部屋の整理整頓術を知ろう! 苦手な人でも簡単にできる方法は?


「整理してもすぐに部屋が散らかるのはなぜ?」と疑問に感じている方の多くは、整理整頓術をきちんと把握していない傾向があります。苦手意識が強い人ほど整理整頓ができず、片付けに苦労してしまうのです。まずは、苦手意識をなくすことから始めていかなければなりません。そして、部屋の整理術とポイント・順序をきちんと把握することが大切です。本記事では、部屋の整理方法とキレイに保つポイントについて解説します。

  1. 部屋の整理整頓~片付かない理由、整理するメリットは?
  2. 部屋の整理方法と流れをチェック!
  3. 部屋をキレイに保つ方法は?
  4. 部屋の整理で仕分けた不用品はどうすべきか?
  5. 部屋の整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、部屋の整理整頓術とポイント、キレイに保つコツが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.部屋の整理整頓~片付かない理由、整理するメリットは?

整理整頓に苦手意識を持っている人は、なぜ苦手なのか、その理由を突き止めることが大切です。片付かない理由を知り、整理整頓への苦手意識をなくすことから始めましょう。

1-1.片付かない理由を把握しよう!

今までの自分の行動を振り返り、片付かない理由を探ってみてください。たとえば、途中で思い出深い品やアルバムなどが出てくると、つい見返してしまうでしょう。その結果、片付けが中途半端な状態で終わってしまい、さらに部屋が散らかるというわけです。この機会に、自分自身と向き合う時間を作ってみてください。そうすれば、片付かない理由が把握できるはずです。

1-2.整理するメリットは?

部屋を整理すると、さまざまなメリットが生まれます。たとえば、「精神的に安定すること」です。散らかった状態の部屋は人の脳に大きな悪影響を与えるといわれており、気持ちが焦ったりイライラするようになります。心が安定し心地良い生活を送るためにも整理整頓が必要です。ほかにも、以下のようなメリットが生まれるでしょう。

  • 生活レベルが向上する
  • 必要なものをすぐに見つけ出せる
  • 集中力がアップする
  • 仕事・家事の効率が上がる
  • 無駄な時間を使わなくなる
  • 経済的な無駄がなくなる
  • 運気がアップする

1-3.片付けが苦手な人の特徴は?

片付けが苦手な人は、「ものが捨てられない」という特徴があります。「もったいない」「いつか使うかもしれない」など、言い訳をつけてものを捨てずに不用品も保管してしまうのです。収納ばかり増やそうとするのも、片付けが苦手な人の特徴といえるでしょう。また、一気に片付けようとしたり、物事を先延ばしにしたり、無料や値引きなどに弱い傾向があります。このように、片付けられなくなるという悪循環をくり返しているので、まずはその悪循環を断ち切るという強い意志を持たなければなりません。

2.部屋の整理方法と流れをチェック!

それでは、部屋の整理方法を流れに沿って説明していきます。

2-1.最初にすべきこと

最初にしてほしいのは、「現状把握」です。自分がどのくらいものを持っているのか把握しやすくするために、クローゼットや押し入れに入っているものすべてを1か所に集めてください。現状把握は、客観的に自分の部屋を見ることがポイントです。部屋の写真を撮ってみると、客観的な判断ができるでしょう。そして、1か所に集めたら、「要らないもの」と「必要なもの」に仕分けていきます。

2-2.整理の方法、流れ

整理整頓の流れは、「仕分けをする」→「捨てる」→「収納する」の3ステップが基本です。「要らないもの」と「必要なもの」に分ける際、今の自分に必要なものだけ残してください。「いつか使うかもしれないもの」は、基本的に処分します。なぜなら「いつか」がつくものは、今後も使わない可能性が高いからです。ここで、持ち物を減らしておけば、収納も楽になりますよ。

2-3.グッズの活用法を紹介

本当に必要なものだけ残したら、グッズを活用して収納していきましょう。収納に役立つアイテムといえば、カラーボックス・衣装ケース・収納ボックスなどです。置きっぱなしにしていた衣類をケースに収納するだけでも部屋がスッキリします。小物類も収納ボックスを活用し、種類ごとにまとめて収納しましょう。種類別にまとめることで、どこに何があるのか把握しやすくなります。

2-4.整理のポイントは?

できるだけ、収納を1か所にまとめることです。いろいろな場所に収納すると管理しづらくなり、ゴチャゴチャとした印象を与えてしまいます。1か所にまとめることで自由な空間が生まれ、スペースに余裕ができるのです。また、部屋のあちこちにある「ゴチャゴチャ」「凸凹(でこぼこ)」「バラバラ」をなくしてください。たとえば、2段のカラーボックスを3個並べて使用する際、下の段に収納ケースを入れて統一します。1個のカラーボックスにだけ、上の段にも収納ケースを入れると凸凹が生まれ、ゴチャゴチャとした印象になるのでNGです。

2-5.収納を増やさないように注意する

整理整頓の際によくあるのが「収納を増やすこと」です。整理するために収納ボックスなどグッズを活用するのは構いませんが、収納を増やすために使用しないでください。なぜなら、収納スペースがあると、ものを増やす傾向があるからです。「まだ収納スペースがあるから」と不要なものを購入し、悪循環から解放されなくなってしまうので注意してくださいね。

3.部屋をキレイに保つ方法は?

部屋をキレイに保ち続けるコツを紹介します。

3-1.定位置を決める

ぜひ心がけてほしいのが、「ものの定位置を決めること」です。リビング・キッチン・トイレ・部屋などによって、使用頻度の高いアイテムがあるでしょう。たとえば、雑誌・DVD・テレビのリモコンなど定位置を決めてください。使用頻度が高いアイテムから見える場所に位置を決めていくのがポイントです。

3-2.使ったら元の位置に戻す

定位置を決めたら、使った後はその場所にすぐ戻すというクセをつけていきましょう。使用後すぐに元の位置へ戻せば、部屋が散らかることはありません。すぐに部屋が散らかる人は、「とりあえず置く」「脱ぎっぱなしにする」などの共通点があります。

3-3.床にものを置かない

散らかっている部屋は、床にたくさんのものを置いています。見える床の面積が少なくなるほど、部屋が狭く感じてしまうので、基本的にものを床に置かないようにしてください。仕事や家事で忙しく、どうしても床にものを置いてしまう方は、収納ボックスを1個用意し活用すると良いでしょう。忙しいときはそのボックスにとりあえず収納しておきます。そして、時間に余裕が生まれたときに片付ければ良いのです。

4.部屋の整理で仕分けた不用品はどうすべきか?

仕分けの際に出てきた「要らないもの」は、どのように処分すれば良いのでしょうか。主な処分方法と、それぞれのメリット・デメリットについて解説します。

4-1.自治体で処分する

一般的な方法は、自治体のゴミとして処分することです。ゴミの種類によって、「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」「粗大ゴミ」「資源ゴミ」などに分けられます。不用品の中からゴミの種類ごとに分類し、住まいの地域ルールに沿って処分してください。各地域で処分ルールが異なるため、ホームページ等で事前の確認が必要です。自治体で処分すると無料~500円程度で処分できますが、回収日・場所が決まっているので時間と手間がかかります。

4-2.不用品回収業者に依頼する

不用品が大量にある場合は、不用品回収業者への依頼をおすすめします。ほとんどの業者で出張サービスを行っており、自分たちで運搬する必要がありません。時間がない方でも、素早く処分できるでしょう。また、不用品の回収だけでなく、買取を行っている業者もあります。不用品の中には買取できるものもあるので、費用を抑えたい方はぜひ利用してください。ただし、買取不可の場合は回収費用がかかるため、無料見積もりを依頼しましょう。

4-3.買取できるもの、できないもの

基本的に、買取できるものは「状態が良いもの」「未使用品または新品に近いもの」「目立つキズや汚れがついていないもの」「正常に稼働できるもの」です。当たり前ですが、壊れていて使えないものは買い取ってもらえません。まずは、無料査定を依頼し、買取の有無と金額を確認してください。回収業者の中には、買取サービスも行なっているところがあります。回収と買取が同時に利用できるので一石二鳥です。

4-4.業者選びのポイント

業者の中には、高額な料金を請求する悪質な業者が存在しています。「追加料金を請求された」「不法投棄されていた」など、業者の間でトラブルが多発しているのです。優良業者と悪質業者を見極めるため、業者選びの際は以下のポイントに注目しましょう。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 不用品の回収実績がある
  • 回収だけでなく買取も行っている
  • 無料見積もり・無料相談を受けつけている
  • 口コミ・評判が良い
  • 料金システムが明確になっている
  • 見積書の内容が細部まで記載されている

不用品の格安片付け・高価買取を行っている「エコアース」では、電話またはホームページのフォームから無料相談を受けつけています。どのようなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

4-5.無料回収業者に要注意

「今だけ無料回収します」という謳(うた)い文句で勧誘する無料回収業者には注意が必要です。特に、トラック回収を行っている業者は、不用品をトラックに積んだ後で回収費用を請求する可能性があります。無料だから、と安易に依頼しないよう注意してくださいね。

5.部屋の整理に関してよくある質問

部屋の整理に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.整理整頓がしやすくなるコツは?
A.必要以上にものを持たない、増やさないことです。ものが増えるほど、それだけ置き場所や片付ける手間がかかります。逆に、必要最低限のものだけで生活できれば、管理しやすく生活環境を整えることができるのです。セールでつい買ってしまうという方は、衝動的になる気持ちを抑え、本当に必要なものなのか考える時間を作ってください。「今」使わないものなら必要ないものです。

Q.ゴチャゴチャした部屋をスッキリさせるポイントは?
A.色を統一させることが、スッキリとした部屋に見せるポイントの1つです。たくさんのもので散らかっている部屋は、色とりどりカラフルな状態でしょう。いろいろな色があちこちにあると、ゴチャゴチャとした印象を与えがちです。整理整頓の際に、カーテン・壁・床など大きい面積の色に合わせて、家具やインテリアの色を統一させましょう。

Q.部屋を整理整頓しないとどうなるのか?
A.気持ちが落ち着かず、イライラしやすくなります。自分の家なのに安らぎを感じず、不安定な生活を送るようになるでしょう。また、不要なもののまわりには、さらに不要なものが増えていきます。何から整理すれば良いのか優先順位がつけられずに、大事なものが分からなくなるのです。

Q.仕分けで悩んだときはどうすべきか?
A.「一時保管ボックス」を用意してください。捨てるべきか取っておくべきか悩んだものを、一時的にそのボックスに入れておきます。そして、ある程度仕分けを終えた後で、もう1度考えましょう。改めて考えることで、自分にとって本当に必要なものか見極めやすくなります。

Q.不用品の処分費用を抑えるコツは?
A.不用品回収業者の買取サービスを利用することです。自分では売れないと思っていたものでも、買取対象になる可能性があります。買取アイテムが増えるほど処分費用が少なくなり、節約できるというわけです。また、不用品をまとめて処分するのも方法の1つとなります。まとめて処分することで、1点ずつ処分するよりも安く済ませることができるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 「整理整頓が苦手だから」「自分でするのは無理」とネガティブに考える必要はありません。部屋の整理に苦手意識を持っている人でも、整理術のポイントを押さえておけば、簡単に部屋をキレイにすることができます。大切なのは、苦手意識を持っている自分自身と向き合うことなのです。向き合いながら整理のポイントを知り、部屋をキレイにしていきましょう。そうすれば、自然と片付けが楽しくなりますよ。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス