衣装ケースの処分はこうする!スッキリ廃棄するコツを伝授します!


衣装ケースは、増えすぎた衣類を収納するためにとても役立つものです。でも、長年使っていて買い替えたり引っ越しなどで必要が無くなったりしたとき、処分に困ることもあるでしょう。そこで、今回は衣装ケースの処分についてさまざまな方法を紹介します。衣装ケースの処分や廃棄をしたい人は、ぜひ読んでください。

  1. 衣装ケースを捨てたい・廃棄したい・処分したいとき
  2. 衣装ケースの処分方法:自分で捨てる場合
  3. 衣装ケースの処分方法:リサイクルする場合
  4. 衣装ケースの処分方法:業者に処分を依頼する
  5. 衣装ケースの処分よくある質問に回答します!

記事を読むことで、衣装ケースの処分や廃棄について具体的に学ぶことができます。衣装ケースの処分に悩んでいる人や処分をしたい人は、参考にしてください。

1.衣装ケースを捨てたい・廃棄したい・処分したいとき

衣装ケースを捨てたい・廃棄したい・処分したいときに、最初に考えることはどんなごみになるかということです。まずは、衣装ケースが粗大ごみになるかどうかについて、考えましょう。

1-1.衣装ケースは粗大ごみ?燃えるごみ?

衣装ケースは大きなごみのため、まずは、衣装ケースのサイズを測定してください。また、素材を確認しましょう。衣装ケースの素材の多くは、プラスチックとなるはずです。衣装ケースは、素材としては燃えないごみとして分類することが多いでしょう。しかし、自治体によっては規定の大きさを超えるものは粗大ごみ扱いとなります。

1-2.各自治体の粗大ごみの定義を確認しよう

衣装ケースは、大きさによって粗大ごみとして扱う自治体が多いです。しかし、粗大ごみとなる大きさの定義は、自治体によって異なると覚えておきましょう。ある自治体では、長さが30センチメートル以上の衣装ケースは粗大ごみとなるとの規定があります。一方で、50センチメートル以上と規定している自治体もあるので注意してください。自分が住んでいる自治体では、どのような規定になっているのか確認しておきましょう。

1-3.プラスチックごみの扱いについて学ぼう

自治体によっては、プラスチック素材のごみは「プラスチックごみ」として区別しているところもあります。プラスチックごみとして区別して回収することで、リサイクルに回しやすくなることを知っておきましょう。ただし、自治体によってはプラスチックごみを資源ごみと表記していることもあります。衣装ケースをプラスチックごみ、もしくは、資源ごみとして出すことができる場合は、利用しましょう。

2.衣装ケースの処分方法:自分で捨てる場合

衣装ケースの処分方法で、最も多いのが自分で捨てる場合です。ここでは、自治体のごみ回収を利用する方法について詳しくご紹介します。

2-1.自治体のごみ回収を利用して捨てる

自分で捨てる方法としては、自治体のごみ回収を利用して捨てる方法が一般的となります。毎週、決まった曜日と時間に自治体がごみ回収場所までやってくるのでタイミングを見て出してください。なお、自治体のごみ回収を利用する場合、粗大ごみ扱いになると事前に粗大ごみ回収窓口に連絡する必要があります。連絡をしないで粗大ごみとして出すことは、やめましょう。

2-2.解体・運搬の必要性を理解しよう

衣装ケースの大きさや構造によっては、解体する必要があります。また、自分でごみ回収場所まで運搬することも忘れてはいけません。衣装ケースを解体したり運搬したりすることは、想像以上に大変です。しかし、自治体のごみ回収は家まで回収に来てくれないため、解体や運搬は必要な作業だと考えましょう。

2-3.自分で捨てる場合に必要なそのほかのこと

衣装ケースを自分で捨てる場合、自治体の回収日時を守る必要があります。燃えないごみやプラスチックごみなども、決まった曜日と時間があるので守ってください。また、粗大ごみとなった場合は、粗大ごみリサイクル券をコンビニなどで購入して貼り付けてから指定の日時に出す必要があります。ごみを出すときのルールを守ることを、徹底してください。

2-4.自分で捨てる場合に必要な費用

衣装ケースを自分で捨てる場合、燃えないごみやプラスチックごみ・資源ごみの場合は無料となります。しかし、粗大ごみとして出す場合は、自治体が規定した回収料金を支払ってください。粗大ごみとして出すときに必要な費用は、衣装ケースひとつに付き数百円となります。数を多く出すほど、金額が大きくなるので注意しましょう。

2-5.衣装ケースを自分で捨てる場合のメリットとデメリット

では、衣装ケースを自分で捨てる場合のメリットとデメリットについてお話をします。それぞれの内容にかんして、きちんと確認しておきましょう。

2-5-1.衣装ケースを自分で捨てる場合のメリット

衣装ケースを自分で捨てる場合のメリットは、気軽に捨てることができる点です。いつでも、捨てたいと思ったときに捨てることができる点は大きなメリットと考えてください。また、自分で捨てる場合は、処分費用が安いこともメリットです。衣装ケースの処分で費用を抑えたい人は、自分で捨てる方法を選んでください。

2-5-2.衣装ケースを自分で捨てる場合のデメリット

衣装ケースを自分で捨てる場合のデメリットは、手間が掛かることです。衣装ケースを捨てるためには、自分で解体したり運搬したりする手間が掛かることは否定できません。手間を掛けても問題が無い人に、良いでしょう。しかし、多くの人が面倒だという理由でなかなか捨てることができないでいる現実にも目を向けてくださいね。

3.衣装ケースの処分方法:リサイクルする場合

衣装ケースは、ごみとして処分するほかにも、リサイクルできます。リサイクルする方法と、メリット・デメリットを確認しておきましょう。

3-1.リサイクルできる衣装ケースの特徴

リサイクルできる衣装ケースの特徴については、以下をご覧ください。

  • 衣装ケースとして再利用するときに支障が無いこと
  • 有名メーカー製のものであること
  • 破損や目立つ汚れが無くてキレイであること

汚れが目立ったりノーブランドだったり明らかに質が悪かったりするものは、リセールの対象にならないことが多いので注意しましょう。

3-2.リサイクルショップにリセールする

不用になった衣装ケースは、リサイクルショップにリセールすることもできます。リサイクルショップにリセールする場合の方法や、メリットとデメリットについて解説しましょう。

3-2-1.リサイクルショップにリセールする方法

リサイクルショップに衣装ケースをリセールするには、自分で持ち込む必要があります。衣装ケースは大きいため、車を利用して持ち込みましょう。リサイクルショップでは、衣装ケースの状態などから査定を行います。査定が終わったら、買い取りの可否となるでしょう。買い取りの場合で、金額に納得が行くようでしたらリセールしてください。

3-2-2.リサイクルショップにリセールするメリットとデメリット

リサイクルショップに衣装ケースをリセールする場合にメリットとデメリットについて、知っておきましょう。メリットは、数百円など少ない金額であってもお金を手に入れることができる点と、リサイクルとして資源を大切にできる点です。デメリットは、リセールできるとは限らないことと、リサイクルショップまで運搬する手間が掛かることだと考えてください。

4.衣装ケースの処分方法:業者に処分を依頼する

衣装ケースの処分方法として、業者に処分を依頼することも考えると良いですよ。ここでは、衣装ケースの処分を業者に依頼する方法について具体的に解説しましょう。

4-1.業者選びのポイントを学ぼう

衣装ケースの処分を依頼するには、まず、業者を選ぶ必要があります。業者選びのポイントについては、以下を参考にチェックしてください。

  • 衣装ケースの回収を取り扱っていること
  • 不用品回収の実績が豊富で信用が厚いこと
  • 回収料金が良心的な設定になっていること
  • 希望日時に回収できること
  • 古物商許可などを取得している業者であること

衣装ケースの回収は、信用できる業者に依頼することが最も大切なことです。業者選びには、手を抜かないようにしましょう。なお、業者を選ぶときには以下も参考にしてくださいね。

エコアース:http://www.e-eco.biz

4-2.衣装ケースの処分を業者に依頼するメリットとデメリット

衣装ケースの処分を業者に依頼するメリットとデメリットについて、お話をします。業者を依頼するときのメリットとデメリットの両方を知って、賢く利用してください。

4-2-1.衣装ケースの処分を業者に依頼するメリット

衣装ケースの処分を業者に依頼するメリットには、次のようなことがあります。

  • 自分で解体や運搬をする必要が無い
  • 好きな日時に回収に来てくれる
  • 時間や手間の節約になる
  • ほかに処分したい不用品がある場合も同時に処分できる

業者に回収を依頼することは、とにかく手間や時間の節約にもなって楽です。衣装ケースは大きさがあるため、自分で何とかしようと考えるだけでも疲労てしまいます。業者に依頼することで得るメリットは、大きいですよ。

4-2-2.衣装ケースの処分を業者に依頼するデメリット

衣装ケースの処分を業者に依頼する場合には、回収費用を支払う必要があります。お金を掛けたくない人には、デメリットとなるでしょうね。しかし、業者に回収依頼をするメリットは、デメリットよりはるかに大きいものです。料金設定が良心的な業者に依頼をするなど工夫することで、デメリットを最小限にしましょう。

4-3.衣装ケースの処分を業者に依頼する場合の料金

衣装ケースの処分を業者に依頼する場合、料金の目安については以下を参考にしてください。

  • 衣装ケース1個:5,000円程度から
  • 衣装ケースを含んで0.8立方メートルまでのパック料金:12,000円程度から

衣装ケースが複数ある場合は、パックプランを選びましょう。衣装ケースだけを依頼するよりも、ほかの不用品を同時に処分することもおすすめです。

4-4.業者が衣装ケースを回収する方法

業者が衣装ケースを回収する方法や手順は、だいたい下記のとおりです。

  1. 依頼者から衣装ケースの回収相談を受ける
  2. 依頼者に見積もりを出す
  3. 依頼者が見積もり内容に納得した後で契約
  4. 依頼者の指定日時・場所に回収に行く
  5. 実際に衣装ケースを回収して完了

業者による回収は、日時と場所を指定することが可能ですよ。

4-5.無料回収業者には注意しよう!

無料で不用品を回収するとして、住宅街を巡回している業者がいます。こちらから何も言わなくても巡回に来てくれる業者は、一見して便利で良さそうに思うことでしょう。しかし、無料回収業者の中には古物商許可などを持っていない無免許業者の可能性があります。また、無料なのに結局有料回収になったり衣装ケース以外のものも無理やり回収しようとしたりなどのトラブルになりやすいので注意しましょう。衣装ケースの回収依頼は、信頼できる業者にしてくださいね。

5.衣装ケースの処分よくある質問に回答します!

では、衣装ケースの処分でよくある質問に回答していきます。衣装ケースを適切に処分するための総仕上げとして、確認しておきましょう。

5-1.処分したい衣装ケースが大量にある場合でも粗大ごみに出して良いですか?

たとえば、処分した衣装ケースが軽トラック1台分ほどになる場合は、粗大ごみとして出すより業者に依頼した方が安上がりになります。また、粗大ごみに出す場合は、1回に出す個数に制限があるため、手間が掛かることになるでしょう。大量の衣装ケースを処分したいときは、業者に依頼するメリットが多くあります。粗大ごみではなく、業者に回収依頼をすることを考えましょう。

5-2.衣装ケースが汚い状態ですがリサイクルできますか?

長年使用した衣装ケースは、埃(ほこり)がこびり付いているなど何かと汚くなっていることも多いです。衣装ケースが汚くなっている場合でも、まずは、水洗いしてみてください。埃(ほこり)汚れは、水洗いをするだけでもほとんど落ちるはずです。リサイクルをするためには、できるだけキレイな状態が望ましいことに間違いありません。自分のできる範囲でキレイにした後、リサイクルに出しましょう。

5-3.忙しくて衣装ケースの整理ができないけど捨てたい場合は?

衣装ケースの整理ができない状態でも、業者に回収依頼をすることも可能です。ただし、回収依頼をするときに衣装ケースの整理ができていないことをきちんと伝えてください。業者によっては、衣装ケースの回収のほかにも室内の整理整頓(せいとん)サービスを行っていることもあります。忙しくても、衣装ケースを早く回収してもらいたいときは検討してくださいね。

5-4.衣装ケースを捨てないで活用するアイデアはありますか?

衣装ケースは、収納目的で作ってあるものです。収納以外の方法は、基本的におすすめしません。しかし、収納目的ではなくても活用できます。たとえば、収納ケースの引き出し部分を活用して庭に大きめのプランターを作ることも考えてみましょう。水はけをよくするためには、底に穴を複数空けることを忘れないでくださいね。

5-5.衣装ケースの寿命を判断する方法はありますか?

衣装ケースは、素材がプラスチックでできているものが多いです。プラスチックは、経年変化によってだんだんと劣化するため、形が歪(ゆが)んだりひびが入ったりします。見た目が悪くなったり引き出しにくくなったりしたときは、寿命と考えてください。衣装ケースも、数年ごとに状態をチェックして交換すると良いでしょう。

まとめ

衣装ケースの処分・廃棄方法について、詳しく解説をしました。記事をじっくり読んだ人は、衣装ケースの処分や廃棄について一通りの知識が身に付いたはずです。ごみとして捨てる方法だけでなく、リサイクルしたり業者に回収依頼をしたりなど選択は複数ありますから、自分にとって最良の方法で処分しましょう。なお、衣装ケースが大量にあったりほかの不用品を同時に処分したかったりする場合は、業者に回収依頼をする方法が最もお得になるので覚えておいてくださいね。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス