捨ててしまうのはもったいない。古いパソコンを活用する方法とは? 


古いパソコン新しいパソコンを購入した後、今まで使っていたものは不要になるケースがほとんどでしょう。性能が低いパソコンを継続して使っていくことはまれです。画像や動画などのデータが大きいものを処理するスピードも遅く、対応しきれずに新しいパソコンに切り替えたという方が多いかと思います。古いパソコンは、処分にも何かと手間がかかるはず。以前は、パソコン廃棄には不燃物や粗大ゴミと同様の処分ができていましたが、2003年10月から「資源有効利用促進法」によって処分方法が変わってしまいました。パソコン本体、パソコンモニターはリサイクル対象として、回収しなければいけない義務があるのをご存じですか? そのため、2003年10月以降に発売されたパソコンに対しては、「PCリサイクルマーク」が貼り付けられ、回収にかかる費用を無償化する動きがあります。このマークによって、処分費用がかからないようになりました。しかし、2003年10月以前の商品については、マークの貼り付けがないため、リサイクル回収時の費用を消費者が負担しなければいけないとされています。
古いパソコンを捨ててしまうのは、何だかもったいないという方もいることでしょう。
捨ててしまうのは簡単ですが、環境に配慮するためにも、新しい命を与えるようにしたいものですね。古いパソコンの活用術について考えていきましょう。

  1. 古いパソコンの活用術
  2. パソコン以外での活用法
  3. まとめ

1.古いパソコンの活用術

古いパソコンを処分せず、そのまま活用しているケースも多く見ることができます。古いから不要という概念を捨てて、新しい活(い)かし方をしているようです。まさに、アイデア次第で、古いパソコンに新たな命が吹き込まれるといってもいいでしょう。
古いパソコンの目からウロコな活用術についてご紹介していきます。

1-1.モニターとして活用

1番メジャーな使い方として考えられるのは、モニターとしての活用です。新旧のパソコンをつないで、互換性のあるソフトをインストール後に、2台目のモニターとして使うことができます。
パソコン本体は遅くて使いにくいけれど、モニターだけの使用なら問題ないという方には、こちらの方法がいいでしょう。新規でモニターを追加購入する費用が必要ありません。
1つのマウスとキーボードを行き来させる、デュアルディスプレイにする方もいるようです。

1-2.HDDとして活用

不要になったパソコンから、HDDを取り出して、大きさに見合ったケースに入れた上で、外付けのHDDとして活用する方法です。これは、HDDの容量によっても、使えるかどうか変わってきますので、事前に確認してから作業を進めるようにしてください。HDDを取り出す際には、説明書をしっかり読んで、どの辺りにHDDがあるかを確認した上で、取り出し作業を慎重に行うようにしましょう。静電気などに弱いので、手袋などをしてから行ってください。

1-3.サブマシンとして活用

メインとなる新しいパソコンに不具合が生じたときに、臨時にサブマシンとして活用する方法です。古いパソコンは、新しいパソコンに比べて多くの電力が消費されます。通常は使わないけれど、いざというピンチのときのサブマシンとして活用するのであれば、十分使えるのではないでしょうか? 定期的にメインのパソコンと同期させておくようにすれば、内部データを共有させておくことができます。

1-4.ホームサーバーとして活用

1人に1台のパソコンを持つような時代になり、家庭の中で複数のパソコンがあるという状況が珍しい光景ではなくなってきています。家庭内のパソコンのデータ管理をするホームサーバーとして、古いパソコンを活用する方法もおすすめです。
ホームサーバーとは、データ保管場所を1箇所に集結させ、複数のパソコン管理をするための機能を持つもの。データ保管だけを目的としてホームサーバーを作るのであれば、OSに特別なこだわりを持つ必要はありません。

2.パソコン以外での活用法

古いパソコンの活用術について、さまざまなアイデアが飛び交っています。そんな中、パソコンとしての活用以外にも、まだまだ使える方法があるようです。パソコンであることにこだわらず、アイデア次第で楽しい活用ができるでしょう。
パソコン以外の活用法についてご紹介します。

2-1.子ども用テレビとして

対象OSにもよりますが、パソコンで地デジを見られる装置を準備し、接続設定するだけで、簡単便利にテレビとして機能が復活します。テレビの視聴には、B-CASカードの準備が必要ですので、事前に確認しておきましょう。子どもでも簡単に操作でき、録画もできる機能もありますので、まだまだ使えるモニターをお使いの方は、ぜひ検討してみてくださいね。古いパソコンを活用していることで、子どものいたずらによるキズなどがあっても、さほど気にならないという安心感も抱けるはずです。

2-2.デジタルフォトフレームとして利用

市販のデジタルフォトフレームは、性能がいいものは高額であったり、コンパクトで画面サイズに満足できなかったりということがあります。古いパソコンの画面を活用すれば、そうしたニーズに対応できるメリットも。もともとがパソコンであるため、写真のアップロードも簡単にできます。Wi-Fiがつながるので、市販のものより高性能です。専用のソフトウェアを活用すると、効率よくデジタルフォトフレーム作りができるでしょう。

2-3.電子書籍の閲覧用として

書籍を店頭で買うよりも、インターネットからダウンロードする電子書籍にする方が増えてきています。古いパソコンは、電子書籍の閲覧専用として限定した使い方をする方法はいかがでしょうか? 電子書籍は多くの種類が出ていますので、ほかの書類とごちゃごちゃになるのは避けたいという方にはおすすめです。専用にしていることで、管理しやすいメリットもあります。

3.まとめ

古いパソコンの活用術についてご紹介しました。
使わなくなったから捨ててしまうという方も多くいますが、環境に配慮するためにも新しい使い方を模索するのもいいでしょう。

  • 古いパソコンの活用術
  • パソコン以外の活用法

モニターとして活用したり、お子さんのテレビとして使ったり、古いパソコンのスペックでも十分に満足できる使い方があります。アイデア次第で、新しい命を与えることができるでしょう。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス