遺品整理はトラブルがつきもの!?業者を利用してスムーズな片付けを


遺品整理をしなければならないけど、トラブルが起こるかもしれないという不安を抱えていませんか?人々の多くは、一度(いちど)は遺品整理の場面に遭遇するものです。しかし、いざそのときになったらトラブルに見舞われて、どうしたらいいのか分からない状態に陥ることも多いでしょう。この記事では、遺品整理を効率良く進めるためのポイントをご紹介していきます。

  1. 遺品整理の基礎知識
  2. 遺品整理で起こりやすいトラブルとは?
  3. 遺品整理でのトラブルを避けるために
  4. 遺品整理を業者に頼もう
  5. 遺品整理についてよくある質問
  6. まとめ

誰しもトラブルなしに遺品整理を終わらせたい、と思うものです。この記事を読むことで、トラブルを回避するコツを覚え、スムーズに遺品整理を行えるようになります。遺品整理を控えて頭を抱えている方、行き詰まっている方はぜひ参考にしてくださいね。

1.遺品整理の基礎知識

遺品整理をするにあたって、正しい知識を身に付けておくことも大切です。まずは遺品整理の基礎知識について、触れていきましょう。

1-1.遺品とは?

遺品とは、亡くなった人が残したもののことです。遺品のほかに遺産という言葉がありますが、これらは似ているようでまったく違うことをご存じでしょうか?

まず、遺産とは預貯金や不動産・金融商品のように、お金としての価値が高いものを指します。一方、遺品は遺産に比べて金銭的な価値が低いもののことです。基本的には家具や家電、衣服、雑貨などを総称します。

1-2.遺品整理とは?

遺品整理とは、その名のとおり故人が残していった遺品を整理することです。では、その方法や目的、どのタイミングですればいいかなどをお話しましょう。

1-2-1.遺品整理の方法

初めて遺品整理の場面に遭遇した場合、どのような方法で進めていけばいいのか気になるところですね。ここでは、遺品整理の方法について大まかにご紹介しましょう。

まず、形見分けをします。たくさんある遺品の中には、故人との思い出が詰まったものもあるでしょう。まずは、そのような「残しておきたい」品とそうでないものとで分けていきます。親族や、故人と親しかった友人とで残したものを分配するのは、この整理が終わってからにしましょう。

形見として残しておく必要がないものでも、まだ需要のあるものがあれば、リサイクルショップなどに買い取ってもらうこともできます。これならゴミとして捨ててしまうことにならないので、環境にも優しく自分自身もお得ですね。弊社では不要品の買い取りと合わせて回収も行っているので、需要のあるものは買い取り、ないものも一緒に処分できます。

1-2-2.遺品整理の目的

何事にも必ず意味があるように、遺品整理にも当然目的があります。あなたは、遺品整理の目的と言われてどう考えるでしょうか? おそらく、亡くなった人のためにしなくてはいけないと考える人が多いと思います。確かに、それも遺品整理を行う1つの目的です。しかし、実際には故人のためだけでなく、遺族が故人との別れにけじめをつけることも目的の1つといえます。人の死は、簡単に受け入れられるものではないでしょう。でも、それを引きずっていてはいつまでも自分が前を向いて歩けないどころか、故人も悲しんでしまいます。自分の気持ちを整理するためにも、遺品整理は大切な作業なのです。

1-2-3.遺品整理をするタイミング

遺品整理をするとき、タイミングで悩む人は多いです。いつから、どのように手を付けていけばいいのか悩んでいるうちに、日にちが経(た)ってしまうことは少なくありません。基本的に遺品整理をするタイミングについては、自分の気持ちを整理できたときが望ましいとされています。故人の死を受け入れることができず、気持ちがぐちゃぐちゃのままで遺品整理をすると、大事なものを捨ててしまう危険性もあるので注意が必要です。

また、遺品整理をする場所が賃貸物件の場合は、退去日なども絡んできます。この場合は退去日を過ぎないことを意識しながら、スケジュールを組んでいきましょう。

1-3.近年増加している遺品整理の需要について

近年では、高齢化問題が深刻化しており、孤独死が増えています。そのため、弊社のような遺品整理を行う業者の需要が増えているのです。孤独死の背景には、身内が見つからなかったり、親族が忙しくて遺品整理の時間を作れなかったりなどの問題があります。また、素人判断では価値のあるものとないものを分けるのが難しいのも現状です。弊社では遺品整理のエキスパートがいるため、こうした悩みを助けます。

2.遺品整理で起こりやすいトラブルとは?

遺品整理では、さまざまなトラブルが起こりやすいです。ここでは、気を付けたいトラブルについてお話していきましょう。

2-1.遺品整理で起こりやすいトラブル

遺品整理中のトラブルには、次の4つが挙げられます。

2-1-1.形見分け要求

遺品整理中に、親族や、故人と親しい仲だった人から形見を要求されることがあります。これが特に金銭的価値のないものであれば、トラブルにつながることもないでしょう。しかし、中には金銭目当てで価値のあるアクセサリーなどを形見分けとして要求してくる人もいるのです。お金が絡むものはどんな場面でもトラブルに発展しやすく、口論などに発展してしまいます。

2-1-2.価値の有無

素人が遺品整理をする場合に起こりやすいのが、ものの価値を見分けることでのトラブルです。一見すると価値のないものだと思って捨てた後に、高価なものだと知ってがっかりすることも少なくありません。また、遺品整理をしている本人は価値の有無が分からなくても、親族が分かっていたとしましょう。この場合、親族に騙(だま)されて価値のあるものを形見としてもらわれてしまう可能性もあります。

2-1-3.賃貸住宅の退去

故人の住んでいたところが賃貸住宅であった場合は、退去の日付なども気にしながら遺品整理を進めていく必要があります。万が一指定の日に間に合わなかった場合、退去するまでの家賃を請求されてしまうでしょう。

2-1-4.ゴミ屋敷

故人が住んでいた家がゴミ屋敷として有名だった場合も、大変です。ゴミ屋敷の場合はとにかくものが多すぎるため、身内だけですぐに片付けるのは難しいでしょう。また、遺品整理中も近隣の人たちから苦情を受ける可能性もあります。時間もかかり、精神的にも負担が大きくなるため、自分が参ってしまうケースも多いのです。

2-2.その他のトラブルについて

そのほかのトラブルとして近年増えているのは、孤独死の場合です。特に賃貸物件で孤独死が起こった場合、遺体の状態によっては物件に大掛かりなリフォームを施さなければならないこともあります。その場合にかかる費用などで、不動産会社や大家さんとトラブルに発展することも珍しくないのです。

ほかにも、遺品整理をすることになって長く会社を休むということになれば、会社の人たちに迷惑をかけてしまいます。また、あまりにも遺品整理が終わる目処(めど)が立たない場合、最悪会社を辞めさせられてしまう可能性もあるでしょう。

3.遺品整理でのトラブルを避けるために

遺品整理で起こりやすいさまざまなトラブルをご紹介してきましたが、できればこういったできごとは避けて通りたいですよね。そこで、遺品整理でのトラブルを避けるポイントをご紹介します。

3-1.遺品整理でトラブルを回避する2つのポイント

遺品整理でトラブルを回避するためのポイントは2つです。

3-1-1.親族総出

突然死などで急遽(きゅうきょ)遺品整理を行わなければならなくなった場合は、できるだけ親族総出で行うことをおすすめします。少人数で取り組むと、どうしても時間がかかる上に精神的負担も大きくなるものです。また、形見分けなどを1人で決めてしまうと、後々親族から文句が出たりとトラブルに発展しやすいでしょう。親族総出で取り組めば、遺産や形見分けの問題についても話し合いができますし、少人数でやるよりも効率良く片付けを進められます。

3-1-2.生前整理

故人が亡くなる前に、生前整理を行っておくこともトラブル回避には重要です。生前整理とは、対象の人が亡くなる前から少しずつその家を片付け始めることを言います。この段階から少しずつ進めておけば、いざ亡くなってしまったときの負担が大幅に減るでしょう。また、亡くなる前に遺産や形見分けの分配を相談しておいたり、遺書に分配方法を書いておいてもらったりすると、余計なトラブルを防ぎやすくなります。

3-2.整理方法について

自分で遺品整理を行う場合、どこから手を付けたらいいのか分からなくなってしまう人も多いでしょう。効率良く進めるには、まず大まかに必要なものとそうでないものの2つに分けていきます。この段階でもし迷ってしまうものが出たときは、保留のものとして別の場所に保管しておきましょう。この仕分けが終わったら、今度は必要なものから、価値のあるものとないものとに分けていきます。そこまで終わったら、一度(いちど)保留にしてたものを見直して、本当に必要かどうかを考えて仕分けましょう。仕分けが完全に終わったら、残ったものをどう配分するか親族と相談してください。

3-3.業者に依頼する

なかなか遺品整理をする時間が取れない人、どこから手を付けていいのか分からない人はぜひ、弊社の遺品整理サービスをご利用ください。遺品整理の専門スタッフが、素早く丁寧に片付けを行います。弊社は買い取りも行っているので、家具の買取回収も可能です。もちろん、大量のゴミもしっかり回収できます。また、年中無休で対応しているので、退去時間までの日にちが迫っている人でも安心してご相談ください。

3-3-1.遺品整理業者とは?

遺品整理業者とは、その名のとおり遺品整理を請け負う業者のことです。近年では少子高齢化が進んでいることもあり、遺品整理業者を利用する人も増えています。そのため、業者も年々増えてきているのです。ただし、中には悪徳な業者もあるため注意しましょう。悪徳業者は、遺品整理業を営むのに必要な遺品整理士の資格者を持たないまま、営業を続けています。こうした業者に依頼してしまうと、故人と遺族双方の気持ちが踏みにじられてしまうのです。弊社では、このような悪徳業者による被害を防ぐために、遺品整理士が積極的な遺品整理のサポートをするように努力しています。

3-3-2.遺品整理士とは?

遺族の代わりに遺品整理を行うための専門知識を持ち、故人や遺族の気持ちを尊重できる、遺品整理のプロのことです。この資格を取得することで遺品整理における手順や、ものの正しい取り扱い方法などがしっかり身につきます。弊社でも、遺品整理士が筆頭となり対応しているので、安心して遺品整理をおまかせください。

4.遺品整理を業者に頼もう

遺品整理は大変なものですから、業者に頼んでいち早く片付けてしまうのが一番効率が良いです。でも、初めて業者を利用するとなると、不安がいっぱいあるでしょう。ここでは、遺品整理業者に依頼する上で知っておきたい知識をご紹介します。

4-1.遺品整理業者を利用するメリット・デメリット

4-1-1.メリット

遺品整理業者を利用するメリットは3つあります。

1つは、遺品整理をスムーズに終わらせられることです。特に、故人が住んでいた部屋が賃貸物件であれば、よりスムーズな対応が求められます。弊社なら、資格を取得した専門スタッフが効率良く片付けをしてくれるので、退去日までに片付けが間に合わないといったトラブルもないです。

2つめは、遺品整理による精神的負担を軽減できることでしょう。私生活がある中で片付けを行い、人が亡くなった気持ちを整理し、価値のある遺品などを仕分けるというのは、かなり負担が大きいものです。弊社の専門スタッフなら、遺族の心のケアはもちろん、価値のあるものとないものの仕分けなどもしっかり行えます。

3つめは遺族の気持ちにけじめをつけられることです。遺品整理が終わるまでは、どうしても気持ちを整理しきることができません。遺品整理が終わり、すべてが片付いたとき誰しもふと肩の荷が下りるのを感じるものです。遺族の気持ちにけじめがつけられることで、故人も安心できるでしょう。

4-1-2.デメリット

遺品整理業者を利用する上でのデメリットは、お金がかかってしまうことでしょう。業者によってはすべてを不用品として料金と引き換えに回収する場合もあります。そうすると、出費がかさんでしまうものです。弊社では買い取りできるものは極力買い取っているため、ほかの業者よりもお得に遺品整理ができます。また、料金が発生してしまうものについても、他社より安値で回収しているので、お財布事情を気にしなくても大丈夫です。

もう1つのデメリットとして挙げられるのは、悪徳業者に遭遇する可能性があることでしょう。遺品整理業者の需要が高まっている近年、悪徳業者の存在も増える一方です。弊社はそのような悪徳業者をお客様が利用してしまうのを防ぐため、誠意ある対応を心がけております。悪徳業者を利用してしまえば、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性は高いです。そうなれば、故人の死を受け入れる前に参ってしまう可能性も高くなります。それを防ぐためにも、弊社の遺品整理サービスがおすすめです。

4-2.どんなことをしてくれるのか?

遺品整理サービスというと、やってくれるのは遺品整理だけなのかと思う人も多いでしょう。もちろん、そのような業者の方が多いと思います。しかし、弊社では法律に長(た)けているスタッフもいるため、法的手続きなどのご相談もお気軽にしてください。

また、パソコンなどを処分する場合は、中のデータが心配ですね。弊社では、データの消去に詳しいスタッフもいるため、必要であればデータの消去やHDDの破壊などをお手伝いします。

4-3.作業のおおまかな流れについて

遺品整理サービスの作業が終了するまでの、大まかな流れをご紹介しましょう。

まず、無料見積もりフォームかお電話でお申し込みしてください。お申し込みが確認でき次第(しだい)、弊社からお電話を差し上げます。このときにご希望の訪問日時や片付けを行う部屋の状況、不用品についてなどを教えてください。お見積もりの金額にご納得いただければ、指定の日時にスタッフが訪問し、買い取りできる品物があれば査定、ゴミなどの運び出しを行います。片付けがすべて終わったら、ご精算の上終了です。

4-4.料金について

遺品整理の場合は大量のゴミと不用品が出てしまいますね。そんな大量の不用品を処分する際、どのくらいの費用がかかるのか気になる人は多いでしょう。

弊社では、遺品整理にぴったりな定額パックをご用意しています。詳しい料金については、以下のとおりです。

  • カゴ車おまかせパック:12000円
  • 1トン平トラックおまかせパック:50000円(1K~1DK)
  • 2トン平トラックおまかせパック:95000円(2DK~2LDK)
  • 3トントラックおまかせパック:170000円(2LDK~3DK)
  • 4トントラックおまかせパック:250000円(3LDK~4LDK)

カゴ車は、最も運ぶものが少ない場合にオススメです。詳しくは、こちらのリンクからご確認ください。

4-5.業者を選ぶときのポイント

業者を選ぶときのポイントは、その会社がしっかりしたところかどうかです。価格なども大切ですが、どんなに格安でも悪徳業者では意味がありませんね。業者の会社概要などを確認し、所在地や商標、事業内容、許可証などが明記されているかの確認をしてください。また、プライバシーマークの有無もチェックしましょう。プライバシーマークとは、お客様の個人情報の取り扱いがきちんと行われていることを第三者機関が認めてくれるものです。つまり、このマークを取得している業者は、お客様の個人情報をしっかり取り扱い、外部に漏れないように徹底しています。弊社ももちろん、このマークを取得しておりますので安心です。

参考として、弊社の会社概要を御覧ください。

4-6.業者とのトラブルについて

誤って悪徳業者と契約してしまうと、思わぬトラブルが起こりやすくなります。主なトラブルとしては、見積料金が大幅に異なったり、後から追加料金を加算されてしまったりといったものが多いです。弊社では、お見積もり後の料金変更はしておりませんので、納得したお見積金額で安心した取り引きが可能となります。思わぬトラブルで心身共に追い詰められることがないように、悪徳業者にはお気をつけください。

4-7.業者を利用するときの注意点

業者を利用するときは、必ず最初に無料見積もりを行ったり、相談してみたりしてその業者の対応を確かめましょう。ただ直感で業者を選ぶと、後々後悔する結果にもなりかねません。

弊社では、お電話ではもちろん、メールでのお問い合わせにも対応しています。少しでも疑問点などがございましたら、お気軽にこちらよりお問い合わせください。

5.遺品整理についてよくある質問

5-1.遺品整理の見積もりをしてもらいたいけど、どのくらいの時間がかかりますか?

見積もりにいただくお時間は、部屋の状況や片付けるものの量などでさまざまです。だいたいの目安としては、部屋が小さい場合は10分前後、大きい場合は30分前後となります。

5-2.ゴミ屋敷の状態でも、遺品整理をお願いできますか?

問題ございません。弊社のスタッフは大量のゴミを片付けるのにも慣れている者ばかりです。ぜひ一度(いちど)ご相談下さい。

5-3.回収してもらうことができないものはありますか?

弊社ではできるかぎり不用品を回収できるように努めておりますが、危険物や医療系廃棄物、動物の死骸、血液などは回収できません。ご了承ください。また、金庫やピアノなどの重量物や建築系廃棄物は回収可能ですが、別途料金がかかります。まずはご相談ください。

5-4.住宅がある場所の道が狭いので、トラックを停(と)められるスペースがないのですが大丈夫ですか?

安心してください、そのようなケースにも対応します。この場合は離れたところのスペースにトラックを停(と)めて、台車などを使って持ち運びを行うので心配ないです。ただし、トラックとの距離があまりにも離れすぎている場合、追加料金をいただく場合もございます。まずは一度相談してみてください。

5-5.夜の対応はしていないのでしょうか?

基本的には営業時間内での対応となりますが、18時~21時の対応も行っております。ただ、この場合は夜間指定オプション料が発生するため、ご了承ください。

6.まとめ

遺品整理におけるトラブルや業者を利用する際のポイントなどをご紹介してきましたが、いかがでしたか?
遺品整理は自分たちだけでやろうとすると、どうしてもトラブルなどが起こってしまいます。余計なトラブルで精神的に追い詰められてしまわないためにも、遺品整理業者を頼ることがおすすめです。弊社では無料見積もりも行っていますので、ぜひ一度(いちど)ご相談してみてくださいね。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス