフロッピーディスクに移動し、ワープロを初期化してデータ消去をしておきましょう。

1-2-3.箱や付属品は残っているか

ワープロを買取に出す場合、購入時の箱や付属品が残っているか調べてみてください。箱や付属品がそろっていると業者の査定時に有利になります。ワープロの発売当時は、マニュアルが冊子数冊で提供されていたことも多いのです。また、用紙フィーダーなどの付属品やフィルム用スキャンシートなどのオプション品もあるかチェックしておきましょう。

2.ワープロの主な処分方法

ワープロの主な処分方法を、メリット・デメリットを併せて詳しく解説します。

2-1.自治体に依頼するときはゴミの区分を確認

ワープロを自治体にゴミとして廃棄依頼するときは、不燃ゴミか粗大ゴミかの区分を確認し、回収ルールを守って出しましょう。また、ワープロは自治体によって「小型家電リサイクル法」の対象品目となる場合もあります。小型家電リサイクル法対象品目であるときは、役所や商業施設などに設置してある専用回収ボックスに投入することで処分可能です。自治体に不燃ゴミや粗大ゴミで出した場合は、基本的にリサイクルされません。しかし、小型家電リサイクル法に基づく処分では、自治体が責任を持ってリサイクルしてもらうことができ、ワープロの資源を有効活用できます。

2-2.不用品回収業者に依頼することもできる

不要になったワープロの処分は、不用品回収業者でも可能です。不用品回収業者では、ワープロを回収後、素材ごとに分解して資源リサイクルに回してくれます。まずは、業者に連絡し、見積もりをもらうといいでしょう。日時・場所指定でワープロの回収を依頼した場合、1回数千円程度が回収費用の目安です。ワープロ以外の不用品も同時に出せば、それぞれ依頼するよりも割安になります。お得なパックプランを用意している業者もあるので、よく相談してみるといいでしょう。

2-3.業者選びの注意点

ワープロの処分を業者に依頼するときは、以下のポイントを参考にしてください。

  • ワープロの処分実績が豊富にある
  • 回収後のワープロを確実に資源リサイクルしている
  • 状態によっては買取もしている
  • 見積もりは無料
  • 処分費用がリーズナブル
  • 顧客からの評判がいい
  • スタッフの対応がよく親切
  • 古物商許可を取得している

なお、当エコアースでもワープロの処分をお受けしています。まずは、お見積もりからお気軽にご相談ください。

3.買取してもらえるワープロの条件は?

ワープロは、条件しだいで買取してもらえることもあります。

3-1.買取してもらえるメーカーや機種は?

ワープロで買取してもらえるメーカーや機種には、以下のようなものがあります。

  • 東芝:ルポシリーズ
  • シャープ:書院シリーズ
  • NEC:文豪シリーズ
  • 富士通:オアシスシリーズ
  • キャノン:キャノワードシリーズ

ワープロは、パソコンと違いそれぞれのメーカー・機種により使い勝手が大きく異なるのが特徴です。そのため、同じメーカー・機種を使い続ける人が多く、上記のような人気メーカー・機種のワープロは根強いリピーターが存在しています。

3-2.ワープロを高く売るためのコツ

ワープロをできるだけ高く売るためには、以下のポイントを参考にしてください。

  • 汚れをキレイにクリーニングしておく
  • 付属品や説明書をそろえておく
  • フロッピーディスクやインクリボンなどがあれば同時に出す
  • ワープロの買取を強化している業者に依頼する

4.ワープロを買取に出す方法

ワープロを買取に出すには、業者に依頼する方法と自分で売る方法の2パターンがあります。それぞれメリット・デメリットを併せて解説しましょう。

4-1.リサイクルショップや不用品回収業者に依頼する

ワープロは、リサイクルショップや不用品回収業者に買取を依頼することができます。まずは、業者に買取可能か査定を受けましょう。買取可能で、提示金額に納得できる場合はワープロを引き渡し、代金を受け取ってください。なお、ワープロの回収方法には、以下の3つがあります。なお、リサイクルショップでは店頭持ち込みだけ対応可能としていることが多いので注意しましょう。

  • 店頭持ち込み:業者の店頭に持ち込む
  • 宅配回収:宅配便で業者に送付する
  • 出張回収:日時と場所を指定し、業者に回収してもらう

メリット

  • 店頭持ち込みなら代金受け取りまでその場で完了する
  • 買取できない場合も引き取りしてもらえる(不用品回収業者)
  • 宅配回収・出張回収なら運ぶ手間や労力がかからない
  • ワープロ以外の不用品も買取依頼できる

デメリット

  • 専門知識に乏しい業者では買取価格が安い
  • 買取不可の場合は引き取りもできない(リサイクルショップ)
  • 宅配回収・出張回収が利用できないことが多い(リサイクルショップ)
  • 買取不可の場合、処分費用がかかることがある(不用品回収業者)
  • 悪質業者に注意する必要がある

4-2.ネットオークションやフリマサイトで売る

ネットオークションやフリマサイトでワープロを売ることも可能です。特定の機種を探している人は、ネットオークションやフリマサイトをよくチェックしているため、落札してもらえる可能性が高くなります。なお、2018年10月時点の落札相場は、以下を参考にしてください。

  • シャープ書院(WD-M500 ):5,000円程度
  • 東芝ルポ(Qual JW-F550):3,400円程度
  • NEC文豪(JX-A300):3,000円程度

ネットオークションやフリマサイトを利用するには、専用サイトに会員登録し、出品手続きをしてください。落札後は、落札者との間で連絡先の交換・支払いの確認・ワープロの発送に進みましょう。

メリット

  • 自分が売りたい価格をつけることができる
  • 業者で買取不可となったワープロも出品可能
  • 思わぬ高額落札もある(ネットオークション)
  • ジャンク品でもマニアに落札される可能性がある

デメリット

  • 出品から発送までのやり取りが多い
  • 必ずしも売れるとは限らない
  • 値切られやすい(フリマサイト)
  • 商品クレームなど個人間トラブルが多い

5.ワープロの処分でよくある質問

最後に、ワープロの処分に関するよくある質問に回答します。それぞれ確認しておいてください。

Q.業者が電話で「ワープロを無料で処分している」と言ってくるのですが?
A.訪問や電話による勧誘で「無料」を前面に出してくるところは、注意してください。無料で処分してもらえるはずが、何かと理由をつけて有料となったり、依頼していないものまで無理やり回収してしまったりするケースが後を絶ちません。思わぬトラブルを避けるためにも、ワープロの処分は信頼できる業者に依頼しましょう。

Q.ワープロ内部のデータを消去しないまま処分したらどうなる?
A.悪意のある第三者がデータを悪用する可能性があります。故障などで対応できない場合を除き、内部データはきちんと消去しておきましょう。

Q.ワープロの液晶画面がちらつく状態でも買取してもらえる?
A.まずは、業者に相談してみてください。液晶の状態をチェックし、買取可能かどうか判断してもらえます。

Q.買取対象にならないワープロの条件は?
A.以下のようなワープロは買取対象外とする業者が多いでしょう。

  • 海外製の粗悪品
  • 無名メーカー品
  • 故障・不具合がある
  • ひどい汚れや破損がある
  • 主要付属品が欠品している(付属フロッピー・電源コードなど)

Q.複数台のワープロを同時に処分してもいい?
A.構いません。なお、物量が多くなる場合は、業者に出張回収を依頼するといいでしょう。費用がかかっても、自分で運ぶ手間や労力がかからず日時指定も可能です。なお、買取になるワープロがあれば、処分費用と相殺できます。

まとめ

今回は、ワープロの処分について詳しく解説しました。ワープロの状態によっては、買取してもらえるものもあるため、まずは業者に査定を依頼することをおすすめします。買取不可のものでも、プラスチックや金属など資源リサイクル価値の高いものが使われているため、ゴミとして廃棄する以外の方法で処分しましょう。たとえば、不用品回収業者に依頼すれば、再販可能なものは買取、不可能なものは資源リサイクルに回してくれるため便利です。なお、処分・買取のいずれも、ワープロの内部データを消去しておくことを忘れないようにしましょう。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス