不要になってしまったスーツケースの処分方法


スーツケース旅行や出張に重宝するスーツケースですが、一度不要になってしまうと非常に処分に困るものです。
スーツケースは屋外で使用するので故障や破損なども多く処分しなければならないということも珍しくはありません。
そこで、不要になったスーツケースを上手に処分する方法について紹介しましょう。

・スーツケースの処分方法1:スーツケースの分別は?

スーツケースをゴミとして処分する場合には“不燃ごみ”と“粗大ごみ”の2種類の廃棄方法があります。この2種類の廃棄方法は好みによって選べるというわけではなく“自治体の処分方法に従って分別する”ということが必要になります。
不燃ごみと粗大ごみの分別方法は各自治体によって異なるため実際に問い合わせてみる必要があります。

不燃ごみと粗大ごみの目安は、一遍の長さが30cm以下のものであれば不燃ごみとして処分することができます。一遍30cm以下という小さなスーツケースはあまり一般的ではないため“スーツケースは基本的に粗大ごみ”とし廃棄するのが一般的です。

・スーツケースの処分方法2:スーツケースを分解して処分する

スーツケースは粗大ごみとして処分するというのが一般的な処分方法ですが、“スーツケースを分解する”という方法で不燃ごみとして捨てることもできます。
スーツケースの材料は主にプラスチックと金属で構成されています。使用されている素材そのものの量は少ないため分解をすることで非常にコンパクトに処分することができます。
スーツケースの分解というと難しく感じてしまいますが、分解そのものは比較的に簡単に行うことができます。分解にはノコギリやドライバーなどの簡単なDIY工具が必要ですが、分解をすること不燃ごみとして処分できるというメリットがあります。

・スーツケースの処分方法3:まだ使用できるものはリサイクル

使用頻度が少なく状態の良いスーツケースを処分する場合にはリサイクルショップで売ることが出来る可能性があります。
スーツケースは比較的に需要の高い商品であるため状態の良いものであれば高価格で売ることも可能です。
高価格で売るためのポイントは“メーカー”と“状態”の2つです。人気のあるメーカーのものであれば多少状態が悪くても高価格で売れる可能性があります。また、状態については“臭い”なども買取価格に影響を与えるので衣類などの臭いがある場合にはできる限り消臭しておくことも大切です。

・不用品回収サービスでスーツケースを処分

スーツケースを処分する時間が無いという場合には不用品回サービスを利用してスーツケースを処分するという方法もあります。
不用品回収サービスには出張回収サービスなどもあるので面倒な手間をかけることなくスーツケースを処分することができます。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス