コツを覚えてミニマリストになろう! 引越し前に行う断捨離とは!?


4d76abb6-6317-41a6-b9c7-1afd89a003fd最近、テレビで『ミニマリスト』と『断捨離』というキーワードが話題になっています。
ミニマリストとは究極的にモノを持たない生活をする人たちのことです。モノをなるべく持たず、一部の重要なポイントに絞ってお金を使うことで、貯金を増やしたり健康的な生活を送ったりすることができます。
ミニマリストになるためには、新しい生活が始まる引越しのタイミングが大きなチャンス。引越しをきっかけに始めてみるという方も多いようですね。
しかし、ミニマリストになるには、まずモノを持たないようにする心構えを作らなければいけません。
そこで、今回はモノを持たないための心構えである『断捨離』について、詳しくご紹介していきたいと思います。ぜひ、最後までおつきあいくださいね!

  1. 断捨離って一体何?
  2. 断捨離のコツを覚えよう
  3. 不用品の処分方法は?

1.断捨離って一体何?

断捨離とは、ヨガの考え方である『断行』『捨行』『離行』を合わせて作られた言葉です。どういうことかというと、『断行』によって要らないモノを断ち、『捨行』によって不用なモノを捨て、『離行』によってモノへの執着心から離れるということ。
こう聞くと難しいことのように思えますが、断捨離はあくまで『心構え』です。難しく考える必要はありません。
ただし、心構えであるがために、一般的な片付けテクニックのような即効性はありませんし、自分の心持ちしだいでは失敗することもあります。このことだけは肝に銘じておきましょう。
とはいえ、『断行』『捨行』『離行』の3つの内2つを失敗しても、1つ身につけばとても大きなメリットとなります。失敗を恐れずに、気軽に挑戦してみてください

2.断捨離のコツを覚えよう

この項目では『断行』『捨行』『離行』それぞれのコツについて解説していきます。ぜひ取り入れてみてください。

2-1.断行のコツ1

断行のコツとして行ってほしいのが、『箇条書き』です。
モノを衝動的に買ってしまう人というのは、モノの良い点ばかりを見てしまう傾向にあります。そのため、一方的な思考になりやすく、不必要なモノを買ってしまうのです。
そこで、思考を冷静にし、一方的な思考を防ぐために『メリット・デメリット』を箇条書きにしてみましょう。文字に書き起こして視覚的に情報を確認することで、冷静にメリット・デメリットを把握することが可能となるからです。もちろん、実際に書かず、スマートフォンのメモ帳などを利用してもかまいません。
普段から箇条書きにする癖を付けておくと、衝動買いを抑えられるようになります。結果として断行を成功させてくれるでしょう。

2-2.断行のコツ2

断行のコツには、もう1つ『クールタイムを設ける』という方法もあります。
モノがどんどんと増えていってしまう人の多くは、衝動買いが原因です。この衝動買いというのは、冷静な思考ができていないために起こります。
ですので、衝動を抑えて頭を冷やすために、ほしいと思った日から3日ほどあけてみるようにしましょう。こうすると、衝動が収まっているため思考が冷静になり、客観的に必要か不要かを判断することが可能になるのです。ちなみに、このクールタイムは期間があけば開くほど効果が高まります。
びっくりするほど衝動買いを抑えることができますので、ぜひ試してみてください。

2-3.捨行のコツ1

捨行のコツは『捨てる基準を明確にする』ということです。
モノを捨てられない人というのは、『そのうち役立つかもしれない』といった思考を持っています。ですから、処分の明確な基準を設けておかないと、モノを捨てられずに残してしまう傾向があるようです。しっかりと基準を作り、ズルズルと引き延ばされることを防ぎましょう。
おすすめの処分基準は、『1年の内の使用頻度』です。モノの種類にはよりますが、1年の間に数えるほどしか使用していないモノは、基本的にあってもなくても問題のないはず。遠慮なく処分してしまいましょう。

2-4.捨行のコツ2

捨行にはもう1つのコツがあります。それは『代替可能かを考える』ことです。
たとえば、ほとんど同じ形のバッグが2つあったとします。ほとんどデザインが同じならば、ファッションという意味でも両方持つ意味合いはありません。1つで十分ですから、もう一方は売却したりして処分すればモノを減らすことになります。
また、大量に鍋やフライパンがある場合はどうでしょうか。基本的にガス台は同時に2~4個しか使うことができません。こう考えると、同じような大きさの鍋やフライパンをたくさん持っていても意味がないということになります。むしろ、キッチンスペースを減らすだけ悪影響があるともいえるでしょう。
ですから、同じ用途で使えるのならば、一本化するようにしてください。

2-5.離行のコツ

離行のコツですが、1番おすすめなのは『物欲と関係のない趣味』を作ることです。
モノに対する執着心を持つというのは、ほとんどが趣味と関係しています。たとえば、つりが趣味であれば釣り道具を、楽器が趣味なら楽器を、オシャレが趣味なら服をといった風にです。
そこで、物欲と関係のない趣味に没頭できるようにします。こうなれば、モノへの執着心を落とすことが可能となるのです。
おすすめは、『小説』。読むことも良いのですが、おすすめは執筆。今時はネットで小説投稿サイトが多く存在していますから、パソコンが1台あれば新たに新しい道具を何も買う必要もなく、始めることができるのです。もちろん、読書の方もネット小説や電子書籍ならモノは増えませんから、おすすめできます。
また、音楽や映画・アニメといった映像作品に対する趣味もモノを増やさないという点ではおすすめです。ただし、あまりディープになりすぎると、コレクションしたくなるので、程々にしておくようにしましょう。

3.不用品の処分方法は?

引越しをするとなると、不用品が発生します。特に断捨離を実践しようというのならば、より多くの不用品が発生するはず。どうやって処分しようかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
真っ先に考えられるのは自治体による処分ですが、粗大ゴミや家電リサイクル法の対象品目の家電製品などはさまざまな手続きがかかりますし、自分で持ち運びする必要があるので大きな労力がかかります。
では、どのように処分するのが良いのでしょうか?

おすすめは不用品回収!

おすすめは『不用品回収業者』の利用です。不用品回収業者の良いところは、なんといっても手間がかからないという点。自治体による処分とは違い、面倒な手続きはなく、電話やインターネットから簡単に行えます。
また、専用の作業員が運び出しや運搬を行ってくれるので労力もかかりません。さらに、売却が可能なモノが含まれていれば、買い取りを行ってもらうことも可能です。
ぜひ、処分の際には『不用品回収サービス』を利用してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?
今回は引越し前に行う断捨離について中心にご紹介しました。

  1. 断捨離って一体何?
  2. 断捨離のコツを覚えよう
  3. 不用品の処分方法は?

引越しは断捨離を始める大きなチャンス。ぜひ、今回の記事を参考に始めてみてくださいね。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス