遺品整理を開始するタイミングはいつ?時期についてポイントをつかもう!


遺品整理亡くなった人の思いがこもっているいる「遺品」は大切に整理していかなければなりません。上手に遺品整理をするため、知らなければならないことがたくさんありますよ。遺品整理を開始するタイミングや遺品整理を上手にするポイント、業者に依頼する際の注意点について詳しく説明しましょう。

親の遺品整理を予定している人は、必ず確認してください。遺品整理の時期をつかみ、上手に進めていきましょう。

  1. 遺品整理を開始するタイミング
  2. 遺品整理を上手にするポイント
  3. 業者に依頼する際の注意点

1.遺品整理を開始するタイミング

遺品整理を開始するタイミングはそれぞれの状況によって異なりますが、ベストな時期があります。遺品整理を開始するタイミングを自分で状況を見ながら把握していきましょう。

1‐1.心の整理をつけてから遺品整理する

親と子の絆はとても深いものです。大切に思っていた親が亡くなると深い悲しみに包まれるでしょう。「早く遺品整理をしたいけれども…」と心の整理ができずにいるのです。心の整理がつかないまま遺品整理をすると、気持ちがバラバラになってしまいます。遺品整理はハッキリとこの日までにしなければならないという決まりはありません。自分たちのペースで整理をすることが大切です。

故人への悲しみのあまり、遺品整理をするほど心の余裕がないでしょう。決して焦らず、まずは心の整理をつけてから遺品整理をしてくださいね。しかし、あまり遺品整理するまでの時間が長引くのもダメですよ。しっかり心の整理をつけた後、遺品整理をしていきましょう。

1‐2.「49日」を目安に遺品整理をする

遺品整理を開始するタイミングの1つとして、「49日」を目安にすると良いでしょう。遺品整理は自分のペースで始めて良いです。できれば親族同士が集まる機会のほうが効率的になります。なぜなら、形見わけをしなければならないからです。形見わけがスムーズにできるのは、親族同士が集まりやすい「49日」を目安にしてください。

お通夜、葬式はバタバタしているのでなかなか遺品整理ができないでしょう。しかし、気持ちがある程度整理でき、親族同士で話し合いができる49日はまさにぴったりです。実際、49日の供養を機会に遺品整理を開始する家庭も増えてきています。大切な思いが詰まっている遺品を上手に整理していきましょう。

1‐3.すべてのことが落ち着いた後遺品整理をする

大切な親が亡くなると、いろいろしなければならないことがたくさんあります。そのため、すべてのことが落ち着いた後、遺品整理をするのも1つの方法です。親族間での遺産相続や遺言書、親が住んでいた家の売却など、遺品整理よりも先にやらなければならないことがあります。遺品整理をするタイミングは、先にやらねばならないことをすべて終わった後にすると良いでしょう。

スムーズに遺品整理をするためにも、先にやるべき優先順位をつけてください。優先順位をつけることで、少しずつクリアしていけるでしょう。ごちゃごちゃになりそうで混乱してしまいがちな人は、ぜひメモをして整理してくださいね。

遺品整理は四十九日を目安に行うんですね。
はい。賃貸物件で退去期限が迫っていない限り、時間をかけて行いましょう。

2.遺品整理を上手にするポイント

2‐1.「遺言書」の内容どおりに形見わけをする

遺品整理において大切なポイントは、「遺言書」があるかどうかです。遺言書の有無によって遺品整理の方法が大きく異なるでしょう。遺言書がある場合は、遺言書の内容どおりに形見わけ、遺品整理を進めていかなければなりません。法に効力のある遺言書は無視できないのです。無視してしまえば法律違反になるので注意してくださいね。遺言書の内容どおり、親族同士で形見わけをすることがベストです。

もし、遺言書がない場合は、親族間で必ず話し合ってください。話し合うことがとても大切になりますよ。遺言書があっても親族間で遺品整理のスケジュールを立てるのがポイントです。遺品を適切な人へ形見わけをしていきましょう。遺族だけでなく、友人や知人などにわけなければなりません。

2‐2.親族間でのコミュニケーションをとる

遺品整理においてよくあるのが親族とのトラブルです。特に、金銭トラブルには気をつけておかなければなりません。遺品の中には宝石やブランド、骨董品などの高価なものがあるでしょう。とても高価なものなので、誰でも自分のものにしたいですよね。以上の高価なものは、できるだけ早めに把握しておかなければなりません。

親族間でのトラブルを避けるため、コミュニケーションを積極的にとってください。「早く遺品整理しなければならない」という気持ちから慌てて実行してはいけませんよ。慌ててしまえば自分が好きなものばかり遺品を選んでしまい、親族間のトラブルへと発展してしまいます。このように、しっかりコミュニケーションをとっていき、遺品整理を進めてくださいね。

遺族間でコミュニケーションを取りながら行うことが大切なんですね。
はい。そうすればトラブルを防ぐことができます。

3.業者に依頼する際の注意点

3‐1.遺品整理サービスを利用する

親と離れて生活している場合、なかなかスムーズに遺品整理ができません。また、何日経過してもなかなか心の整理ができないケースもあります。なかなか整理できないとき、「遺品整理サービス」を利用するのも1つの方法ですよ。遺品整理サービスは、業者によって内容が異なります。どこからどこまで整理をするのか、不用品は処分してくれるのかなど内容によって料金も変わるでしょう。

そのため、自分の状況・都合に合った遺品整理サービスを利用していかなければなりません。遺品整理サービスの利用も1つの手段として考えると良いですよ。ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

3‐2.「見積もり」をしっかりチェックする

業者に依頼する際の注意点として、遺品整理サービスの「見積もり」をしっかりチェックしてください。優良業者と悪質業者を見極めるためにも「見積もり」の確認は必要不可欠です。何も確認しないまま業者に依頼するのは危険だと思いましょう。業者の中には「見積もり」を高くしている悪徳業者もいるのです。後悔しないためにも、業者へ依頼する前に必ず「見積もり」を確認してください。

見積もりの内容に不備がある場合は、すぐに業者へ尋ねることが大切ですよ。業者に尋ねたとき、丁寧に説明してくれる業者なら安心できるでしょう。しかし、業者があやふやに答えるなら非常に危険です。悪徳業者を選ばないためにも「見積もり」をしっかりチェックしてくださいね。

業者に遺品整理を依頼することもできるんですね。
はい。遺族だけでは遺品整理が難しいときは利用してみましょう。

まとめ

遺品整理を開始するタイミングや遺品整理を上手にするポイント、業者に依頼する際の注意点について説明しました。遺品整理は故人への思いを整理するための大切な行為になります。失敗しないためにも、遺品整理を上手にしていきましょう。事前にしっかりポイントや知識を身につけておけば、納得いく形で形見わけができますよ。自分たちの状況を考えつつ、適切な日に遺品整理を開始してくださいね。

  • 心の整理をつけてから遺品整理をする
  • 「49日」を目安に遺品整理をする
  • すべてのことが落ち着いた後遺品整理をする
  • 「遺言書」の内容どおりに形見わけをする
  • 親族間でのコミュニケーションを大切にする
  • 遺品整理サービスを利用する
  • 「見積もり」をしっかりチェックする

以上のポイントはぜひ押さえておいてください。親族間でのトラブルを未然に防ぐためにも、コミュニケーションを積極的にとっていきましょう。トラブルはあなたのやり方しだいで防止できますよ。スムーズに整理するためポイントをつかんでくださいね。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス