遺品整理の手順と流れを知ろう! スムーズに部屋を片付けるポイント


「遺品整理をしたいけど、どのように進めたら良いのか分からない」など、遺品整理の手順で悩んでいる方が多いのではないでしょうか。遺品整理は、故人が残した品を整理・処分することです。中には、故人との思い出が詰まっているものもあるため、気持ちの整理ができずに遺品整理がなかなか進まないケースがあります。ただし、いつまでも故人のものを整理しないわけにはいきません。スムーズに遺品整理を進めるためには、事前に手順と流れを把握することが大切です。本記事では、遺品整理の手順とポイント・注意点・遺品整理業者について解説します。

  1. 遺品整理の手順は?
  2. 遺品整理の方法とポイント
  3. 遺品整理の注意点
  4. 遺品整理業者に依頼する場合
  5. 遺品整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理の手順とポイントが分かります。遺品整理をしたい方は、ぜひ参考にしてください。

1.遺品整理の手順は?

遺品が多ければ多いほど遺品整理に時間がかかりますが、手順を押さえておけばスムーズに整理ができます。最初にすべきことと、主な手順をチェックしておきましょう。

1-1.最初にすべきこと

最初にすべきことは、「事前準備」と「作業スケジュールを決めること」です。それぞれの内容について具体的に解説します。

1-1-1.遺品整理の事前準備

親族など自分たちで遺品整理を行う場合は、事前準備が必要です。遺品整理をする前は、以下のものを準備してください。

  • ゴミ袋・ダンボール箱・梱包(こんぽう)ロープなど
  • ドライバー・ペンチなどの道具類
  • 作業用手袋・作業服・マスク
  • トラック・ワゴン車などの運送車
  • 手押し台車

遺品整理の基本は、遺品を「要るもの」と「要らないもの」に分けることです。要るものは親族内で形見分けをしたり保管したりすることになります。それ以外のものはリサイクル・廃棄処分という形で片付けることになるでしょう。そのため、「要らないもの」と「要るもの」を仕分けるための道具類が必要なのです。

1-1-2.作業スケジュールを決める

遺品整理をいつから始め、完了日をいつにするか作業スケジュールを決めてください。事前に、スケジュールを決めておけば、ダラダラと長引く心配がいりません。もし、故人が賃貸物件に暮らしていた場合は、作業が完全に終わるまで家賃を支払う必要があります。遺品の量を把握し何日で整理できるのか考えてから、貸し主と退去日を相談してください。

1-2.主な手順をチェック!

遺品整理の主な手順は、以下の5つの段階に大きく分かれます。

  1. 「要るもの」と「要らないもの」に仕分けし、思い出のものや必要なものは確保する
  2. 要らないものの中から、リサイクル・資源再利用可能なものを分ける
  3. 残った不要なものを、燃えないゴミ・燃えるゴミ・粗大ゴミなどに分別する
  4. 分別したゴミを処分する
  5. 部屋の各種手続きと処理を済ませる(退去・売却の手続きなど)

以上の流れに沿って遺品整理を行えば、スムーズに部屋を片付けることができるでしょう。ただし、遺品の量が多い場合は、親族で力を合わせたり時間を十分に確保したりしなければなりません。自分たちで遺品整理ができないなら、業者へ依頼するのも選択肢の1つでしょう。

2.遺品整理の方法とポイント

遺品整理を手順どおりに進めるためには、始めるタイミングが重要です。ここでは、遺品整理を始めるタイミングとポイントについて解説します。

2-1.いつやるべきか?

一般的に、通夜・葬式の慌ただしさが落ち着き、親族が集まりやすい「四十九日」に遺品整理を行うケースがほとんどです。法要に合わせて行えば、親族全員で話し合いながら形見分けを行うことができます。ただし、賃貸物件の場合は、賃貸契約の期限となる月末まで遺品整理を終わらせることが多いのです。月末を過ぎると次のひと月分の家賃を支払わなければならないため、費用がかさみます。遺品整理の費用を抑えるために、できるだけ早めに行ったほうが良いでしょう。

2-2.遺品整理のポイント

ここでは、遺品整理の5つの段階に沿って、それぞれのポイントを解説します。

2-2-1.「要るもの」と「要らないもの」の分別

遺品整理で最も大切なポイントは、遺品の仕分けです。大型家具・電化製品・食器・衣類・布団など、遺品にはさまざまなものがあります。まずは、遺品の中から貴重品と重要なもの(形見の品など)を分けてください。形見分けをした後は、要らないものが残ると思います。ただし、形見と感じる品は人によって違うため、家族・親族の判断が必要です。

2-2-2.リサイクル・資源可能なものを別にする

必要なものと不要なものに仕分けをした後は、要らないものの中からリサイクル・資源再利用が可能なものを分けていきましょう。具体的には、テレビ・エアコン・冷蔵庫・パソコンなどの電化製品、家具類、新聞・雑誌など古紙、衣類があります。まだ、使用できる新しいものなら高値で買い取ってもらえる可能性があるのです。処分せずにリサイクルを徹底すれば、費用削減にもつながります。

2-2-3.ゴミの分別

必要なものとリサイクル品を分別した後、手元には「要らないもの」が残るはずです。今後使わないものなので、不用品すべてを処分してください。処分するためには、燃えるゴミ・燃えないゴミ・粗大ゴミなど分別しなければなりません。何がどのゴミになるのかは、各自治体で異なるのでホームページ等で確認しておきましょう。

2-2-4.不用品の処分

分別を終えた後は、それぞれの処分ルールに基づいて処分します。自治体が回収しないものに関しては、不用品回収業者へ依頼しましょう。ゴミの処分方法に関しては、後ほど【3-1.主な処分方法】で説明するのでぜひチェックしてください。

2-2-5.退去・売却など各種手続き

賃貸住宅の場合は、部屋の中の遺品をすべて片付いたら原状回復を行い退去手続きを済ませます。退去手続きは、不動産会社または大家に連絡しましょう。持ち家を手放す場合は、不動産会社に相談します。売却か賃貸するか迷うときも、不動産会社に相談して決めると良いでしょう。

3.遺品整理の注意点

遺品整理の注意点を把握しておけば、段取り良く進められるでしょう。事前に注意しておきたいポイントをいくつかピックアップしてみました。

3-1.主な処分方法

不用品の主な処分方法は、自治体による回収です。各自治体によって、ゴミの分類とそれぞれの処分ルールが異なるので注意しなければなりません。たとえば、粗大ゴミを処分する際は、事前の申し込みが必要なところがあります。戸別回収か、直接持ち込むのか方法も変わるので注意が必要です。ゴミの分類と処分に関しては、自治体のホームページや掲示板をチェックしましょう。

3-2.高価なもの、仏具は?

高価な着物・アクセサリーやジュエリー類など高価なものは、形見分けを行うケースがほとんどです。手元に残った場合は、業者へ査定を依頼すると良いでしょう。遺品は処分だけでなく、「買い取り」も利用できます。思いも寄らない高値で売れる可能性もあるので、1度査定を依頼してください。
仏壇・位牌(いはい)など仏具類が継承できないときは、処分を考えるでしょう。けれども、一般の不用品と一緒にゴミとして捨てるわけにはいきません。なぜなら、仏壇・位牌には先祖の魂が入っているからです。処分前に、魂・お性根抜きなどの儀式を済ませる必要があります。お世話になっているお寺または仏具類を扱っている店舗で儀式が受けられるか、相談してください。

3-3.個人情報の流出に注意!

遺品整理で注意しておきたいのが、個人情報の流出です。たとえば、名前や住所などが記載されている公共料金のお知らせや、パスポート・健康保険証・クレジットカードなどがあります。特に、注意してほしいのがパソコン・スマホ関連の「デジタル遺品」です。利用者が増加しているパソコンやスマホの中にも、個人情報が含まれています。データをきちんと削除せずにリサイクルすると、個人情報が流出し悪用される危険があるでしょう。流出防止のために、データを完全消去してください。

4.遺品整理業者に依頼する場合

自分たちで遺品整理ができない場合は、専門業者へ依頼する方法があります。安心して依頼するためにも、遺品整理業者へ依頼する際のポイントを押さえておきましょう。

4-1.業者へ依頼するメリット

遠方に住んでいる方は、休みの日に家へ行き遺品整理を進めなければなりません。距離が離れるほど移動時間がかかり、交通費もかかってしまいます。仕事をしている方にとっては、時間がないと遺品整理が疎(おろそ)かになりがちです。そんなときこそ、業者へ依頼してください。遺品整理業者は、遺品整理のプロなので丁寧かつ迅速に片付けます。時間と手間がかからず、すぐ片付けられるのが大きなメリットと言えるでしょう。

4-2.業者の選び方

遺品整理を業者へ依頼するケースが増えているため、遺品整理業者の需要が高まり、悪質な業者も増えてきました。悪徳業者に引っかからないためには、慎重に業者を選ぶことが大切です。主に、以下のポイントに注目して選んでください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 遺品整理の実績がある
  • サービス内容が充実している
  • 低費用かつ高品質なサービスが受けられる
  • 不用品の処分だけでなく、買い取りも行っている
  • 機密情報処理サービスを行っている
  • 無料見積もり・無料相談を受けつけている
  • 口コミ・評判が良い

4-3.料金相場はいくら?

業者選びの際は、料金体系が明確になっているかも要チェックです。遺品整理にかかる費用は、遺品の量・部屋の広さなどで異なりますが、主に「定額プラン」と「個別プラン」の2つがあります。不用品が多い場合は、まとめて処分できる定額プランがおすすめです。量が少ない場合は、個別プランを利用しましょう。定額プランは広さによって数万円~、個別プランの場合は品によって約3,000円~となります。具体的な費用は、業者へ無料見積もりを依頼してください。

4-4.依頼から整理の流れ

業者への依頼から整理完了までの流れは、以下のとおりです。

  1. 業者のホームページまたは電話で無料見積もりを依頼する
  2. 予約日時に現場確認を行った後、具体的なプランと見積もりを確認する
  3. 内容に納得すれば契約を交わし、作業日時を決める
  4. 業者スタッフが数人やってきて、遺品整理作業が開始
  5. 作業完了後、スタッフと一緒に確認し料金を支払い完了

4-5.注意点

「後で見積書になかった追加料金を請求された」「処分してほしくないものまで捨てられた」など、業者との間でトラブルが起きています。悪質業者に引っかからないために、業者を複数比較し慎重に選びましょう。少しでも不安要素があれば、不安を解消することができるまで依頼しないでください。

5.遺品整理に関してよくある質問

遺品整理に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.遺品整理でよくあるトラブルは?
A.親族間でのトラブルです。よくあるのが、勝手に遺品整理を進めて、平等に形見分けができなかったことでしょう。遺品の中には、貴重品など価値あるものもあるため、必ず親族に遺品整理の旨を伝えなければなりません。自分勝手に遺品整理を始めると、後で親族間での揉めごとに発展するおそれがあるので注意してくださいね。

Q.自治体で処分できないものはどうすべきか?
A.テレビ・洗濯機(乾燥機)・冷蔵庫(冷凍庫)・エアコンは、家電リサイクル法の対象品目なので自治体で処分できません。これらは、自治体の指定回収業者へ依頼するか、「一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター」を利用してください。

Q.買い取ってもらえるものは、どんなもの?
A.基本的に、動作確認ができ古いものでなければ買い取りしてもらえるケースがほとんどです。ただし、販売年月日から3~5年以上経過した家電製品は、動作確認ができても買い取り不可となる可能性があります。また、貴重品・アクセサリー類など高価なものほど高く売れるでしょう。

Q.デジタル遺品のデータ消去法は?
A.パソコンの場合は、ハードディスクを物理的に破壊するか、専用ソフトで消去する方法のどちらかです。スマホの場合は、機種によって異なるので携帯会社に尋ねて消去してください。消去法が分からない場合は、業者のデータ消去サービスを利用するのも選択肢の1つですよ。

Q.費用削減のポイントは?
A.不用品を処分するだけでなく、買い取りも選択肢に入れることです。買い取ってもらえれば、その分だけ処分費用を抑えることができます。遺品整理業者へ依頼する際は、不用品の処分と買い取りを一緒に行っているところを選びましょう。「エコアース」では不用品の処分と買い取りサービスを行っているので、ぜひ1度お問い合わせください。

まとめ

いかがでしたか? 遺品整理は、大まかな作業スケジュールを決め、「要るもの」と「要らないもの」の仕分けからスタートします。賃貸住宅の場合は退去しなければならないため、早めに遺品整理をしたほうが良いでしょう。「四十九日」など法要を機に遺品整理を行うケースがほとんどです。遺品整理を行う前に、親族へその旨を伝え、形見分けをしてください。そして、要らないものはまとめて処分しましょう。自分たちで整理するのが困難な場合は、プロの遺品整理業者へ依頼するのも方法の1つです。ぜひ手順とポイントをつかんで、上手に遺品整理を進めてください。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス