雑誌の処分で悩んでいる方は必見! 3つの方法をご紹介


雑誌次から次へとつい買ってしまう「雑誌」は部屋が汚くなってしまう代表的なもの。
部屋のあちこちに雑誌が散乱している人も多いと思います。
キレイに片付けるためにもいらなくなった雑誌をすべて処分して、キレイな部屋にしましょう。
雑誌の処分方法について説明していくのでぜひチェックしてください。
雑誌の捨て方にもいろいろな方法があります。

買い取ってくれるお店を利用する

雑誌を買い取ってくれるお店があることを知っているでしょうか。
古本屋や中古品店など、古い雑誌を置いているお店はもしかしたら買い取ってくれるかもしれません。
より昔の雑誌で今ではすでに廃刊になっているレアものであれば高値がつく可能性もあります。
お店によっては1冊1円~10円になってしまうこともありますが、自分で処分するよりは良い方法です。
わざわざまとめてゴミ収集所にもっていくこともありませんし、たった少しでもお金に換えられるのでオススメです。
また、お店で売ることができなかった雑誌はオークションで売るという方法もあります。
オークションは詐欺が多いため慎重に相手を選ばなければなりませんが、買い手が見つからなかった雑誌を売ることができるのはオークションのメリットです。

自治体のゴミとして捨てる

たまに町内会や子供会が廃品回収として、雑誌や新聞を回収しています。
それを利用するのも雑誌を処分するひとつの方法になるでしょう。
一気にまとめて処分することができますし、とても簡単です。
新聞紙の広告やポストや回覧板のなかに資源回収のお知らせがはさまっていることがあるのでチェックしておきましょう。
資源回収に出す場合は、きちんと雑誌をビニールテープでひとつにまとめておいてください。
バラバラになってしまわないようにしっかり留めておくことが大切です。
はやく処分したい場合は、指定されている場所にまで雑誌を運ぶ必要があります。
収集所にもっていき、雑誌を処分しましょう。

宅配買取を利用する

たくさんの雑誌を処分したい、自分が好きなときに処分したいと思っている人にオススメしたい方法が“宅配買取”です。
雑誌の宅配買取をおこなっている業者を利用すると良いでしょう。
宅配買取は自分のペースで雑誌をまとめることができますし、わざわざ運ぶ手間も必要ありません。
宅配業者に取りに来てもらうように依頼すれば重たい雑誌の量でも運ばずに済みます。
宅配買取を利用する場合は、ダンボールを自分で用意するとお得です。
無料でダンボールを提供してくてるところもありますが、自分で用意した方が買取価格がアップする可能性が高いのでオススメです。
宅配買取をおこなっている業者を探していきましょう。

まとめ

多くなってしまった雑誌を処分したいときは次のような方法がオススメです。

  • 古本屋のようなお店で買い取ってもらう
  • 自治体のゴミとして捨てる
  • 宅配買取を利用する

わざわざ重たい雑誌を運ぶのが面倒だという人は宅配買取が良いでしょう。
すぐに処分したいのであれば、自治体のゴミとして処分するか、それとも買い取ってくれそうなお店を探して雑誌をもっていってください。
価値のある雑誌であればもしかしたら高く売れるかもしれません。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス