物が捨てられない心理から抜け出すには? どうすれば処分できるのか?


いざ部屋を片付けようと思っても、物が多くてすぐに散らかってしまう、という悪循環を繰り返していませんか?
部屋を本当にキレイにするにはものを減らすのが一番の近道ですが、物を捨てられないのは、心理的にはどういう状態なのでしょうか?
この記事では物を捨てられない人の心理や、物を捨てられるようになる考え方、いざ捨てる際の方法などについて解説しています。
これを読めば無理なく快適にきれいな空間を作っていけるでしょう。

目次

  1. 物を捨てられない心理
  2. 片付けの手順
  3. 片付けで出た不用品の処分方法

1.物を捨てられない心理

捨てなければ部屋が片付けないと頭の中では理解しながらも、なぜ捨てることができないのでしょうか?
ここでは物を捨てられない心理について解説します。

1-1.もったいないから捨てられない

「まだ使えそうだから」「なんだかもったいない」という理由で物を捨てれない時はないでしょうか?
一度もったいないと思ってしまうと、その思考が習慣になり、部屋の中に物がどんどん溜まってしまいます。
ですが、もったいないと感じても、ほとんどの物は全く使用しないものではないでしょうか?
本当に使えるものなら、使うか使わないかということを考えないと言います。
つまり、使えるかどうか考えている時点で、既にもう必要のないものになっているのです。
「迷い」が生じた時は捨てるサインと思ってください。

1-2.物を大事にしないといけないと思っている

親や祖父母にそう言われたことはないでしょうか?
しかし、本当に物を大切にするためには、不要なものを捨てなければなりません。
心のどこかで、「物が多いことはいいことだ」と思ってないでしょうか?
物質に貧しかった時代は、まだ使えるものを捨てるのはとんでもないことだと考えるのが当然でした。
しかし、現代は物が溢れかえった時代といえます。
いつまでも、昔の価値観のまま過ごしていると、うまく日常生活を送れなくなってしまうこともあるのです。
本当に必要なものだけを厳選して部屋に残していくことが大事なのであって、ただ物が多ければ良い訳ではありません。

1-3.もしかして使うかもしれない

お菓子の箱や可愛いケースを「もしかして使うかもしれない」と、とっておくことはないでしょうか?
しかし、ほとんどの場合使わずに放置されています。
いつかよりも今この瞬間を基準に考えることが、「もしかして使うかもしれない」から脱却できる手段です。

1-4.もらいものを捨てるのが悪い気がする

「もらった物は気持ちがこもっているから、捨てるのは申し訳ない気がする」ということはないでしょうか?
ここで大事にするべきことは、もらった気持ちに感謝することです。
今ここにあるものはただの物であって、そこにはもらった相手は存在しません。
もしかしたら、もらったときに十分感謝をしていなかったのではないでしょうか?
だからそれに対し申し訳なく思って物を取っておいているだけかもしれません。
そうならないためにも、物をもらった時はもっと受け取ることに感謝の気持ちを持つようにしてみましょう。

1-5.思い出の品だから

思い出の品は、たしかに捨てにくいものですね。
見ると懐かしくなったり当時を振り返ってみたり…。
思い出の品をみて楽しい気持ちになる物は無理に捨てる必要はありません。
ただし、暗い気持ちになる物、マイナスな気持ちになる物は捨てるようにしましょう。

2.片付けの手順

物を捨てるコツは、ダイエットと同じだと考えられているそうです。
一気にやろうとすると、リバウンドしたり、うまくいかなかったり、今までよりひどくなったりします。
無理はせずに、最初は「捨てやすい」と思うものから実行していけばいいのです。
「これ以上捨てられない」と感じたら、誰かにプレゼントしたり、オークションに出品したり、処分方法を変えるだけでも簡単に手放すことができるようになることがあります。

片付けの進め方

  1. まず、ゴミ袋・マスク・雑巾・段ボール・ハサミと紐などを用意しましょう。
  2. 次に、明らかにいらないものは捨て、捨てるか捨てないか保留するものは段ボール箱へ入れます。
    この時、着ない服・読まない本・重要でない書類は捨てましょう。
  3. 少なくなったモノ達の定位置を決めます。
  4. 物が少なくなったので、今まで使っていた収納ボックスなどが余ることがあるでしょう。それらも思い切って処分します。
  5. 片付けが終了したら掃除をしましょう。

3.片付けをして不用品が出てきた場合

3-1.処分方法

自治体のごみに出す

家電リサイクル法に該当する製品以外は、自治体で引き取ってもらうことができます。詳しくはHPなどで調べて問い合わせてみましょう。

リサイクルショップに買い取ってもらう

新しいもの、レアなものでないと期待した金額で買い取ってくれない場合もありますが、捨てるはずのものが売れれば、リサイクルにもなり環境にもよいですね。

回収業者に引き取ってもらう

有料または無料で不用品を回収してくれる業者があります。近くの業者で問い合わせ、確認してみましょう。

3-2.回収業者に引き取ってもらう場合の手順

回収業者を利用する場合、どのような流れになるのか見ていきましょう。

  1. 電話やインターネットのフォームから見積りの予約をします。無料見積りをしている場合がほとんどです。
  2. 予約日時に訪問し見積りをとってもらいましょう。料金に納得できたら作業をしてもらい、見積りに納得できない場合は引き取りを無料キャンセルできる場合がほとんどです。不明な場合は、はじめの予約時に確認をしておきます。
  3. 不用品を搬出してもらいます。状況などによって、解体し搬出することもあります。
  4. それぞれの業者の支払方法に従い精算をして終了です。

3-3.回収業者を選ぶ時の注意点

トラック一台で「不要品回収します」と回っている業者は正規の免許を持って悪徳業者である可能性もあるようなので、注意しましょう。回収をしておいて不法投棄をする悪徳業者も存在します。
古物商免許や産業廃棄物収集・運搬の許可があるか確認しましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
ものを捨てられない心理について理解いただけましたでしょうか?
今回は以下のポイントについて解説しました。

  1. 物を捨てられない心理
  2. 片付けの手順
  3. 片付けで出た不用品の処分方法

捨てられない心理を理解することで、以前よりも物を処分しやすくなったのではないでしょうか?
この記事がお部屋をスッキリ片付けていただくきっかけになれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス