仏像を処分する方法を知りたい。どこに依頼すればいいの?


親や兄妹が守ってきた仏壇が遺品となったが、管理しきれないので処分したい。でも、処分方法が分からずに悩んでいる。このような人はいませんか? 仏壇や仏像をはじめとする宗教用具は不要になったからといって、ほかの不用品同様に捨てることに抵抗があるものです。
そこで、今回は仏像や仏壇の処分方法をご紹介しましょう。

  1. 仏像の種類や処分する際の注意点
  2. 仏像の処分方法
  3. 不用品回収業者を利用する場合
  4. 不用品回収業者を利用する際の注意点
  5. 仏像の処分に関するよくある質問

この記事を読めば、仏像をはじめとする宗教用具の処分方法に悩むことはありません。仏像や仏壇の処分に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.仏像の種類や処分する際の注意点

はじめに、仏像の種類や処分する際の注意点を紹介します。どのようなとき、仏像の処分が必要になるのでしょうか?

1-1.仏像の種類

仏像とは、仏様の姿をかたどった像のことです。金属・木・陶器などさまざまな素材で作られています。また、仏画といって仏様の姿を描いた絵を掛け軸などにしている場合もあるでしょう。仏像の多くは仏壇に収められていますが、ご家庭によっては仏像だけを祀(まつ)っていることもあります。この場合、御本尊1体だけのこともあれば、脇侍といってお供の仏様の像まであるものもあるでしょう。
このほか、古美術品として仏像を所有している場合や、海外旅行のお土産として仏像をもらったというケースもあります。

1-2.仏像を処分しなければならない時とは?

家に仏壇があるという場合、ひと昔前までは家を継いだ人が仏壇も引き継いで先祖供養をするのが一般的でした。しかし、今はさまざまな理由で仏壇を引き継げないという人も増えています。そのため、仏壇を管理していた人が亡くなった際、引き取り手がおらずに仏壇ごと仏像を処分することも多くなりました。また、故人が趣味で仏像を集めていた場合なども、受け継ぐ人がおらずに処分することもあるでしょう。

1-3.仏像を処分する際の注意点

仏壇や仏像を処分する場合は、必ず遺族全員の同意を得ることが大切です。先祖を祀(まつ)ってきた仏壇を、心のよりどころとしている人もいるでしょう。誰かの一存で処分してしまうと、遺族間で争いが起きることもあります。また、古美術品として仏像を収集していた場合、それが高値で売却できればお金の配分を巡って争いが起こることもあるでしょう。ですから、故人が古美術品として仏像を集めており、引き取り手がいない場合は売却したお金を遺産として分配することも考えてください。

2.仏像の処分方法

この項では、仏像の処分方法について解説します。どのような処分方法があるのでしょうか?

2-1.処分する前にやっておくこと

祀(まつ)ってある仏像を処分したい場合は、菩提寺(ぼだいじ)に依頼して閉眼供養(へいがんくよう、おしょうねぬきとも言う)をしてもらいましょう。閉眼供養とは、仏像から魂を抜く供養のことです。菩提寺がない、もしくは遠いという場合は仏像や仏壇を購入した仏具店に相談すればお寺を紹介してもらることもあります。また、閉眼供養を行う専門の業者もありますので、インターネットで最寄りの業者を検索し、依頼してもいいでしょう。

2-2.古美術品としての仏像を処分する場合

古美術品としての仏像は、信仰対象ではなく美術品として扱われます。骨董商(こっとうしょう)や美術商に相談すれば、査定してもらえるので売却してもいいでしょう。また、仏画も同様に美術品として扱われている場合は、美術商に連絡して査定し、売却してください。

2-3.閉眼供養が終わった仏像の処分方法

閉眼供養が終わった仏像は、ゴミとして処分することもできます。しかし、ゴミ捨て場に捨てるには抵抗があるという人もいるでしょう。その場合は、

  • 菩提寺や仏像の供養を引き受けているお寺に引き取ってもらう
  • 仏像の引き取りを行っている仏具店に引き取ってもらう
  • 仏像や仏具を引き取って供養する専門業者に引き取ってもらう

以上のような方法があります。費用は仏像だけなら数千円、仏壇ごと処分して欲しい場合は数万円~が相場です。閉眼供養を依頼する際、「仏像や仏壇はどうしますか?」と聞かれることもあるので、相談に乗ってもらってもいいでしょう。

2-4.注意点

菩提寺が遠いという場合、仏像だけならば郵送することもできます。しかし、仏壇も供養したいという場合は近場の仏具店や専門業者に依頼した方がおすすめです。また、菩提寺に閉眼供養や仏像の引き取りを申し出ると、「御布施はお気持ちで」と言われることもあるでしょう。この場合は、仏具店などに引き取ってもらうのと同額を包んでください。

3.不用品回収業者を利用する場合

不用品回収業者とは、家庭や企業から出る不用品を回収してくれる業者です。自治体のゴミ回収ルールが厳しくなるにつれ、需要が増え、業者数も多くなりました。

  • 菩提寺が遠く、懇意にしている仏具店もない
  • 菩提寺が仏壇や仏像の引き取りを行っていない

という場合は、利用すると便利です。不用品回収業者の中には、遺品整理を業務の一環として行っている業者もあります。このような業者には、「遺品整理士」という民間資格を持っている従業員が所属しているところもあり、遺品の扱いも心得ているのです。ですから、閉眼供養をした仏像や仏壇を処分したいという場合は、遺品整理も行っている不用品回収業者を利用しましょう。

4.不用品回収業者を利用する際の注意点

不用品回収業者の中には、不当に高い回収料金を請求する業者もあります。不用品の回収料金は業者によって異なりますが、仏像と仏壇の両方を回収してもらったとしても、仏具店の回収料金に比べて極端に高いということはありません。優良な業者ならば、まず見積もりを正確に作ってくれます。逆に、見積もりがいいかげんな業者は利用しない方がいいでしょう。最近は、口コミサイトでも業者の評判を調べることができます。

5.仏像の処分に関するよくある質問

Q.どうしても仏像を自治体にゴミとして回収を依頼したい場合、どうすればいいでしょうか?
A.仏像の素材によって何ゴミに該当するか異なります。木製の場合は可燃ゴミ、陶器や金属の場合は不燃ゴミが一般的です。石像の場合は、自治体で引き取れないこともあります。分からないことがある場合は、自治体の担当部署に問い合わせてみましょう。

Q.仏具屋で買った仏像や仏壇は売却することはできますか?
A.古美術品以外の仏像や仏具は、ほとんど買い手がつきません。

Q.位牌・遺影なども一緒に処分したいのですがどうしたらいいでしょうか?
A.菩提寺や仏具店がまとめて引き取ってくれる場合もあります。不用品業者も依頼すれば引き取ってくれるでしょう。

Q.新興宗教の仏像を処分したい場合はどうすればいいですか?
A.教団に引き取ってもらうなどしてもらってください。

Q.神社に仏像を引き取ってもらうことはできませんか?
A.神社は神様をお祀りする場所であり、仏像の供養は行っていないところがほとんどです。

6.おわりに

いかがでしたか? 今回は仏像の供養について解説しました。長年お祀りしていた仏像や仏壇の処分は、とても苦労します。しかし、今は相談できる先も増えてきました。ひとりで悩むよりは、菩提寺がある場合はまずそこへ相談しましょう。最近は、「どなたでも仏像や仏壇の処分をご相談ください」という仏具店もあります。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス