ゴミの捨て方 一覧

蛍光灯の処分方法をチェック! 家庭からのものと産業廃棄物の違い

蛍光灯(けいこうとう)は、室内を明るくする光源の1種です。ほとんどの場所で使用されており、蛍光灯は私たちの生活に必要不可欠なものとなっています。ただし、ずっと使い続けられるわけではありません。交換の際、要らなくなった蛍光灯はどのように処分すべきか、悩む方が多いでしょう。蛍光灯には水銀という有害物質が含まれているため、誤った方法で処分すると健康被害や環境汚染につながるおそれがあります。正しく処分するためにも、知識を身につけることが大切です。本記事では、蛍光灯の基礎知識から処分の注意点・正しい処分方法について解説します。

  1. 蛍光灯の基礎知識
  2. 蛍光灯の処分の注意点は?
  3. 蛍光灯の処分方法
  4. 蛍光灯の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、蛍光灯を正しく処分する方法と注意点が分かります。悩んでいる方や知りたい方は、ぜひチェックしてください。

続きを読む



不用品処分はリサイクルで! 回収業者を利用するメリットと方法とは?

不用品はリサイクルに出して処分するべきです。どの家庭にも不用品はあるでしょう。「捨て方が分からない」「手間がかかるので面倒」という理由で放置している人も少なくないはずです。確かに、不用品は種類によって捨て方が異なります。その中にはリサイクルできるものも多く、場合によってはお得に処分できることをご存じでしょうか? この記事では、不用品をリサイクルする方法や注意点などをまとめてご紹介します。

  1. 不用品のリサイクルについて
  2. 不用品リサイクルの注意点
  3. 不用品リサイクルのさまざまな方法
  4. 不用品リサイクルの業者選び
  5. 不用品のリサイクルに関するよくある質問

この記事を読むことで、不用品のリサイクルについて分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

続きを読む



不要になったスプレー缶の正しい捨て方 3つの注意点を守りましょう!

スプレー缶使い終わった消臭スプレーや殺虫剤の缶。どのように処分しようかお困りではありませんか?スプレー缶を適当に処分すると非常に危険です。
スプレー缶が指定された方法で処分されなかったために缶が破裂して清掃員が怪我をした、という事例も報告されています。
ですから、いらなくなったスプレー缶を処分する時には正しい方法で処分するように心がけましょう。

スプレー缶は自治体で処分することもできますし、他の不用品と一緒に不用品回収業者に回収して貰うこともできます。しかしながら、どのような方法で処分するにしても守らなければならない注意点があるのです。

スプレー缶を処分するときにはどのようなことに注意する必要があるのでしょうか?
そこで本日はスプレー缶の正しい捨て方を3つご紹介します。いらないくなったスプレー缶を安全に捨てるためにお役立てください。

続きを読む