行政・業者の回収サービス、粗大ゴミの処分はどちらを利用すべき?


引っ越しや大掃除などで大量に出てくる「粗大ゴミ」は、処分に困ってしまうものです。
粗大ゴミをどうすれば処分できるのか、悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。
そこで、粗大ゴミを処分する方法について説明します。
行政と不用品回数業者の違いについて、詳しくチェックしておきましょう。
自分に合った方法で処分するためにも、知識として頭の中に入れておいてくださいね。

目次

  1. 行政の回収サービス
  2. 業者の回収サービス
  3. 業者に依頼した方が便利なケース
  4. まとめ

1.行政の回収サービス

自治体によって、回収サービスの内容が異なります。
粗大ゴミの基準や回収方法など、さまざまな項目が変わるので注意してくださいね。
大まかに、行政の回収サービスについて説明しましょう。

1-1.粗大ゴミの申し込み・シール購入

行政サービスを利用して粗大ゴミを処分している人が多いでしょう。
自治体によって異なりますが、ほとんどは粗大ゴミの申し込み・シールを購入しなければなりません。
自治体のホームページを開くと、申し込みできます。
回収が難しい粗大ゴミや持ち込む場合は、ホームページに問い合わせてください。
行政サービスで回収できない粗大ゴミは、行政が民間業者を紹介してくれます。
また、粗大ゴミを出す際、必要になるのが「粗大ゴミシール」です。
地元の商店やコンビニでシールが購入できます。
シールの値段は、粗大ゴミの種類によって異なるでしょう。およそ200円~2,000円で購入できるのです。
詳しい値段は、それぞれの自治体ホームページに載っています。必ずチェックしてくださいね。購入したシールは、わかりやすいところに貼りましょう。

1-2.回収指定場所に粗大ゴミを運ぶ

粗大ゴミの申し込みやシールを貼った後、回収指定場所まで運ばなければなりません。
行政が自宅まで回収しにきてくれるわけではないので、注意してくださいね。
行政が決めている回収指定場所があります。指定場所まで粗大ゴミを運びましょう。
1人で運べない場合は、家族や友人の助けを借りてください。
また、回収指定場所まで運ばず、直接持ち込むこともできますよ。
どうしても回収場所まで運べない場合は、行政に相談してみてください。
行政によっては特別に自宅までやってきてくれるところもあります。
絶対、何とかして無理に運んではいけません。
実際、無理に運ぼうとして大ケガを負った人もいるのです。危険なことはせず、相談してくださいね。

1-3.回収日まで処分できない

行政の回収サービスは、費用が安く済むメリットがあります。
しかし、デメリットもあるので要チェックです。
行政の回収サービスデメリットは、「回収日がやってくるまで処分できない」点になります。
行政の回収サービスは、すぐに回収してもらえるわけではありません。
粗大ゴミの回収日が、自治体によって決まっているのです。
ほとんどの自治体では、1か月に1~2回の回収になっています。
すぐに処分したくても、回収日が過ぎてしまっている場合は翌週まで待つというケースも多いのです。
また、粗大ゴミの回収で予約がいっぱいになっている場合もあります。
回収日がやってきても予約が埋まっている場合は、次の回収日まで待たなければなりません。スムーズに処分したい人は、回収日をきちんと把握しておきましょう。

2.業者の回収サービス

2-1.自宅まで回収しにきてくれる

業者の回収サービスは、行政と違う点がいくつかあります。
大きく異なる点は、自宅まで回収しにきてくれるところです。
行政では、粗大ゴミを回収指定場所まで運ばなければなりません。
しかし、業者に依頼すると自宅までやってきてくれます。
粗大ゴミを私たちが運び出す必要がありません。運び出す作業はすべて業者がやってくれるでしょう。
1人暮らしや高齢者にとっては、うれしいサービスになりますね。大ケガをする心配もないです。業者もプロなので、部屋を傷つけないように運び出してくれるでしょう。
自分の労力を使うことなく、粗大ゴミが処分できますね。

2-2.即日対応が可能な業者もある

不用品回収業者の中には、即日対応ができるところもあります。
回収費用は、行政よりも高くついてしまうでしょう。
しかし、事前に予約していなくても、当日の電話ですぐ回収しにきてくれるのです。
引っ越しで粗大ゴミが出てしまったとき、すぐに処分しなければなりません。急な回収でも対応してくれるのは、本当にありがたいですよね。
たった1つの粗大ゴミでも、業者は回収しにきてくれるので安心してください。
1度にたくさんの粗大ゴミを処分したい人も、安心して任せることができます。
すぐに処分してもらいたい人は、即日対応が可能な業者に依頼しましょう。

3.業者に依頼した方が便利なケース

3-1.粗大ゴミの量がたくさんあるケース

業者に依頼すると費用が高くついてしまいます。
費用が安く済む、行政の回収サービスを利用する人が多いでしょう。
しかし、粗大ゴミの量がたくさんある人は、業者の回収サービスに依頼した方が便利です。
行政の回収サービスは、自分の部屋から回収場所まで1つずつ運ばなければなりません。
量が多ければ多いほど、労力や時間が必要になります。
そのため、業者に依頼した方が効率的なのです。
業者の回収サービスを利用すれば、すべて業者の人が運び出してくれるでしょう。短時間ですべての粗大ゴミ回収が完了します。
特に、中高年や高齢者の人は疲れてしまうでしょう。
安心して処分するためにも、たくさんの粗大ゴミがある人は業者に依頼してください。
「高いのでは…」と不安になる必要はありませんよ。
業者によっては、トラック1台分としてサービス料金を提供しているところもあります。
業者の中でも安い料金で回収してもらえるところもあるので、安心してくださいね。

3-2.すぐに粗大ゴミを処分したい人

粗大ゴミをすぐに処分したい人も、業者の回収サービスを利用した方が効率的です。
行政の回収サービスは、回収日が決まっています。
すぐ処分したくても、回収日まで待たなければなりません。
引っ越しなどで急いでいるときは困ってしまいますよね。
そこで、おすすめしたいのが業者の回収サービスです。
先ほども説明したとおり、業者の回収サービスは即日対応が可能なところもあります。
電話1本ですぐにかけつけてくれると、急用でも安心です。
すぐに回収してもらいたい人は、ぜひ業者を利用してください。
業者に依頼するときは、本当に安心できるところかどうか確認することが大切ですよ。
中には不正を働く悪徳業者もいるので、注意してくださいね。

4.まとめ

行政や業者の回収サービス、業者に依頼した方が便利なケースについて説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
自分の状況や処分したい粗大ゴミの種類によって、サービスを使いわけてください。
すぐに処分したい、粗大ゴミの量が多い場合は、業者に依頼した方が効率的ですよ。
スムーズに粗大ゴミを処分するためにも、それぞれサービスの特徴を把握しておきましょう。

  • 粗大ゴミの申し込みとシールの購入
  • 回収指定場所に粗大ゴミを運ぶ
  • 回収日まで処分できない
  • 業者は自宅まで回収しにきてくれる
  • 即日対応が可能な業者もある
  • 粗大ゴミの量がたくさんある、すぐに処分したい人は業者がおすすめ

以上は、ぜひ頭の中に入れておいてほしいポイントです。
業者に依頼する場合は、必ず、見積書をチェックしてくださいね。
回収にどのくらいかかるのか、きちんと確認してから依頼しましょう。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス