オークションを始めたい!だけどトラブルが怖いという方に事例を紹介


オークションを利用している人は非常に多く、パソコンだけでなくスマホや携帯電話を使っていつでもどこでもできる時代になりました。利用者の多さにともなって、トラブルの事例も増えています。金品がかかわることですから、正しく礼儀よく利用したいものですが、どうしてもトラブルは発生してしまうのです。ここでは、よくあるトラブル事例とオークション以外に不用品を売る方法を紹介します。

  1. オークションでよくあるトラブル事例
  2. オークション以外で不用品を売る方法とは

1.オークションでよくあるトラブル事例

オークションを利用していると、トラブルに巻き込まれることもしばしばあります。決してひとごとではありません。利用している限りとても身近にトラブルがあると思っておいていいでしょう。出品者でも落札者でも同じです。立場別にどんなトラブルがあるのか事例を紹介しましょう。

1-1.出品者によくあるトラブル事例

出品者として自分の不用品を売ることができれば、処分も兼ねてお小遣い稼ぎができ便利ですね。しかし、こんなトラブルにご注意ください。

  • 不良品を送ったつもりはないのに、落札者からクレームが来て返品するといわれる。
  • 届いたものが気に入らないからという理由で、返金するよういわれる。
  • きちんと商品を発送したのに、落札者からの支払いがない。
  • 落札されたにもかかわらず、落札者から連絡も入金も何もない。
  • 商品到着後、しばらくして壊れたから保証してほしいといわれる。

上記はほんの一部です。一般常識がある人には到底理解できないようなクレームも存在します。出品者としての不手際があった場合には、誠実な対応が当然です。しかし、きちんとした対応をしたにもかかわらず、落札者の一方的な理由からのクレームは困るでしょう。そのような事態を未然に防ぐためには、出品する際にあらかじめルールを記載しておくことをおすすめします。

たとえば、「個人保管のため」「中古品のため」あくまでもノークレームノーリターンでお願いしますとの旨を記載しておくとしましょう。そうすることで、あまりにもひどい状態でない限り、中古品という認識のもとに購入されたのですから落札者も理解してもらえるでしょう。新品同様を求められたとしても、それは購入前に説明をお読みいただいたなら分かるという話ですね。

中には、落札したのにまったく連絡をしてこない人もいます。いざ落札したのに「やっぱりいらないから無視しておけばいいや」という非常識なことが起こりうるのです。オークションによって違いますが、落札者の都合によるキャンセルにできるため、問題はないですが気分がいいものではありませんね。

ある程度は、落札者の気持ちになって、どんな説明でどんな対応をすれば喜んでもらえるのか?を念頭に置きながら出品すれば、ほとんどの場合トラブルなく取り引きが可能です。

悪質な場合などは、オークションの主催側に相談してみてもいいでしょう。利用を停止する、注意を促すなどの対応をしてもらえる場合があります。
 

1-2.落札者によくあるトラブル事例

落札者によくあるトラブルは、落札した商品が届かないこと。これが一番多いトラブルで、入金後に届かないという詐欺の場合が多いのが現状です。代引きなどの金銭が相手方に渡る前であれば、届かないというだけで済むでしょう。しかし、お金を払ってから品物が届かないというのは困りますね。もし、このような事態を避けようと思うなら、ある程度チェックポイントがありますので確認してみてください。

  • 落札者の評価をチェックする・・・評価がない新規の落札者、評価がマイナス、良くない評価がある
  • ほかの出品物をチェックする・・・写真の使い回しがないかなど
  • 商品説明をチェックする・・・細かく丁寧に記載されているか、送料などが明確にされているか

上記を確認するだけでも、詐欺にあう可能性は抑えられます。できるだけ、取り引き回数が多いベテランの出品者で、評価の高い人から購入するといいでしょう。実物の写真を使っているかどうかも大切です。雑誌の写真を写しているだけ、ネット上から取ってきた画像を使っている場合には要注意。実物が手元にないからこそこのような写真の使い方をしている可能性もあります。もちろん必ずしもそうではないため、参考程度に思ってください。少しでも怪しいなと思った出品者からは購入しないことです。

2.オークション以外で不用品を売る方法とは

オークションは、やっぱり詐欺などが怖いからと手が出せない人もいるでしょう。そんな人は、オークション以外にも不用品を売る方法がありますので、そちらを実践してみるといいですね。たとえば、リサイクルショップを利用する方法や、不用品回収業者に買い取ってもらう方法でしょうか。

オークションとの違いは、自分で値段設定はできませんから、買い取ってくれる側の査定に左右されることです。思った以上に安い場合もありますし、高額査定がもらえる場合も考えられます。もちろん無理に売る必要はありませんので、ほかの業者に買い取り見積もりをしてもらってもいいでしょう。納得のいく金額で買い取ってもらえる業者を探してみてください。

ただ、オークションと違って手間はかかりません。買い取ってほしいものを持ち込むだけです。不用品回収業者の場合、自宅まで査定にきてくれることもありますからより便利でしょう。写真を撮って、出品してという売れる前の作業は不要ですし、落札されたあとのこん包・発送などの手間もかかりません。その点を考えれば、大型のものは回収業者に買い取りを依頼したほうが楽でしょう。オークションの場合は送料が高くなると売れる可能性も低くなってしまいます。たとえ商品が1円でも、送料が1万円だったら・・・あなたなら買うでしょうか?よほど欲しくて仕方なかったもので、送料を負担しても価値があるものでない限り売れないですね。それなら多少安くてもリサイクルに出したほうがいいといえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?オークションを始めてみたい初心者の人は、トラブルに十分注意しましょう。なれている人でも詐欺にあうことがあります。絶対大丈夫!と思っても、顔の見えない取り引きですから「絶対」はありません。もしかしたら?と念頭に置きながら、オークションを利用してください。トラブルに巻き込まれたくない人や、手間をかけたくない人は不用品回収業者に依頼しましょう。そのほうがよほど利口といえるかもしれません。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス