ご家庭に1台はある掃除機。あれっ、寿命かなって思う故障や症状は?


e249eb4f-fd58-4e01-bf3a-1541501cec87ご家庭にある生活家電製品といえば、掃除機もその1つ。生活になくてはならない必需品です。掃除機のおかげで、お掃除は本当に楽になりました。ところで、この掃除機、何年くらい使うことができるのでしょうか。掃除機の寿命や寿命と思われる故障・症状、処分の方法などを紹介します。買い替えの参考にしてください。

  1. 掃除機の種類
  2. 掃除機の寿命
  3. 寿命かなと思う故障や症状
  4. 掃除機の処分方法
  5. まとめ

1.掃除機の種類

掃除機は、集じん方式で分類すると、「紙パック式」と「サイクロン式」があります。紙パック式は古くからある方式で、構造もシンプルです。一方、サイクロン式は近年登場した方式で、高性能・多機能のものが増えています。
紙パック式は、吸引力が高いのが特徴です。吸い取ったゴミは、紙パックごと捨てるので、ゴミにさわることがなく、衛生的にも優れています。難点は、ゴミがたまると吸引力が落ちること、排気臭があるといった点です。
サイクロン式は、吸引力が長続きするのが1番目にあげられます。紙パックを使わないので、紙パック方式に比べて経済的です。ただし、ゴミを捨てるときに舞い上がらないように気をつけなければなりません。また、フィルターの掃除などメンテナンスが紙パック式以上に重要です。

2.掃除機の寿命

2-1.部品の保存期間は6年、実際は10年前後?

掃除機の寿命って、いったいどれくらいなの?正直、よくわからないですよね。そこで、有名メーカーに聞いてみました。
「部品の保存期間は国で決められていて、製造中止から6年になっています。ですので、6、7年は使えるように設計してあります」
新製品だと、買ってからすぐに製造中止になることはないはずです。それに、6、7年過ぎると、すぐに壊れるというわけでもありません。ですから、実際はそれ以上でしょう。国立研究開発法人国立環境研究所の「製品使用年数データベース」で調べると、掃除機は8年強から12年強になっています。ただし、ちょっと古く、2008年までの統計です。実際の使用感覚からすると、10年前後ということではないでしょうか。

2-2.使い方と手入れで寿命は変わる

ひと言で寿命は10年前後といっても、使い方によって変わってくるのはいうまでもないことです。どんな状態にあるかまでは確認していませんが、15年近く使っているという方もいます。構造がシンプルな紙パック式は、寿命は長い傾向にあるようです。サイクロン式が5年ほどで壊れたという方もいるようですが、サイクロン式だから寿命は短いと一概にはいえません。しかし、高性能・多機能の掃除機は、故障する可能性が高いといういい方はできるでしょう。
長持ちする秘けつは、ゴミは早めに捨てること、フィルターの手入れはこまめにすることなどです。コードレスクリーナーの場合、2、3か月に1度は充電を使いきり、再び充電すると長もちします。

3.寿命かなと思う故障や症状

故障や寿命かなと思っても、正しい使い方をしていないために起きる症状もよくあります。したがって、取り扱い説明書を読んで、正しい使い方を理解しておくことが大切です。正しく使っていても寿命かなと思う故障や症状を、3つのタイプに分類してまとめました。買い替えの判断材料にしてください。

3-1.電源ONでも動かない場合

電源を入れても作動しないときは、寿命がきたことを示す代表的な症状です。モーターがダメになっていることが考えられます。掃除機の寿命=モーターの寿命。このようにといわれるほど、モーターは掃除機の寿命に深くかかわっています。まず、モーターを疑い、修理か買い替えかを決めてください。

3-2.掃除機の寿命が近い症状

モーターから通常とは異なる音や臭いがすることがあります。こうした状態が続くのは危険信号です。電源基盤が不具合を起こしていることなどが想定されます。電流異常などでモーターが壊れる可能性が高いと考えてください。あるいは、火花が見えるようになった場合も壊れる前の症状です。修理か買い替えを検討する時期でしょう。

3-3.古くなってきた症状

掃除機は、モーターが壊れるまでは、完全に寿命がきたとはいえないでしょう。異常を感じても、フィルターの交換など適切なメンテナンスをすれば、性能が戻る場合もよくありますよね?でも、メンテナンスをしても改善しないときは、古くなってきた証拠です。使えないわけではありませんが、そろそろ寿命が近いと思ってください。以下のような症状です。

  • 吸引力が落ちてきた
  • 音がうるさくなってきた
  • こげ臭い
  • 回転ブラシがうまく回らない
  • 電源コードの巻き取りと引き出しがうまくいかない

4.掃除機の処分方法

掃除機を買い替えたとき、古い掃除機はどう処分すればいいのでしょうか。2013年からは小型家電リサイクル法が施行され、処分するのも複雑になってきました。自治体に処分してもらう方法と回収業者に依頼する場合の2つを紹介します。

4-1.自治体で処分してもらう

小型家電リサイクル法では、処分の方法や処分する対象品は、自治体ごとに異なります。掃除機が対象品になっていると、ちょっとめんどうです。もちろん、費用もかかります。対象外でも不燃ゴミとして処分するか、粗大ゴミになるかは自治体によって違いますから、悩ましいかぎりです。お役所に問い合わせてください。粗大ゴミ扱いの場合、手続きが煩わしくなります。

4-2.回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼すれば、こうした問題はすべて解決します。電話1本で回収にかけつけてくれますから、わざわざお店に足を運ぶ必要もありません。本当に便利です。
できるだけ安く処分したい場合は、私たちに相談してください。見積もり依頼(無料)をいただければ、24時間以内に回答します。ぜひ他社と比較してみてください。
いい品であれば、買い取りも可能です。掃除機の単品でも、自宅までお引き取りにうかがいます。まとめて処分される方のために、定額パックプランも用意しました。引っ越しや年末の大掃除のときなどにご利用ください。

5.まとめ

掃除機の寿命や寿命と思われる症状、処分の方法などを紹介しました。要点を整理すると、次のようになります。

掃除機の寿命は、

  • 部品の保存期間は6年、実際は10年前後?
  • 使い方と手入れで寿命は変わる

寿命と思われる症状は、次の3つのタイプについてまとめました。

  • 電源ONでも動かない
  • 掃除機の寿命が近い症状
  • 古くなってきた症状

掃除機の寿命は、心臓部であるモーターの耐用年数しだいといえるでしょう。モーターに負担をかけないように、日頃の手入れが重要です。モーターが故障したら修理する方法もありますが、新しい製品とそれほど変わらないことも。思いきって買い替えるのもいいでしょう。異常を感じたら買い替えるか、壊れてから買い替えるか。あなたの考え方しだいです


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス