オーディオは中古でも買取可能! 中古販売でも需要があるものは?


家庭にあるオーディオは、音楽や映画に迫力のある音を与えてくれますよね。高品質なオーディオは、内蔵されているステレオスピーカーが音をより鮮明にし、響きをよくしてくれるものです。長く使っている方が多く、古くなって買い替えを考えることもあるでしょう。
「オーディオは買取できる?」「中古でも人気のあるオーディオが知りたい」といった、買取にかんする疑問、とてもよく理解できます。オーディオには高価なものもあり、せっかくの品を捨てて無駄にすることはできませんよね。とはいえ、買取について知らない方は多いです。処分を考えている方は、買取の仕組みや人気があるものを知っておきましょう。

  1. オーディオの買取について
  2. 買取ニーズが高いオーディオとは? 
  3. オーディオ買取の仕組みを学ぼう
  4. オーディオ買取業者にかんする知識
  5. オーディオ買取でよくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、損をしないオーディオ買取を利用できます。大事に使ってきたものゆえ、売って失敗したと思いたくないですよね。しっかり情報収集し、納得できる買取業者を利用しましょう。

1.オーディオの買取について

オーディオを持っている方は、買取にかんする知識を頭に入れておきましょう。種類も豊富ですから、オーディオとはどのようなものかを知ることが大切です。

1-1.そもそもオーディオはどんなものを指す? 

音楽再生や映画などの音響に使われるのが、オーディオです。CD・ MD・カセットテープ・レコードなどを再生し、ステレオスピーカーで高音質の音を楽しむことができます。録音機能が搭載されているタイプは、音楽の録音はもちろん、ダビングも可能です。

1-2.オーディオにはどんな種類がある? 

オーディオとひとことでまとめていても、さまざまな種類が存在します。

  • CDやMDコンポ
  • レコードプレーヤー
  • ステレオスピーカー
  • ラジカセ
  • カセットデッキ
  • シアターシステム
  • DJ機材

ずらりと並べただけでも、たくさんの種類があることがわかります。上記に加え、アンプといった楽器の部類も、音楽機材としてオーディオに分別されているのです。 

1-3.買取対象となり得るオーディオはどんなもの? 

オーディオの買取条件として、第一に優先されるのは性能やメーカーでしょう。動かないものや修理不可能なものは、買取対象にはなりません。大きなキズや汚れがあるものも敬遠されます。ショップにより、買取対象にあてはまらない種類もあり、査定前に確認が必要です。

2.買取ニーズが高いオーディオとは? 

買取を希望する方は、オーディオの中古販売にかんする知識を身につけておきましょう。中古オーディオショップでどのような品目を扱っているか、オーディオの人気製品などを知っておくことをおすすめします。

2-1.オーディオは家電とどう違う? 

オーディオは、家電と同じように並べられることが多いです。しかし、家電は購入した時点から、償却されていくイメージと捉(とら)えてください。年数が経(た)つにつれ、存在価値や性能がどんどん減少していきます。ところが、オーディオは家電とは違い、長年愛用する趣向品としての意味合いが濃く、コレクションとして保有する方もいるのです。従って、中古オーディオでも高く売れる可能性は十分あります。

2-2.人気があるオーディオの買取品目

近年人気が高まっているのは、今販売が行われていないカセットデッキやCD・MDコンポです。レコードプレーヤーも人気があり、古いレコードをたくさん所有している方から、中古でも購入してまた聴きたいという声が上がっています。
ほかには、シアターシステムやステレオスピーカーも、新しいものを購入するのは高くてためらうという場合、中古で探すケースが多いのです。

2-3.人気があるオーディオメーカーはどこ? 

主要メーカーは、やはり人気が高いです。オーディオテクニカはオーディオメーカーの老舗として名高く、続いてオンキョー・ソニー・ケンウッド・ヤマハ・パイオニア・ビクターといった、音響機器に強いメーカーはブランド扱いとされます。

2-4.オーディオの買取を利用する前に覚えておこう

中古市場の動きをしっかりチェックし、売るタイミングを見計らうようにしましょう。人気のあるメーカーということも大事です。しかし、タイミングにより、査定額にも影響があることを覚えておいてください。

3.オーディオ買取の仕組みを学ぼう

オーディオは価値ある品が多く、積極的に買取は利用したいですよね。同時に、買取で得られるメリットなども把握しておきましょう。

3-1.オーディオ買取のからくりを知ろう

老舗メーカーや人気のオーディオは、たとえ古い型式であれ、コレクターには喉から手が出るほどほしい品です。中古オーディオ販売では、通常販売価格よりはるかに安く購入できるメリットがあります。オーディオは日々進化しており、音響システムも性能が飛躍的にアップし、新しく購入すると高いものでも、中古ならお手頃な価格で買うことができるのです。中古を希望するユーザーが多いため、需要を反映するように買取も強化されるようになってきました。売り手と買い手の増加に従い、中古オーディオ販売市場が確立されているのです。

3-2.オーディオの買取を利用するメリットは? 

ほかの家電と同様に、オーディオも捨ててしまえばただのごみと化します。しかし、買取はリサイクルの1つです。新しいユーザーのもとで再利用され、ごみとして処理する手間もなくなります。
わずかであれ、買取で収益を得られるのも大きなメリットでしょう。ごみとして扱うのは、誰の得にもなりません。ですから、同じオーディオ好きな方が再利用してくれるなら、大変喜ばしいことです。

3-3.どんなオーディオが買取できる? できないものは? 

オーディオは価値があるとはいえ、どんなものでも買取対象ということになりません。買取対象とならない基準をご紹介します。

  • キズ・汚れといった見栄えがよくないもの
  • 動作不良品
  • マイナーメーカーのもの
  • オーディオパーツだけの場合

ステレオスピーカーだけでも、主要メーカーだと査定がアップする場合があります。 中古販売を専門にするオーディオショップへ確認してみてください。音楽を楽しむ方には、オーディオアンプも中古で人気です。また、趣向品として親しまれているため、ヴィンテージやアンティーク要素があるものなら、古くても買い取りできる場合があります。

3-4.オーディオを高額査定に結びつけるためには? 

家電買取でも同じで、メンテナンスがきちんとなされているものは、高額査定につながります。細かい箇所まで丁寧に清掃し、付属品と取り扱い説明書も添えましょう。ケーブルなども用意しておくと安心です。家電買取でも、前述のポイントを押さえているだけで、相場より査定額がアップしますよね。オーディオも同一基準と考えておいてください。

3-5.高額査定商品にかんする知識

高額査定商品と分類されるのは、キャンペーンの1つとして買取価格をプラスできるものと、中古市場でのニーズが高くて需要が見込めるものです。後者の場合でも、キャンペーン期間中に売ることで、査定額をアップしてもらえる場合があります。買い手が多いオーディオは、仕入れを競っている業者もあるため、高額査定につながりやすいでしょう。買取を希望しているオーディオが、高額査定商品どうかを確認してみてください。

4.オーディオ買取業者にかんする知識

オーディオの売り先は、どこでも同じではありません。得意分野もそれぞれ違い、業者ごとのカラーを下調べすることが大切です。納得できる査定額を出してくれるかも、1つのポイントになるでしょう。

4-1.オーディオ買取業者を選ぶときに重視すべきことは? 

オーディオの買取価格は、家電買取相場と違って、素人では判断しにくいですよね。ですから、オーディオにかんする知識をしっかり持ち、正しい評価をしてもらえる業者を選んでください。疑問にも丁寧に受け答えでき、提示されている査定額に対して納得できる説明ができることも重視しましょう。オーディオの買取について実績を積み、評価基準をきちんと持っている業者なら安心です。
さまざまな業者があり、迷うことがあります。しかし、オーディオの買取対象が限られている業者より、幅広く取り扱っている業者なら、売りたいオーディオが多岐に亘(わた)っていても値段がつきやすいでしょう。

4-2.オーディオ買取専門業者だとメリットがいっぱい? 

オーディオは価値あるものが多く、家電と同じ位置づけで判断されては困ります。ですから、オーディオ買取専門業者なら、いい加減な判断基準で安値になることもなく、適正価格で買い取りをしてもらえるのです。できる限り、オーディオへの知識が深い業者を選びましょう。古いものでも、知識がある業者の方が断然いい結果に結びつきます。

4-3.オーディオの買取価格は変動する

前述のとおり、オーディオの買取価格は中古市場の需要とともに、変動する場合があります。たとえば、たくさん仕入れがあったため、供給過多な状態だと買い取りしにくくなるでしょう。より状態がいいもの、希少価値のあるものへと絞り込まれていく傾向があります。売り時は逃すことなく、中古市場のチェックをしてください。

4-4.買取前はしっかりメンテナンスをしておこう! 

普段から、オーディオのメンテナンスはしていましたか? いざ売るとなり、慌ててチェックする方がいます。しかし、売ると決まり、使えずに修理が必要となるのは困りものです。査定時には、動作完了品として引き渡しができるように、日ごろからメンテナンスをしておきましょう。
買取後に業者サイドでのメンテナンスや修理が必要なものは、査定額から手間賃を差し引かれてしまいます。せっかくの売り時でも、高額査定から外れてしまっては残念ですよね。

4-5.買取業者の保証期間について

高価なオーディオでも、中古品には変わりありません。従って、動作不良や不具合が生じた場合に、購入日より1~3か月の保証期間を設けています。接触不良などを確認できる期間としての意味合いもあり、オーディオ買取においては広く認知されているのです。

4-6.オーディオ買取の流れなど

買取方法や流れをご紹介します。不用品回収エコアースでは、自宅まで出張査定に伺っており、重たいオーディオでも運搬など手間は一切必要ありません。
流れは、下記を参考にしてください。

  • 無料査定申し込みをする
  • 実際に査定を受けて見積もりを出してもらう
  • 買取金額に折り合いがつくなら契約して依頼する
  • 希望日時を伝えて回収に来てもらう
  • 買取金額を受け取って作業完了

エコアースでは、急いでいる場合でも対応するよう心がけています。買取を早くしてもらいたいという方は、電話での申し込みも可能です。
エコアース

4-7.オーディオ買取業者を選ぶ際に注意すべきこと

買取には、古物商の許可を得て営業することが必要です。無許可の廃品回収車などは利用しないでください。違法営業のトラブルが増えており、オーディオへの知識もありません。
また、業者を選ぶ際は、必ず複数の業者から見積もりを出してもらい、比較検討することを忘れないでください。面倒でも比べて見たら、必ず違いや買取価格の差は感じるはずです。家電買取とは違い、オーディオ機器には価値があるものが多いため、妥協しないことをおすすめします。 

5.オーディオ買取でよくある質問

買取を利用して損をしたと思わないためにも、質問集で不安に感じることを解消しておいてください。

5-1.わずかな不具合でも査定に影響する? 

オーディオ機器にも経年劣化はあります。多少の不具合があってもおかしくありません。よほどのことがない限り、査定に大きなダメージを受けることはないでしょう。しかし、故意に隠すのはよくありません。査定時に必ず申し出てください。

5-2.査定を受けたら断りにくい

無料査定は、ほかと比較してもらうために業者が用意しているものです。自社のサービスに自信があるからこそできることでしょう。存分に利用し、納得できないならキャンセルしても問題はありません。

5-3.中古アンプ・ステレオスピーカー・レコードプレーヤーといった多種類を1回で買い取りしてもらえる? 

買取業者の取扱品目が広い方がいいという理由は、複数種類のオーディオを1回で買い取りしてもらえるところにあります。事前に、高額査定商品や買取強化品目をチェックし、損をしないよう下調べをしておくといいでしょう。

5-4.業者選びは口コミも大事? 

家電買取業者選びでも、口コミを参考にする方は多いです。実際に利用した方の声がわかり、業者選びに迷っているなら目をとおしておいてください。いいことばかりではなく、よくなかったポイントもチェックすることが大切です。

5-5.買取成立後にキャンセルはできる? 

業者へ引き渡しが終わった後は、基本的にキャンセルはできません。もし、手元に戻したいと思うなら、再購入という形になります。当然、業者が設定する販売価格での買取になり、売り渡したときよりはるかに高くなるでしょう。後悔しないためにも、売る前に心の整理をしておいてください。

6.まとめ

いかがでしたか? オーディオは、古くてもヴィンテージ価値があるものもあり、オーディオ買取専門業者を利用して手放す方法がおすすめです。価値あるものは、同じ趣味を持つ人に再利用されれば、無駄になることはないでしょう。有効活用されるのは嬉(うれ)しいですよね。主要メーカーを軸に買取対象としているものの、年式が古いものでもマニアがほしがるオーディオもあります。査定を受け、複数の業者を比較して買取価格の相場を知ることも大切です。なるべくきれいにしてから査定に出し、高額査定に結びつけましょう。後悔しない取り引きにするため、必ずオーディオ中古販売についての知識を身につけておいてください。きっと、自分が希望する買取価格の業者に出会えますよ。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス