不要になったスプレー缶の正しい捨て方 3つの注意点を守りましょう!


スプレー缶使い終わった消臭スプレーや殺虫剤の缶。どのように処分しようかお困りではありませんか?スプレー缶を適当に処分すると非常に危険です。
スプレー缶が指定された方法で処分されなかったために缶が破裂して清掃員が怪我をした、という事例も報告されています。
ですから、いらなくなったスプレー缶を処分する時には正しい方法で処分するように心がけましょう。

スプレー缶は自治体で処分することもできますし、他の不用品と一緒に不用品回収業者に回収して貰うこともできます。しかしながら、どのような方法で処分するにしても守らなければならない注意点があるのです。

スプレー缶を処分するときにはどのようなことに注意する必要があるのでしょうか?
そこで本日はスプレー缶の正しい捨て方を3つご紹介します。いらないくなったスプレー缶を安全に捨てるためにお役立てください。

スプレー缶の捨て方1:中身をしっかり使い切る

処分しようと思っているスプレー缶。中身はしっかりと使い切られていますか?
中身を使い切らずにスプレー缶を捨てると処分途中で缶が破裂する可能性があります。殺虫剤などの有毒な物質が入ったスプレー缶が突然破裂すると、それを浴びた清掃員が大怪我をする可能性があるでしょう。
ですからスプレーの中身は必ず使い切ってから捨てるようにしてください。使い切ったつもりでもまだ中身が残っている可能性があるので、一度スプレー缶を降ってみましょう。音がするようであればまだ中身が残っている証拠です。しっかり中身を出して捨ててくださいね。

スプレー缶の捨て方2:ガスをしっかり抜く

スプレー缶には引火性のガスが使用されています。このガスが残った状態でスプレー缶を捨てるのも非常に危険です。
ガスを最後まで抜かないでスプレー缶を処分すると、処分途中で缶が腐食しガスが漏れ出す可能性があるでしょう。そのガスに引火して火災が起きる可能性があります。スプレー缶を捨てる時には必ずガスを最後まで抜き取ってください。
多くのスプレー缶は蓋を逆さにつけるとガスを抜き取ることが出来るようになっています。スプレー缶を処分する前に必ず行なうようにしましょう。

スプレー缶の捨て方3:指定された方法でゴミに出す

スプレー缶は「燃えないゴミ」として捨てる必要があります。燃えるゴミや粗大ゴミとして捨てることはできないので注意してくださいね。

時々スプレー缶が燃えるゴミに混ぜられていることがあるようです。燃えるゴミを回収する清掃車はゴミを圧縮して回収しますので、スプレー缶が混ぜられていると清掃車の中で破裂してしまいとても危険です。さらに金属のスプレー缶は焼却処分ができないので、処理場が不具合を起こす原因になるかもしれません。そうなると地域のゴミ回収が効率よく行えなってしまいます。
スプレー缶を捨てる時には自治体の処分方法に従って正しく処分してください。スプレー缶・プラステックの蓋・ボタンをしっかり分別して捨てるようにしましょう。

いかがでしたか?
この記事ではスプレー缶の捨て方を3つご紹介しました。

  • スプレー缶の捨て方1:中身をしっかり使い切る
  • スプレー缶の捨て方2:ガスをしっかり抜く
  • スプレー缶の捨て方3:指定された方法でゴミに出す

スプレー缶を捨てる時にはこれらの注意点を守る必要があります。安全にスプレー缶を処分するために是非お役立てください。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス