いざというときに知らないと困る、仏壇や神棚の処分方法教えます!


仏壇や神棚が不要になったとき、あなたならどうしますか?「そのまま燃えるごみで捨てればいいんじゃ?」と思っている人もいるでしょう。確かに燃えるごみとして捨てることも可能です。しかし、正しい処分方法で後味の悪い状態にならないようにしたほうがいいでしょう。ここでは、仏壇や神棚の処分方法をお教えします。

  1. 神仏関係の処分が面倒なわけ
  2. 仏壇の処分方法に関して
  3. 神棚を処分するときには?
  4. 注意すべきこと

1.神仏関係の処分が面倒なわけ

今回は仏壇や神棚に関してですが、ほかにも神仏に関係したものは処分が厄介です。仏像や仏具などが含まれますが、そのほとんどが供養してから処分することになるでしょう。供養といっても依頼する神社やお寺によって違います。悪質な業者に依頼すると大金を取られただけで不法投棄される可能性もあるでしょう。気軽に購入したお守り(おまもり)さえ、購入した寺社に返して供養してもらうなど、非常に手間ひまのかかる作業です。

なぜ、こんなにも面倒な作業が必要なのでしょうか?これに関しては、処分する人の気持ちの問題です。いってしまえばただの「もの」にすぎません。分別方法さえ自治体に沿っていれば問題はないでしょう。捨てる人の気持ちの整理をつけるために正しいと思う処分方法を実行するというわけです。

2.仏壇の処分方法に関して

仏壇といっても大きさはさまざまで、コンパクトなサイズから大型まであります。そのどれも処分方法としては同じです。

2-1.処分の前に確認すべきこと

処分する前に、まずは供養する必要があります。ただし、「開眼法要」を行った仏壇に限ったことです。開眼法要とは、個人の魂を仏壇に入れるということ。供養というのは、魂抜きをすることを指します。ただ仏具店で購入しただけでまったく使わずに開眼法要を行っていないのであれば、粗大ごみとしてそのまま捨てても問題ありません。もし開眼法要を行った仏壇の場合は、その法要を行ったお寺に供養をお願いするといいでしょう。供養を受け付けてくれるお寺はたくさんあるため、近くにあるなら問い合わせてみてください。面倒だと思わずに、故人のために供養してから処分するようにしましょう。宗派によっても違いますので、そのへんも確認しておくといいですね。位牌(いはい)や遺影も同じですので、忘れずに確認しましょう。

2-2.処分方法その1(粗大ごみとして処分する)

自治体の粗大ごみに関する情報を確認してみましょう。仏壇を粗大ごみとして処分可能な自治体がほとんどです。指定された条件を満たしていればまったく問題ありません。ただし、大型の場合でも回収場所に持って行く必要があるため大変です。場合によっては自治体に引き取りをお願いできる場合もありますので、確認してみるといいでしょう。費用もほとんど必要ないため、手間はかかりますがリーズナブルに処分可能です。

2-3.処分方法その2(仏具店に引き取ってもらう)

仏壇を売っているお店では、店によりますが新しい仏壇を購入すると古い仏壇を引き取ってくれるサービスがあります。ただ、仏壇を無償で引き取ってくれることはありません。新しい仏壇を検討している場合には、仏具店に相談してみましょう。供養から処分まですべて請け負ってくれる仏具店もたくさんあります。できるだけサービスが充実した仏具店を探すことがポイントです。

2-4.処分方法その3(不用品回収業者に依頼する)

費用はかかりますが手間がほとんど必要ない方法として、不用品回収業者に依頼する手段があります。最大のメリットは手間なく都合に合わせて処分することが可能ということ。電話やインターネットでの申し込みだけで、すぐに自宅まで引き取りに来てもらえます。自治体の回収日まで待てない場合や、手間をかけていられない人におすすめです。仏壇周りの不用品も、すべてまとめて処分してもらえるため便利でしょう。

3.神棚を処分するときには?

神棚の処分も、捨てる前に必要な作業があります。そのままごみとして捨ててしまわないようにご注意ください。

3-1.神社にお払いをしてもらう

たとえ自分で処分するとしても、「御霊抜き」(みたまぬき)をする必要があります。これだけは神社に玉串料を支払いお願いするほかありません。自分でできることではありませんのでご注意ください。ただ、ホームセンターなどで購入しただけで、御札(おふだ)を飾ってあったのなら必要ありません。御札(おふだ)だけ神社などに処分を依頼し、神棚本体は粗大ごみや燃えるごみとして処分可能です。

3-2.神社によって処分方法が違う

神棚の処分を神社に依頼する場合、お清めしておたき上げまでと、すべて対応してくれる神社もありますし、お清めだけで処分はご自身でという神社もあります。依頼する前に、神社の処分方法や方針などを確認しておくといいでしょう。お清めさえしてしまえば、仏壇と同様に粗大ごみとして捨てることが可能です。

3-3.専門の業者に依頼する

仏壇と同様に不用品回収業者に依頼する方法もあります。当然、お清めから処分まですべて行ってくれる業者もいますが、そうでない場合もあるでしょう。また、神棚や仏壇などの神仏関係を専門で回収している業者もあります。費用も業者によって違うため、まずは数社の見積もりを用意し、金額とサービス内容を比較してみるといいでしょう。

4.注意すべきこと

基本的に注意すべき点は下記のとおりです。

  • お清めやお払いをすべきか否か
  • 粗大ごみとして捨てることができるかどうかの確認
  • 依頼する回収業者の質
  • 必要な費用に関して

回収業者の質が悪い場合、上記にも記載しましたが不法投棄される可能性もゼロではありません。変に安すぎる業者も心配ですから、サービス内容と費用のバランスが取れた良心的な業者を探しましょう。

また、玉串料に関しても違いますので事前に確認しておくといいでしょう。神棚や仏壇のサイズによっても違いますし、依頼する神社やお寺によっても違います。地域や宗派によっても違いがあるでしょう。一概にいくらと決まりはありませんが、全国的な平均としては3,000円から5,000円程度です。

まとめ

いかがでしたか?仏壇や神棚の処分にはルールがあります。正しい処分方法で処分するように注意しましょう。まつっている神様や入っている故人のために、気持ちよく処分できる方法を見つけてください。費用は多少なりとも必要ですが、手間をかければ安く処分することも可能です。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス