これでもう安心! お風呂にカビを発生させないためのポイント


お風呂 のコピー

どれだけ掃除しても気がつけば発生しているお風呂のカビ。
せっかくの楽しいバスタイムも、あのカビのせいで憂鬱な気分になってしまいますよね。
でも実はちょっとした心がけであの憎いお風呂のカビの発生を防ぐができるんです。
今日はその方法をご紹介しましょう。

お風呂上がりに45度以上の熱湯をかける

お風呂に発生するタイプのカビは45度以上のお湯をかけるとほとんどが死滅します。
お風呂あがりにシャワーなどで45度以上のお湯をまんべんなくかけるようにしましょう。

完全に乾くまで換気扇は回しっぱなし

せっかくお湯をかけてカビの菌が死滅しても、お風呂を濡れたままにしておくとまた新なカビが発生してしまいます。
できるだけ水気が残らないように拭き取り、完全に乾燥するまでは換気扇を掛けっぱなしにしてください。
また、浴室のドアは締め切らず、開けておきましょう。

浴室のドアは熱湯をかけて拭き取る

意外と見落としがちなのが浴室のドア。
放っておくと、ドアの桟(さん)に溜まったホコリにカビが発生して浴室にカビをバラまいてしまう恐れがあります。
こちらも浴室同様に、45度以上の熱湯をかけて拭き取りましょう。

タイルの目地にロウを塗る

タイルの目地など、細かい部分はカビが発生しやすいところ。
こうした部分にロウを塗ることでカビの発生を防ぐことができます。
ただし、ロウを塗る前には必ずその部分のカビを完全に取り除いてから行ってください。

頑固なカビにはテッシュの上から専用スプレーを噴射しに長めに放置

すでにカビが発生してしまっているという場合、場合は市販の専用スプレーで落とすことができます。
しかし、中にはどうしても落ちない頑固なカビも。
こうしたカビの場合は、ティッシュの上からスプレーし、洗剤とカビが密着した状態を作ります。
この状態で普段よりも長い放置してこすればキレイに落とすことができますよ。

いかができたか?
お風呂にカビを発生させないためには、何よりも乾燥させることが大切なんですね。
さっそく今晩から実践してみてはいかがでしょう?


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス