人から見えない物置収納だからこそ!キレイに片付けるポイント


お家の中やお庭に収納を置いているでしょうか。収納は物などをしまっておくところですが、その収納の中が散らかっていてわけがわからない状態になっていると、非常に見にくいですし、ごみ置きと化しあまり収納の意味もなくなってしまうのです。
この記事では、そんな隠れた場所である収納の片付け方を紹介しています。是非、見えないところもきれいに片付けていきましょう。

目次

  1. 物置の片付け方
  2. 片付けで出た不用品の処分法
  3. 回収業者に依頼する時はどんな点に注意すべきか

1.物置の片付け方

片付けようとして、物置のドアを開けて見渡すと大量の荷物があり、何から手を付けていいのやら、見ただけでうんざりしてしまい何から手を付けてよいのかわからないことがないでしょうか。
物置の片づけをするに当たって一番大切なのは、整理する順番になってきます。順序よく、少しづつ片付けていくことが必要になってくるのです。
では、どのように片付けていけばよいのか見ていきましょう。

1-1.物置収納の片付け方

室内に収納しきれなかった荷物を、物置にしまうことになると思うのですが、なかなか物置の中がごちゃごちゃして片付いていないことが多いのも事実です。では、ここでは物置のメンテナンスを含めて収納のポイントを見ていきましょう。

物置には、ペット用品やキャンプ用品・釣り具・衣類・保存食品・バイク用品など様々なものを収納することができます。多くの種類のものを整理整頓せねばならないので、スペースを効果的に使うことが必要になってくるのです。そこで収納ケースを用意するとよいでしょう。収納ケースは、物置の中の主に小物類を収納するのに使うとよいです。なにをしまったのか分かり易いように引き出しの取っ手あたりにシールやメモで書いて貼り付けておくとよいでしょう。

しまうときには、いくつかポイントがあるので解説していきます。

  • 重いものを下の方へ、軽いものを上の方へ収納するようにします。
  • 出し入れのしやすさを優先するのか、収納できる量を優先するのか決めた方が片付けしやすいです。
  • カーペットや絨毯・すだれなどは、収納の壁面を利用して立てかけるようにして片付けます。

1-2.収納時に注意する点

物置に冬の間使用したストーブをしまう人もいるでしょう。物置にしまうときは必ず冬の間に使用した灯油の残りなどを抜いてから、しまうようにします。必ず、タンクの中が空になっていることを確認してからしまいましょう。

1-3.物置を使うときの注意点

物置は屋外にあり、比較的大きな収納スペースです。物置の中は広くなっていて、屋外にあるので扱い方には十分な注意が必要となります。どんな点に注意すべきか、見ていきましょう。

  • 屋根の上に乗っかったり、屋根の上を物置にしないようにします。
  • 物置の中の棚板には重量の制限が記載されています。その重量を超えて物を置かないようにします。
  • 物置の外側に、物を立てかけたりしないようにしましょう。
  • 雨風が入らないように、使わない時は扉を閉め鍵をかけておくと安全です。
  • 強い風が吹いて、物置が倒れたり移動したりしないように、床に重い石や物を置くようにします。
  • 窓がついている物置の場合は、台風のときなど割れしまうとたいへん危険です。窓の外側から板で補強するなどして、窓を覆うようにします。

2.片付けで出た不用品の処分法

物置の片付けをしていくなかで、不用品がたくさん出てくることがあるかと思います。不用品はどう処分すればよいでしょうか。その方法を紹介していきましょう。

2-1.ゴミとして地域の自治体に回収してもらう

家電やその他のゴミはだいたいの自治体では、粗大ごみや普通ごみとして回収してくれます。家電の中には、冷蔵庫・テレビ・エアコン・洗濯機は含まれません。
処分の方法が各市町村の自治体により異なるので、市町村の役場、環境課に問い合わせをしましょう。
多くの自治体では、一辺が30cmを超える製品を粗大ごみとし、一辺が30cm以下の製品は不燃ごみとして回収してもらえることが多いですが、お住まいの地域の自治体で確認します。
だいたいは、少額の費用がかかるシールのようなものを指定場所で購入し、シールを貼り指定の日に玄関前やわかりやすい場所に出すとよいです。
自治体によっては、お年寄りや障害者など、ごみを外まで持ち運べない人のための問い合わせ先がある場合もあるので、気になる場合は各自治体で問い合わせましょう。

2-2.不用品回収サービス

引っ越しなど急な時でも、電話やメールで問い合わせをするだけで、すぐに回収してもらえることが多いです。指定のごみの日に出さなくても、自宅まで引き取りにきてくれ、こちら側の都合に合わせてくれるので、運び出せない大型の不用品や一度では運び出せないほど大量に不用品がある場合にも便利になります。

壊れていないもの・まだ使える製品の場合は、買い取ってくれる業者もあるので、問い合わせ時に確認するようにするとよいです。
ごみとして処分する場合は、自分で粗大ごみに出すより、割高になることがあります。依頼をする前に見積りを無料で行っている業者が多いので、見積りをとってもらうとよいでしょう。
ただし、トラック一台で「不要品回収します」と回っている業者は正規の免許を持っていない悪徳業者である可能性もあるので注意しましょう。

2-3.リサイクルショップに買い取ってもらう

そんなに古い製品でない場合やまだ購入して間もない場合は、保存状態がよければリサイクルショップで買い取ってもらえる可能性があります。

3.回収業者に依頼する時はどんな点に注意すべきか

街中を「不要品を引き取ります」と放送しながら回っている業者の中にも、不用品回収業者の中には、許可を得ずに営業している業者や悪質な業者も存在します。

3-1.不用品回収業者に必要な資格

依頼する時には、営業許可を得ているか、「古物商」の資格があるか確認をしましょう。

3-1.高額請求されることがある

見積りにきた時に、見積もりだけと言っていたのに、強引に契約を結ばせようとしてくるケースがあるので注意しましょう。
無料や格安料金と宣伝しておいて、「思ったより荷物が多い」「この不用品は処理に手間がかかる」などと言い追加料金を加算していくケースがあります。
また、こちらが料金の追加に合意していないのに荷物をトラックに積んでしまえば断れないだろう、と強引に契約を結ぼうとするケースもあるので注意が必要です。

3-2.回収しておきながら不法投棄する業者もいる

悪徳業者になると、回収したのに不法投棄されることがあるようです。有料で回収してもらったのに近所の道路沿いで自分で見つけてしまった、というケースもあります。
身元のわかる自転車などから個人が特定され犯人だと思われ警察から連絡が入り気付きくことが多いです。こうしたトラブルの被害に遭わないために許可をとってるかということ以外に口コミ情報や見積り依頼時の対応などで、悪徳業者でないか判断することが必要になります。
見積り依頼時は、すぐに契約してしまうのでなく数社を比較検討するなどして決めるようにしましょう。

まとめ

物置の収納・片付けについておわかりいただけましたでしょうか?
今回は以下のポイントについて解説しました。

  1. 物置の片付け方
  2. 片付けで出た不用品の処分法
  3. 回収業者に依頼する時はどんな点に注意すべきか

何か取り出したい時に、サッと取り出せるように普段から物置の中もきれいにしておくとよいですね。この記事を読むことで物置の片付け方を知っていただければと思います。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス