植木鉢の処分方法を知りたい! 効率的な捨て方はコレ!!


植木鉢やプランターは、ガーデニングをするうえで欠かせない道具です。何十個も所有している、という人も珍しくないでしょう。その一方で、「山のような植木鉢の処分に困っている」という人もいると思います。植木鉢は材質もいろいろあり、自治体によって捨て方も異なるのです。
そこで、今回は植木鉢の捨て方を紹介しましょう。

  1. 植木鉢の処分に悩みやすい理由
  2. 植木鉢の処分方法
  3. 不用品回収業者を利用する際の注意点
  4. 植木鉢の処分に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、植木鉢の処分方法に頭を悩ますことはありません。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.植木鉢の処分に悩みやすい理由

植木鉢は、陶器・プラスチック・金属と色々な種類があります。素材によって捨て方が異なるので、植木鉢がたくさんあるほど処分にも手間がかかるでしょう。また、植木鉢がからの状態ならばまだ捨てやすいのですが、土や植物が入っているとさらに厄介です。今は、園芸用の土でもむやみに捨てることはできません。自治体が回収してくれなければ、ホームセンターなどで引き取ってもらう必要があります。土だけが入った植木鉢がたくさんあるという場合が、最も処分が大変です。

2.植木鉢の処分方法

この項では、植木鉢の処分方法を解説します。ぜひ、参考にしてください。

2-1.自治体に回収を依頼する方法

前述したように、植木鉢は陶器・プラスチック・金属と色々な種類があります。自治体に回収を依頼したい場合は、捨てたい植木鉢が何ゴミにあたるかをまずは確かめましょう。植木鉢に大きさによっては、粗大ゴミになることもあります。粗大ゴミの場合は、回収料がかかることもあるので、定められた方法で料金を払っておきましょう。
なお、土は回収している自治体としていない自治体があります。土を回収してもらえる場合は、回収方法を必ず確かめてから土をゴミとして出しましょう。自治体で土を回収していない場合は、ホームセンターなどに引き取ってもらってください。公園などへむやみに捨ててはいけません。

2-2.人に譲る方法

植木鉢は、骨董品のごく一部を除き、中古品の需要はほとんどありません。リサイクルショップに持ち込んでも、ほとんど値段はつかないでしょう。しかし、「中古でもいいので格安、もしくは無料で植木鉢がほしい」という人は意外と多いのです。そこで、自治体の掲示板やミニコミ誌の「あげます・譲ります」コーナーを利用してみましょう。貰い手がつく場合もあります。
また、インターネットオークションに不要な植木鉢を出品しても、落札されることがあるでしょう。ただし、あまり大きい植木鉢はこん包や発送が大変です。遠方の人が落札することを考え、発送方法などを事前に確認してから出品しましょう。

2-3.寄付する

学校や幼稚園・福祉施設などでは、花を育てるためにプランターや植木鉢をたくさん使っているところもあります。施設によっては、植木鉢を寄付すると喜ばれるところもあるでしょう。ホームページで寄付を呼びかけているところもあるので、インターネットで検索してみてもいいですね。ただし、寄付をしたい場合は、必ず事前に連絡をしたうえで行いましょう。いきなり植木鉢を送ってはいけません。

2-4.不用品回収業者を利用する

植木鉢が100個以上あって処分に困っている場合や、植木鉢以外にもたくさんの不用品があって処分に困っている場合は、不用品回収業者を利用してみましょう。不用品回収業者とは、有料で家庭や企業から出た不用品を回収してくれる業者です。早ければ依頼を出したその日のうちに見積もりを出して、回収に来てくれます。ですから、引っ越し直前など「今すぐ不用品を回収してほしい」というときには、とても便利です。

3.不用品回収業者を利用する際の注意点

不用品回収業者は、需要の高まりとともに増加傾向にあります。その一方で、不当に高い回収料を請求するなどのトラブルも増加中なので、注意が必要です。悪徳業者は、しつこいセールスの電話をかけてきたり、盛んに無料回収や格安回収を強調します。特に、電話で何度もセールスをしてくる業者には気をつけましょう。依頼をしたら、貴金属や宝石を不当に安い値段で無理やり買い取られたというトラブルも多数報告されています。優良な業者は、見積もりを正確に出し、追加料金が発生した場合はきちんと説明をしてくれるはずです。見積もりも出さず、いきなり契約を結ぶように迫ってくる業者は利用しないほうがいいでしょう。最近は、口コミサイトなどでも不用品回収業者の評判を知ることができます。ぜひ、利用してみましょう。

4.植木鉢の処分に関するよくある質問

Q.割れた植木鉢なども、自治体に回収を依頼できますか?
A.はい。割れた植木鉢なども回収してもらえますが、作業員がケガをしないように注意しましょう。

Q.素焼きの植木鉢は、割って埋めておくと土にかえると聞きました。
A.確かに、素焼きの植木鉢はかつてそのような方法で処分されていた時期もあったのですが、土にかえるまでは時間がかかるので、自治体などに回収してもらいましょう。

Q.植木鉢ごと土を捨てることはできませんか?
A.そのようなことをすると、回収作業員の迷惑になります。必ず分別して捨てましょう。

Q.植木鉢の中で、価値があるものはなんですか?
A.ごくまれにですが、100年以上前の植木鉢は骨董品(こっとうひん)としての価値がつくことがります。

Q.植木鉢はなにかに再利用できるでしょうか?
A.大きな植木鉢は、傘立てなどに再利用できることもありますが、ほとんどは植木鉢以外に使い道はありません。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は、植木鉢の処分方法について解説しました。植木鉢以外にも言えることですが、ものを貯めてしまうと、後始末が大変になります。植木鉢は決して高いものではありません。不用になったら捨て、新しいものを新たに買いなおすくらいでちょうどいいでしょう。プラスチックの植木鉢ならば数百円で手に入ります。また、土の捨て方も考えて鉢植えを買いましょう。都市部では、土を捨てるのも大変というところが珍しくありません。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス